かにさんの映画レビュー・感想・評価

かに

かに

かにゴールキーパーです。

映画(179)
ドラマ(0)

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

まーコレ系ってこれくらいだよね。でもふざけてる主人公は楽しいし、ご自身ライアンレイノルズのネタはやっぱ笑える。会社を超えてDCユニバースを軽くディスるあたりもクスッとさせて頂けます。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

あれ?こんな程度なんだーってのが感想。コレ系って公開時に観てしまわなければ、乗り遅れてなかなかテンションついてけない。毒舌も人間性もちょっと物足りない。まぁ2年前の映画だもんね。

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

すんげークオリティ。キャラデはホント細部まで脱帽です。お城がトランスフォーム?とか、置いてきぼりくらうわ~、とかは言いっこなしで、日本人のつくるバットマンをお楽しみあれ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

自分の名前が嫌いだった。親元から早く離れたかった。夜明けに自己嫌悪に陥いり……思い出す若さと酸っぱさがありました。Thanks, I love you. 最高の終わり方で、今だからこそ伝えたいですね。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

すべてが欲しい愛の形…気持ちは分かります。あーこれがバレて、とんでもない結果になるのね…って予想を超えた形がそこにありました。音楽は見たことない使い方、ポルトマアンダーソン恐るべし。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

変にドラマティックな人間心理はなく、あーこういうことなんだよな…という表現を多く感じ取れました。愛することは疲れます。心がうごめく群像劇に疲れました。安藤サクラがとても良いです。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.5

ウェスアンダーソンが日本をモチーフに犬ヶ島?楽しみにしてました…皆さんのレビューは軒並み高評価ですが、ダークなファンタジーに睡魔が襲い…。直前にとんかつ食ったからかなぁ。

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.5

本当の話? 凄すぎるんですけど…。戦車や銃やロケット弾の中、馬に乗って駆け抜けるのはカッコ良すぎ。クリスヘムズワースって演技はどうなのって思うけど、くっそセクシーであることは分かる。

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.0

5歳の誕プレがチェーンソー!? なかなかキャッチーよね…。ロードムービー風味で次々と死んでいくのもいさぎよいね。でもこれといって書くことないかも。何だかんだで母親がやっぱ最恐なのよね…

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

4.5

ダサい邦題に萎えながら観てたけど “強さ” という言葉を考えさせてくれる素敵な1本だった。ラストの「愛してる」という言葉、その表情だけで、すべてが分かる。この映画を観てきて良かった。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ピーターラビットってこんなに生意気だったのね。それがまたウサギの反省シーンに効いててちょーカワイイの。コメディ要素たっぷりでとっても楽しいけど、絵本ファンも納得なのか気になるところ。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

ロック様が『カリフォルニア・ダウン』なみに不死身すぎーって思ってたら同じ監督なのね。巨大動物の種類がもう少し欲しかったけど、街は充分にメチャクチャ。ハチャメチャ。オンリーです。

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

こういうのをブラックコメディっていうんだよ。とか言いながら仲の良いメンバーでワイワイつくったんだろうな。差別の描写をはじめとしたストーリーの説明不足と粗さで「うーん…」ってな感じ。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

私がトーニャよ!! (I,Tonya) 言わんばかりの作品。アリソンジャネイはもとより、主演のマーゴットロビーが会心の演技だった。『スリービルボード』のマクドーマンド…相手が悪かったか…

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

若かりし頃にいろんな経験をするといい。あの時の感情、喜びや傷が今を形成している。恋や愛とはいかなくとも。「お前はそこに確かな何かを感じた…」父の言葉は大きく深い。余韻の残る映画だった。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.0

いやー、面白そうな顔してペラッペラ。ガイリッチーってもう古臭いかも。まったく的は得てないけど「スラムのガキから王になれ」「新感覚ソードアクション」日本のキャッチの攻め方は好きですよ!

