kanegoneさんの映画レビュー・感想・評価

kanegone

kanegone

映画(819)
ドラマ(163)

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.0

導入の地味さが絶望的レベルだと感じたが、トムハンクスが弁護を引き受けたあたりから徐々に引き込まれた。

度重なる交渉シーンを楽しめるなら、なかなかいい映画。会話メインで動きの少ない映画は苦手、という人
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

ちょっと条件のついたロードムービー。
やっぱヒューマンドラマ要素の入った映画が好きだなぁと、観ながら思った。

この映画から得られる最大のアレは、「湧き上がる情熱は止められない」ということ。そして、行
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

なあんか「どっちつかず」という印象でした。私は白々しく感じてしまって、引き込まれませんでした。

いろんな人がでてるんですけどね。特にオススメしません。

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.7

けっこう面白い。

劇中、懐かしい音楽がいろいろかかるんだけど、バンブルビーがスミスのテープを全力で吐き出してたのに吹いた。


トランスフォーマーシリーズは奥さんが買い揃えてるので、観ようと思えば通
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.9

ラッセル・クロウが若すぎて、シャイア・ラブーフに見えちゃう。

もちろん演技はラッセル・クロウなので、やたらに何かに追われて走ったりはしないし、渋いんだけど。


映画の内容は、ハードボイルドかつサス
>>続きを読む

マチネー/土曜の午後はキッスで始まる(1993年製作の映画)

3.8

グレムリンを撮った監督の作品。

最初、何が始まったのかと思ったけど…
グレムリンと地続きな雰囲気があって、入り込めた。

流行り病も嫌だけど、核の脅威に怯える日々も嫌だよね。キューバ危機のときも、皆
>>続きを読む

疾風ロンド(2016年製作の映画)

3.5

主演がアベちゃんだから、微笑ましい(笑)
というか、2枚目半?を演じさせたら、もはやアベちゃんの右に出るものはいないな。

そして、東野圭吾原作だからか、これも出演者豪華だなぁ〜!知ってる役者が揃い踏
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

バスローブのくだり(笑)
キムタク、かっこいいー!

私はあまりキムタクのドラマや映画を熱心に見てこなかったんですが、これは今まで見たキムタクの中でいちばんかっこいいかも。

ちょっと周りが豪華すぎる
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

生活は淡々と…

っていう感じの映画。


こんな風に、身近な物事の美しさを味わいながら、生活してみたい。


それは自分次第

って言われたら、出来る気がしない。


身近な人の美しさを見つけてフィ
>>続きを読む

イエスタデイ(2014年製作の映画)

3.8

人生は思い通りにいかない。

時には好きな人が現れてくれるし、
いいことも起こるけど。

基本的には、思い通りにいかない。


男の子は、女の子の「心の準備」に寄り添って接することができるようになると
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.5

えっ、そんな話なの?

ストーリーのトリックがあるんですが、これは「うまい」のかなぁ…。

ちょっと微妙でした。

アリスのままで(2014年製作の映画)

4.0

「当たり前の毎日」って、やっぱり当たり前じゃないんだ。

明日が今日と同じように平穏だなんて、ただの願望だったり、思い込みだったりする。

多くの場合、その思い込みは機能するけど、そうでない場合もある
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

ヒロイン役の女優さん、すごい美貌ですね。眩しい。
ていうかいまどき、あんだけ眉毛が太くても、こんだけの美しさって成立するんですね。服装、表情もすごく魅力的で、輝いてます。

「愛は全てを圧倒するもんだ
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.4

私は合わなかったです💧

デジタル移送された、ゴリグナクの前に戦ったイノシシ的なやつが、メイドインアビスのミーティを彷彿とさせましたが、あれは微妙に影響を与えているのでしょうか。

あと、シガニー・ウ
>>続きを読む

ハートビート(2016年製作の映画)

4.0

やっぱ、生きてるうちが肝心だと思った。

この映画に出てる、凄腕ダンサーたちの素晴らしいダンスを見てると、自分も燃えたくなる🕺💃バイオリンも熱い🎻🔥

生きてるうちに、身体が燃えて感じるくらい、何かに
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

ドウェイン・ジョンソンやジョージに、クソ上司をぶっ飛ばしてほしい

というくらいの気持ちで観るのが、ちょうどいいかも。

設定から展開から、とにかく荒唐無稽の連続だけど、「絶対にドウェイン・ジョンソン
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

3.6

実直な演技と撮り方で好きですが、ちょっと地味という印象でした。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.7

テンポいいし、キャラもいい。
撮り方もいいし、程よいリアリティ。

みんな頑張ってんなぁ。

って、まっけんも出てたんだ。
まっけんの歌よかったなぁ。。
この映画には関係ないけど。

椎名桔平の医者役
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.3

「ある程度のヒット作」請負人のジョディフォスター。
いい映画にしか出ないイメージのジュリアロバーツ。
まあまあ役に合ってそうなジョージクルーニー。

おまけに、フォードVSフェラーリでマイルズの奥さん
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.4

