かんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

かんちゃん

かんちゃん

映画(68)
ドラマ(0)
  • 68Marks
  • 0Clips
  • 1Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.5

しっかり考えて、自分の言葉で話す。
コミュニケーションの大切さと賢さ、ってこういうことかな。
大胆に挑戦して楽しめ、全て一瞬だ。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

息をするのを忘れて観入った。
単調か愛か。
この何とも言えないこの感じは千と千尋の神隠し以来だ。

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.5

必要なのは咄嗟の判断と行動。
中身の濃い、傑作だと思った。
自分が大人に成って改めて見たい映画。
今はまだ、自分が未熟過ぎる。
冷静に、頭を冷やして、慎重に計画を練る。
過ちは許されない。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.5

昔親戚のおうちで。
シックな中身の整理されたかばんが素敵。
男はハンカチを持て。
シャツはズボンに入れろ。

セッション(2014年製作の映画)

3.5

やられる以上にやるだけ。
やってやる!って気持ちに成れる良い作品だった。
「でも音楽って聴く人の主観で採点されるものだろ?」
英語で最も危険な2語、それはGood Jobだ。
その言葉で1つの才能が
>>続きを読む

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

3.5

別れのシーンってのは、グッと来るよね。
些細な別れであっても。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

4.0

白いベルトは空手の弱いやつか負け犬しかしない。
ユーモア・愛のある、素直で素敵なおじいさん。
こんなおじいさんになりたいなぁ。

八日目の蝉(2011年製作の映画)

4.0

野々宮希和子の様な、育ての親がほしい。
ほしかった。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

愛が無いのではなく、愛を注ぐ相手がいないだけ。
友達がいないから、恋人がいないから、といった現状では人の愛は測れない。
居場所がほしいわ。

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

3.0

この映画の主題歌だったのか!

絵はとてもキレイ。
ストーリーは原作の小説が気になるところ。

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

ボーッと見入ってしまった。
感想は特には浮かばないだけれども、ただボーッと。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.0

良く分からなかった。見るの2回目だけど。
歴史を知ってれば複雑さや事の難しさを感じられるのかな?
桟橋の水着シーン・あなたならどうしますか?が印象的。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.5

何事も行動から始まる。
何もなくても何でも出来る。

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

4.5

女はデートじゃ食わない。
とても心地よい、幸せな映画。
感動こそしないものの素晴らしい作品。
恋に落ちた。この映画に。

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

3.0

内気な人間が世界を制する。
感じる人は何をどう感じるのだろう。

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.5

願いは慎重に。
安かろう悪かろう。
痛み無くして得るもの無し。

>|