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

ほんのちょっとの気持ちの変化を丁寧に描いてる。この演技が主演男優賞?とか思って観てたけどラストにはその不器用さが愛しく思えました。そしてミシェルウィリアムズ…やっぱ上手い…

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

絶対に予習しておくべきで、ソーもキャプテンも観てない私にはサッパリ。色々と知ってたらお祭りだったんですよね…「あ”ーっ」ってなるラストから、次作までには完璧にしておきます……

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

すすすすごい!パワフル!迫力!映像から音楽からスペクタクル!バーフバリの男の魅力にやられちゃった!それにしてもインド映画ってエンドテロップないの?スタッフは死ぬほどいただろうに……

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

3.0

続編は青春ロードムービーとなり、前作の葛藤や恋愛はすべてカットという荒技。ラストのコンテストシーンは大掛かりすぎてセクシーなストリッパーはもうそこにはいませんでした…

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.5

ソダーバーグの青春映画はこういう風になるのね… チャニングテイタムのしょっぱなのお尻の形で全米のお姉たま達はノックアウトされたんでしょう… ソダバの王道もなかなか。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

最高に“ごちゃごちゃワクワク”な映画でした。往年のファンキーなヒット曲も楽しく、これでアバター系の映画は最高潮に達したのではないでしょうか。サブカルも映画もアニメもゲームもオタクも全員集合!!

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

破壊の限りを尽くす醍醐味は健在!それだけで楽しめちゃう!ロボットのCGは前作よりはるかにクオリティあがってて、超超超大作へ進化してました。それにしても3Dがよく出来てたなぁ。#IMAX3D

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

立ち去るチャーチル、シビレました…。音楽が全般的に良く、ラストは最高です。ゲイリーオールドマンは凄いけど、もはや目だけが本人。メイクアップの辻さんが称賛されるべきで、その理由が分かった。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

ゲーム好きなら楽しめる要素がたくさん。ラストは青春映画を観てたような清涼感。前作は学生の頃だったなぁ、あの頃のトップモデルはSクロフォードだわな、と懐かしみクスッとしました。#ATMOS

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

重い雰囲気のスパイものだけど、ちゃんとエンタメしてて面白かった。「分かるときがくる」サラッと言いのける覚悟と経験を持った女は強い。ジェニファーローレンスの覚悟もまた、シビれるね。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

ゆるーく盛り上がっていきます。決断シーンが最高潮と思うけど、そのメリルストリープの演技は「このおばちゃんやっぱスゴいのネ」とか思っちゃう。ラストの絶妙なニクソン叩きがなんか怖い。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

最近では抜群のできあがり。こんなに色数が表現できるってすごい。アカデミー主題歌賞は “Remenber Me”。圧巻のステージだった “This Is Me” との差は主題歌としての機能だったのかも。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.0

この子が…って、ちょっぴり哀しくもありました。定番のホラー演出は満載でふ〜んて感じだけど、やっぱり椅子のエスカレーターが戻っちゃうのは恐怖。前作を観てから観るべし。

エスター(2009年製作の映画)

3.0

『Orphan(孤児)』っていう原題だけど、『エスター』の方がなんとなく怖い。ネタバレ後のエスターが本当に同じ子が演じてるの?って思う。ポスターもいい味でてるよね…

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

今回のララクロフトは小柄でシャープでスーパーではない。でもアドベンチャーアクションど真ん中でした。それにしてもファーストミッションって…内容関係ないんですけど…続編を視野に入れすぎジャパン…

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

どーってことないサスペンスを岩田君のポテンシャルを信じてつくり上げた一品。アイドルサスペンスとしては余裕の合格。演技はアレですけど先が楽しみです。どんどん主演しちゃって下さい。ハァ?

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

もっと小難しい話と思いきやダークなディズニーといった趣き。まさに大人の絵本でした。こういうのがアカデミー作品賞ってのは「映画芸術および科学の質の向上をはかる」の大義名分が果たされてる。

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

エコロジックな理由でダウンサイズしちゃう訳で、そりゃ社会風刺いっぱいの映画でした。マットデイモンの顔や体型はもはや普通のおっさんで、何よりも精神性が一番の風刺で皮肉めいてた気がする。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

2時間超える映画って疲れちゃう。劇場では多くの黒人さんが爆笑してた。ジョークって笑える範囲が人それぞれ。文化の違いを肌で感じながらもワクワクすることはなかった。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.5

映画でもドキュメンタリーでもない。当事者の起用は意外だけど、本当に必要かとも思う。仰天ニュースの方が見ごたえあるのかも。ただただ行動するという人間性を賞賛したかったんだと思います。