yuさんの映画レビュー・感想・評価

yu

yu

映画(94)
ドラマ(0)
  • 94Marks
  • 27Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.5

コンピュータの始まりの映画

ドイツの通信に使われていた解読ほぼ不可能のエニグマ、その解読に奔走し、解読することに成功する

事実を知ることとその引き換えに得るものの大きさは比例していないなとおもった
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.8

名作
フォレストのお母さんの名言がなんとも哲学的で何度も聞きたくなった

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

実話だったとしたら、描き方が薄っぺらいなと思った

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

5.0

チェット・ベイカーのかっこよさが詰まった映画だった。
ジャンキーになって出所したところから始まり、音楽を選ぶか彼女を選ぶか、マイルスデイビスとの苦い思い出の地birdlandでの葛藤がとても丁寧に描か
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.0


ふつーやった
建物を見ただけでその構造を見抜くことができるシルベスタースタローンと、シュワルツェネッガーの脱獄ストーリー

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.5

生きることへの渇きとそれを満たす殴り合い

生きている実感を求めたい同士が集まりファイトクラブができるが、いつしかストイックに信念を行動に移す首謀者へと変わってしまう

見所がおおいし、ストーリーの展
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

サイコホラーの作品は中々1人でみる勇気がなく、穂高と一緒に鑑賞

黒人のもつ身体能力の高さに憧れを抱く金持ちの白人、黄色人

催眠をかけて脳を入れ替えることで残りの人生を黒人の体で生きたいと思うこと自
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

それぞれの登場人物に焦点を当てる構成で、オギーだけの話かと思っていたが、それぞれ、共感できるところがあると感じた

オギーが自分の顔のコンプレックスと戦いながら、その強さに周りの人がうごされていく様が
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.5

長かった。久しぶりに三時間もある映画を見た。

話はほとんど実話であるというからとても面白かった。
個人的に面白かったのは、ジョーダン・ベルフォードがメンバー集めをする時、クセの強い麻薬の売人に「この
>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.0

心温まる家族の話

脳に腫瘍ができて余命一週間の母と、中学の時に引きこもった長男、新しく会社を設立し1200万の借金をしている頼りない父、呆れて将来をネガティブになっている弟、4人とも1人ではやってけ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

な話は違うが対比的な構成が「そして父になる」に似ていた。

事故で妻を亡くした2人の夫が対比的に絵ががれていて鮮やかだった。
仕事一筋、愛を冒涜し最終的に捨てられてしまうもっくんと、妻の死を受け入れら
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

映画技師に憧れるトト少年のイキイキとした描写から始まり、当時ニューシネマ座の映画技師であったアルフレードに映画のことだけでなく人生の多くを教わる。
アルフレードは映画中盤で目が見えなくなるが、本質的に
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

アガサクリスティはやっぱり面白い

作品の謎の構造がとても魅力的で誰が犯人なんだろうと見入ってしまう

肉体の門(1988年製作の映画)

3.0

ヤクザと娼婦の映画

大切にしているものを守りたいという思いのぶつかり合い

私がモーガンと呼んだ男/私が殺したリー・モーガン ジャズ史に刻まれた一夜の悲劇の真実(2016年製作の映画)

4.0

リーを立ち直らせたヘレン・モーガンへのインタビューを軸に展開していく、リーのドキュメンタリー

当時、リーとともにセッションした仲間たちの話や、関係者の話、隣人との付き合いなど、リーとヘレンに関してと
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

4.3

幸せとは何かについて考えさせてもらえた。

自分の道を突き進むのもあり、利他的な考えもどっちも素敵だなと思った。

あと、ゾーイかわいいのと、これ見たらお腹すいてくる

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

上と下の名前がごちゃごちゃで途中までよくわからなかった。

メディアとしての役割とは何か考えさせられた。

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.8

メインテーマは〝若さ〝について
手段が映画であっただけで本質は、成功とは若さとはであるように思った。

自分なりのルールに雁字搦めになる主人公ジョシュと二度の流産を経験した妻、それぞれにとって若く明る
>>続きを読む

>|