冒頭の「どアップと牛乳」からして引き込まれます。
「そこらの映画とは違うんだよ。ついてこれる奴だけ付いて来い」っていう監督の気概を感じます。

メリハリが効いててテンポも良く、メッセージもいい。人はや
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.9

分厚い俳優陣を揃えて、じっくり撮られたヒューマンドラマ。

宇宙でのミッションって、とんでもなく重大なことばかりで、たった一度の機会を、常に確実に捉えなければならない。

「次また頑張ればいいさ」が許
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

あー、すごかった。

グイグイ引き込まれて、あっという間にエンドロールでした。

受賞直後で劇場も混んでましたが、場内大爆笑の場面もあって、やはり劇場で観てよかったです。

ちなみに、ストーリー自体が
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.4

こんなにいろんな人が出てたのね。

現役日本三大美女の北川景子が主演ですが、さっき観たらワイスピ3でのおぼこい容姿からすると、かなり磨かれてますね。麗しい。
でも、プラネタリウムで上から撮られた顔はイ
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.6

ちょっとシュールだけど、割り切れば面白い。

設定がはちゃめちゃだけど、カーアクションの面白さ、生々しさは味わえると思うし、「コント感」がすごいんだけど、自分はそれが嫌いじゃなかったので楽しめた。
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.3

とても長尺だけど、端から端までぎゅんっぎゅんに熱が詰まってました。

登場人物たちの、
演者たちの、
製作者たちの「情熱」が、
これでもかと。

気の抜けた演技も、場面も一切なく。
この熱量を保ちなが
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

観ました。

久しぶりの劇場で、長い映画をたっぷりと堪能しましたが、楽しかったです。
よく最後までスケールアップさせながら締めくくれたもんだな〜と感心したり。

ジュラシックワールドなんて、2でけたた
>>続きを読む

劇場版総集編 後編 メイドインアビス 放浪する黄昏(2018年製作の映画)

3.9

もう、痛すぎ。喪失しすぎ。
トラウマになります。。

過去一の悪夢を見たい方は、こちらをご覧下さい。


日曜に子供が、月曜に奥さんがインフルエンザ発症しまして。
40度以上に熱が上がると、2人ともう
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.7

格差のあるところ、利益あり。

いろんなドラマや映画が描いてきたテーマだけど、何度見ても考えてしまうなぁ。

どうせ軽い命だから、
どうせ儚い命だから。

本人がそう考えて、人生を投げ打つのはいい。そ
>>続きを読む

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.3

え、始まり方にびっくり。

原作屈指の激アツ場面、地下チンチロが「端折りまくった導入部」扱いとは。。

カイジの実写化をするには、こういうテンポでやった方がいいのかな?
もっと心理描写に時間をかけたら
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.3

原作既読です。

すごいはしょり方!

まさか一作目で地下労働まであるとは。当初は続編をいくつも作る予定なかったのかな。もしくは、どうしても「ペリカ」を映画に出したかったのかな。ペリカのくだり、面白い
>>続きを読む

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2008年製作の映画)

3.8

オーウェンウィルソンの「優しいパパ役」がお目当てで観ました。

「ワンダー」に通じるあたたかさを求めて観たんですが、期待通りの優しいオーウェンが見れて、満たされました。

子育ては大変ですけど、得るも
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.8

ドラマ「きのう何食べた?」を見た後だからか、すんなり観れた。特に異物感みたいなものも感じず。

こうやって、以前は受け入れ難かった何かも、徐々に受け入れていけるんだなぁ。
文化的作品の効果とか意義を感
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.1

心が寂しいコンディションの時に、こんな映画を観てしまった。

いろいろ楽しかった正月休みが明けて、大好きなパートさんたちとの職場の新年会も昨日終わって、もう今年のいいことは全部終わったんじゃないかとい
>>続きを読む

昼下りの情事(1957年製作の映画)

4.0

おいおい、自分が生まれる20年前に公開されてたのかよ。と驚きつつ。

あまりに昔すぎて時代感が把握できませんが、この時代でもオードリーは普通に可愛い!

すごいわ。

しかし、オードリーの相手役は老い
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.9

最初のシーンで、いきなりオードリーの顔に、子供が水鉄砲で水をかけるんですけど。

すごい演出ですよね。
監督なに考えてたんだろう。
ちょっといやらしいシーンに見えちゃった自分の煩悩を恥じました。除夜の
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

自分が勝手に記憶してた内容とかなり違ってて、驚いた。

のっけから訳の分からん日本人キャラ(ブルースリーの映画に出てくるような、攻撃的ステレオタイプ出っ歯眼鏡)が騒いだり、

オードリーがシャツ一枚で
>>続きを読む

>|