誠亀島さんの映画レビュー・感想・評価

誠亀島

誠亀島

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

ながら見だったけど、面白かった。

宗教は苦しみを分つためにあることが多いのかなと思った。

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.2

すごく、よかった。
ここ数年の日本の映画の中では、ダントツで好き。

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

3.8

ストーリーのおもしろポイントはよくわからないけど、自然を見ているときのゴッホがなんだか泣ける。

芸術家だから、自分から人に近よらず、人に近づけさせようとする。狂ってる。

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.2

おもろかった。

家族の話、父と息子と戦いの話は定番ですね。面白い。

あとカンフーはいいね!

オールド(2021年製作の映画)

3.9

変な設定だけど普通の話でよかった。
けど好きになれないところもある。

Summer of 85(2020年製作の映画)

4.2

面白かった。
若いから強く感じすぎる戸惑いとか喜びとか驚きとか悲しみとか苦しみとか乗り越えていく感じとか、良かった。

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.1

面白かった。アクションがLevel2だった。エイリアン2を思い出した。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.5

久しぶりに見たら、映像も音楽も綺麗だった。
トラヴィスの大人になりきれない青年の後ろ向きなもやもやが綺麗だった。

子供のときに見て「昔の映画は綺麗だな」と思った。
青年になって見たら「昔の映画は綺麗
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

4.0

面白かった。
お母さんと娘の話しが良かった。
作っている人たちが楽しみながらやっているんだろうなって感じが「カメラを止めるな」を思い出した。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.9

笑った、おもろかった、俺ももっとバカになろうと思いました。

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

4.0

アメリカンニューシネマだった。

ダンスしている時が輝くぶん、生活の先の見えないうっすらとした不安やら、少し賢くない友達との楽しいけどどこか満足できない、なにか狭い世界でもがいてる感じか青春だった。
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.1

何度見てもおもろい。
こんなことある訳ないけど、グッとくる。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.2

いい映画だった。

多分、ある程度人が集まった何千年も前から、世界のどこかにこんな話ってずっとあって、これから先もこんな話がずっと続いていくだろなと思った。悲しいけど。
ヤクザみたいな生き方をする人っ
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.1

今泉監督の映画は初めて観た。面白かった。

いい感じのコメディで見やすかった。そこにいる男女と、下北沢の空気があった。
なんかウディアレンを思い出した。

長回しで空気を作っているんだな。

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

4.2

すごく良かった。
なんか生きていくための元気とかエネルギーをもらえた。

この生き方見習おう。

燃える男(1987年製作の映画)

3.9

主人公の行動が、プロのはずなのに行き当たりばったりだったり。編集がダサく感じたりした。

でも女の子とのやりとりが良かったし、スコットグレンがすごく良くて、結果 好きな映画でした。

ホムンクルス(2021年製作の映画)

4.0

面白かった。
後半に行くにつれ原作とは違った展開になるが、面白かった。
脳の作る世界 見る 見られる 世界 みたいな話はわかりやすかった。

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.1

恋はデジャヴ と エターナルサンシャイン
マルコビッチの穴 を足して割った感じだけど、笑いのセンスが単純だったので好きだった。

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

旅をしてる理由は人それぞれなんだろう。
ファーンの理由は優しかった。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

面白かった。

物語が成長していた。
エヴァンゲリオンの卒業だった

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

面白かった。
めちゃくちゃな性格すぎて、めちゃくちゃ笑えた。

人の気持ちより、自分の気持ちを大事にしすぎる人の恋って感じがして笑った。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.2

いい映画だった。好きな映画で、感情移入度もすごく高い映画だった。

世界をすばらしくするには ルールも必要だけど、人の心はそれだけでは穴ぼこがあいたままなんで ただただ寂しくなっちゃう。
せめて自分と
>>続きを読む

死の王(1989年製作の映画)

3.9

やべー映画。ソドムの市もやべーと思ったけど、こっちも大概やべー。

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.0

ラースフォントリアー久しぶりに見たら、面白かった。

夢の中で地獄探しをしている気分になった。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.2

ウディアレン好きだけど、全部見たわけでないです。
でもこれはカイロ紫のバラに負けないくらい面白いです。

追いかけて追いかけて追いかけて追いかけて追いかけて追いかけて… 届いたようで
家族もいるの
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

4.1

なんとなく見たら、賢くてオシャレな差別に対する怒りがある不思議なアクション映画だった。

監督がスパイクリーだと気づいて納得した。

Mank/マンク(2020年製作の映画)

4.5

傑作。

映画と映画を作ることの、情熱と狂気と おもいみたいな感じと。 

ある程度、マンクにお父さんを投影していたのかな?

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.1

いい映画だった。
赤ちゃんのシーンを見た時、薬に手を出す人ってこういうことかなと感じました。

真夏の夜のジャズ 4K(1959年製作の映画)

3.1

白人のためのJAZZって感じがした。
でも、そもそもそんなものなのかな