マシンガンジョーさんの映画レビュー・感想・評価

マシンガンジョー

マシンガンジョー

映画(923)
ドラマ(0)

ロッキー(1976年製作の映画)

3.5

ファイナルとクリードとかを
先に見てから初めての鑑賞。
今見ると古い気もするけど
やっぱ熱いすね。
アポロってこんな感じのキャラ
だったの?ていう驚きも。
しかしシリーズ通して言えるのは
なんかカタル
>>続きを読む

ボーダー(1981年製作の映画)

3.3

最後わちゃわちゃしたなー
この設定ならもっといい活かし方
あんじゃないかなーと
思ってしまう。
まぁ映画なんか撮ったことない奴の
戯言ですが。

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.8

証券マンとして妻子を持ち順風満帆な
生活を送っていた男が飲酒運転による
交通事故で刑務所行きとなり、
ウラの世界の住人と成り果てていく様を
描いた映画。
負の連鎖が止まらない。
ただ結論から言うととて
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.1

ウォーターゲートの裏側を描いた本作
リーアム・ニーソン主演なんで
てっきりCIAのアクションものかと
思ったが
今回はFBIに実在したマーク・フェルトを演じる
全体的に抑揚が少なく単調。
見せ場らしい
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

シリーズ第3作
1.2とあまり好きではなかったが
これは素直に楽しめた。
物語は多少強引と言えなくもないが
とにかく北川景子がキレイ
やっぱり女犯罪者は美しくないと
大泉洋の2枚目と3枚目の間みたいな
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.8

とてもいい作品でした。
基本安心して見られる。
ユ・ヘジンはなんとなく
信用できる顔してる。
ヒロインはどっちもかわいいし。
カメラワークひとつとっても
韓国映画はレベルたけぇなって
思わされました。

息子(1991年製作の映画)

3.8

岩手の片田舎に住む父親と
上京し、都会で生活する息子たちの話
特別ストーリーに大きな抑揚は
ないけれど、何故か終始暖かい気持ちで
見られる。
この当時こんな家族けっこう
いたんだろうなぁと思う。
とに
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

レビューを見てると皆高得点。
わかります。凄い映画だったのは
間違いないです。
異論は承知で言わせて下さい。
ジョーカーという作品でなければ
僕はもっと評価できました。
ある犯罪者、凶悪犯の記録みたい
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.5

ベトナム戦争の傷痕残る退役軍人の話
この頃はやはりこの手の話多いですね。
タクシードライバーのトラビスよろしく
こいつも後遺症がかなり残ってて
だいぶ人を巻き込んでるクレイジー野郎だけど、最後の上官に
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

60年代最後から70年代のハリウッドを
巡る人たちの生活感だったり人間模様を描いた作品。
そこに実在の事件のシャロン・テート事件を織り交ぜ、ストーリーは展開されていく。
話自体はけっこうダラダラ進むが
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.7

デンゼル・ワシントン✕ライアン・レイノルズ主演のCIAスパイもの
まず邦題が悪い
デンジャラス・ランてなんだよ
暴走機関車止めるみたいなやつ
想像しちゃったよ!
バディものの逃亡劇ってことで
ミッドナ
>>続きを読む

運命の女(2002年製作の映画)

3.3

妻側の不倫を題材にした作品。
リチャードギアの真面目で
感情を抑えた夫役はぴったり
だったと思う。
可もなく不可もなくといった感じ。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.6

宿敵アポロの息子が主人公となった
ロッキーシリーズ正統派続編
王道中の王道で安心して見られる
特訓中のBGMはヒップホップにかわり
時の流れを感じさせる
また子供たちとのランニングは
バイク乗りの青年
>>続きを読む

ファルコン(1999年製作の映画)

3.7

イタリアシチリアのコーザ・ノストラを巡る争いを実話ベースで映画化
アメリカンギャングスターという
これも実話ベースに作ったアメリカマフィアを描いた映画があったが
本作のがよほど骨太で見応えがある
マフ
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.2

トラウマを抱えたブラピが海王星で生きているという父を探す宇宙を通じてのロードムービー
2001年宇宙の旅と地獄の黙示録を
足して2で割ったような映画
書いてある通り父との対面を果たすシーンはとても重要
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.9

ドラマにハマりそのまま鑑賞
ドラマファンをガッカリさせないつくりで良かったっす
この作品のよいところとして
悪い人が基本いないこと
今回映画化ということもあり
提携した不動産が敵役を演じることに
なっ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.0

ピンク!ホモだからだ!
笑いました。
スティーブブシェミいいな
オレン中でマイケルマドセン代表作

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

4.0

タイトル詐欺やん!
ちょっとほっこりすんのかと思いきや
どシリアス
デンゼル・ワシントン&トニー・ススコットだから仕方ないか
しかし少女と叔父さんの交流て
なんでこんな胸をうつんだろ
レオンにしかり、
>>続きを読む

追跡者(1998年製作の映画)

3.5

逃亡者の続編だったかな?
今度は連邦捜査官側にスポットを
当てた作品
しかし、ジョーンズさんは
FBIとか正義側がよく似合う
ほんとにいそうだ
ウェズリースナイプスも逃げる側が
よく似合う
若めのロバ
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.6

組織に追われる身となった
マフィア一家のお話
コメディかと思いきやけっこうブラック
でわりかしシリアスだと自分は感じた
家族1人1人にちゃんと物語があり
それぞれのエピソードがちゃんと
成立していた
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.6

NBAのスター達が豪華共演
スペースジャム以来です。
こういう系。
NBAのスター達が演技して
プレイしてる姿を見れるだけで
十分満足。
クリスウェバーが意外でした。
話はベタだしツッコミどこ満載だけ
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.3

ケビンベーコンがひたすら追いかけて
追い詰めるみたいのを想像してました。
と思ったらただのドジっ子。
太っちょのおばさんが1番可哀相です。
にしてもガキが二人とも可愛気ねーな
終わり方もハンパ

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.4

脱獄囚のコメディもの
デニーロとショーン・ペンのコンビが
意外といい感じ
どう見ても悪人には見えない
罪状も明かされてないし
ただコメディというほど
笑いどころはない

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.1

サイモンペッグ、ニックフロストのダブル主演で期待したものの
それ程ではなかった。
宇宙人ていう設定もあまり活かされてない気がする。
よっぽど幸せなときじゃないかぎり
これを楽しんで見れないと思う。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.4

オズの世界は面白かったと思います。
ずっとこっちだけでも良かった。
田舎の大家族の世界観は
核家族で生きる現代の俺にとっては
懐かしいような時代錯誤のような
どーせならネットの顔も
知らないもん同士が
>>続きを読む

暗黒街のふたり(1973年製作の映画)

3.6

当時のフランスの死刑制度を批判した社会派映画。
前科があり、出所後も生きづらさを抱える青年をアラン・ドロン
それを支える保護司をジャン・ギャバンが演じる。
屈折しながらも前向きに生きて行こうとする青年
>>続きを読む

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.3

コネリーボンド第二段
見たことはなくてもおそらく題名は
聞いたことあるであろう本作
50年以上も前の作品なので
やはりアクションはもっさり
ダニエルボンド慣れした自分には
物足りないか
あとコネリーボ
>>続きを読む

>|