kanaさんの映画レビュー・感想・評価

kana

kana

映画(47)
ドラマ(7)

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.5

題名が素晴らしい。途中まで、どうやってこの状況を「間違いじゃない」と肯定できるんだろう、と考えながら観ていた。
現地の人の生々しい苦悩や生活について思いを馳せることで、奮い立たされるような気持ちになっ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

恋人と暮らしながらも常に空虚さを抱えているタマ。デザインで成功しつつもタマに不信感を募らせる彼氏。社会的地位がありながら不倫をするA。教授として長年勤めるも母親の死後自ら命を絶とうとしたB。誰もが内に>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

不謹慎かもしれないけれど、命まで擲つほどの無償の愛を受け取った十和子のことが、羨ましくて仕方なかった。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

ドリスが魅力的で眩しい。フィリップの目線に立って、頼もしく愛おしい気持ちで観ていた。優しい気持ちになれる、素敵な映画。

天気の子(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

晴れた世界の美しさにひたすら圧倒される。
笑えるところが沢山あって、登場人物達の真っ直ぐさに心洗われて、浄化されます。

……昔からRAD好きな方なら分かると思うのですが、見終わって込み上げたのは、こ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

殺人鬼の動機が最後に分かる時、辛い経験をしたと映像で説明があるけど正直同情なんかする訳ない。ただただ不快。なのに主人公(?)役の伊藤英明が、最後まで怒りを顕にしないのがどうにも解せない。警察官とはいえ>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

4.5

芽衣子の歳になって改めて観た。
涙が止まらなかった。

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.6

キャラクターがみんな魅力的。
タイトル的にどんなストーリーか不安だったけれど、素敵な映画だった。

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.3

小ネタ満載だけど、ラストは賛否両論ありそう。
個人的には1作目の方が好きです。
前作を観てからの鑑賞がおすすめ!

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.7

ポップな世界観とは裏腹に、涙腺に来る系だった。大人向けディズニー。

渇き。(2013年製作の映画)

3.9

衝撃的で狂気的、なのに刺激的で魅力的。
でんぱの曲がいい味出してる。

怒り(2016年製作の映画)

3.9

怖かったし悲しかった。
スピード感、濃密な脚本、そして森山未來や宮崎あおいの演技力に脱帽。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

想像と全然違って驚きでした。
スピーディーな会話劇はもちろん、政界あるあるをコミカルに暴露していたのも面白かったです。

余談ですが、石原さとみが「ZARAはどこ?」と言ったところでツボりました。

東京難民(2013年製作の映画)

3.6

原作の秀逸さが伺えるリアルなストーリー。
想像以上に感情を揺さぶられる。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.4

ウォルターの成長から目が離せなくなる。大自然の映像も美しい。後味爽快。観てよかった。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.6

詩的な語りが好き。爽やかで素敵なラスト。
見つけてくれてありがとうって、遠慮がちな笑顔に心が痺れた。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

ハンカチとティッシュ必需。一筋縄ではいかない其々の人生が絡み合った、素晴らしい作品。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

悪い夢をみてたみたいな感覚。
ビッグデータによる社会支配への強い警告が込められた作品。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.6

これは本当に観ないと損。音楽が素晴らしく、展開もテンポよくて引き込まれる。心震える場面に、何度も嗚咽を堪えた。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

前半の溜めがあったからこそ、後半からもう一気に心を掴まれる。
一子が格好良くて最高。

何者(2016年製作の映画)

3.1

「1でも2でもいいから絞り出しなよ。もう10になるまで待ってくれる人なんていないんだよ。」という台詞、胸に刺さった。
原作のが好きだけど、別物として楽しめた。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.2

想像とは180度違う映画だった。
淡々としながらかなり狂気的。
真白の優しさに対する考え方、分かる気がした。
3時間は少し長いかも。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.0

どのキャストもハマリ役だった。
ラストの演出で原作の後味の悪さが軽減された気がする。良くも悪くも。

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.7

泣くと思ってなかった。
お母さんになる前に、また見返したい作品。

>|