Kokoさんの映画レビュー・感想・評価

Koko

Koko

映画(369)
ドラマ(0)

劇場(2020年製作の映画)

3.1

私は好きだった。特に大きな何かが起こるわけでもない、映画的なドラマチックさには欠けるかもしれないけど、本当に小説を読んでいるような感覚。無情のように時間がすぎて、変化していく様を淡々とうつしているよう>>続きを読む

命みじかし、恋せよ乙女(2019年製作の映画)

2.7

うーんと…困惑。途中でギブ。中途半端な日本の理解、よくわからない日本人キャラクターが耐えられなかった。

日日是好日(2018年製作の映画)

3.3

日本の季節の美しさ、日々のささやかな幸福が綺麗に描かれていたと思う。一瞬一瞬を美しく、二度とは訪れないかもしれない瞬間を大事に生きる、日本人の美徳が少し見えた気がする。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

3.4

すーーーんごいよかった。ドラマチックな展開も、アクション的な要素も、愛すべきどのキャラクターも、素晴らしかった。平和の緑が目に染みる。光州事件を知らなかった自分が恥ずかしい

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.0

愛ってなんなのかなあ、憧れを追い求めてたいだけなんだよなあきっと

ツリー・オブ・ライフ(2011年製作の映画)

2.8

抽象的すぎて、面白さは全くなかった。映像の美しさは感じたけれど、それがオープニングとエンディングで20分ずつ流れると結構観るのがきついものがある笑 宗教的で、エンターテイメントよりかはアート映画。だか>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.5

おんもしろかった!!!!ストーリーは結構読めたけど、スリル感と最後の巻き返しがテンポ良くて好き。あと、ロンドンの街並みが好きだから出てくるものがいちいちおしゃれで憧れたなあ

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.3

ほぼ一人語りの映画。ストーリーは淡々としていてそんなに興奮はしないけれど、宇宙の映像とロケット内の美術が作り込まれてて感動した。光の使い方もすごく上手かったと思う。いくらかかったのかなあ

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.4

心臓が痛い。心がキリキリする。好きではなくても都合のいい愛が心地良くて依存してしまう感じも、好きででも届かなくて愛と執着がごっちゃになっちゃうのも、みんな誰かに振り回されてしまうのも、無自覚で振り回し>>続きを読む

男たちの挽歌(1986年製作の映画)

3.0

香港映画!!って感じ。赤くて血生臭くて汗と泥の匂いがする。リメイク版から飛んできたのだが、相棒はどちらも魅力的だな、と思った。
こっちの方がボスとか弟がアホすぎないか?と思う

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.2

よくわからないけど色が綺麗だった。章ごとのテンポが早くて、観るのには飽きなかった。思想に生きているつもりの男が感情で人生が変わっていくなんて、変なの。フランス独特の恋愛観なんだろうか

花とアリス(2004年製作の映画)

3.7

フランス映画みたいな雰囲気。ほのぼのしていて可愛かったあ、柔らかい映像が素敵

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

2.5

わからない。何がそんなに評価されているのかわからない。確かに海の映像は綺麗だったし、衣装もセットも色が統一されていて美しかった。ただ、こういう映画はたくさんあるし、ストーリー自体も予測できて感動がない>>続きを読む

男たちの挽歌 REBORN(2017年製作の映画)

3.0

香港ノワールはほとんど見たことがなかったので、この中国版リメイクがそれ関連の初見。だと思う。テンポの速さが独特。カットの速さとか、シーンの間合いがすごく詰めてあるなあという印象。あまりこちらが考える暇>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.3

面白い。だんだんと愛と嫉妬と狂気があらわになってくるカルロスが美しくもどこか恐ろしい。ラテン系の男の子が主人公の映画はほぼ100%同性愛が出てくる気がする。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.4

思ってた話とは少し違った。出てくるセットや衣装の色使いが可愛すぎてすごい好きだった。市街地の風景がチェコっぽいなあと思ってたらやっぱり!!当時の東欧はどこもああいう雰囲気だったのかな。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.6

やーーーっとみれた!!!
ストーリーはシンプルだが、臨場感とスリルがあってよかった。最後の息子の水浴びの神々しいショットとか、人質を殺す時の逆光のショットとか、かなりカッコいい画がたくさんあったと思う
>>続きを読む

雨に願いを(2017年製作の映画)

2.5

話の要は環境問題と割とシリアスではありつつも落ち着いた話なのに、演出がオーバーで違和感。
スリラーをみてるのかな?って思うくらいのシリアスな音とトーンだった気がする。
何個かちょいちょいツッコみたくな
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.3

形を問わない愛って現実にあるのかなあとぼんやり考えてしまった

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

3.5

出てくる美術がすごくすごく可愛かった。
子役たちの演技力に圧巻。
天才であってもまだたった11歳の男の子のヘンリーの描写、母としてもがく姿、兄を失って少し成長する弟、全部が事細かな仕草で描かれていて本
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.4

クリスめちゃめちゃいいやつじゃないかい…
挿入歌も好きだし、ダラダラしすぎない程よいテンポ感の話の展開も良かった。

ショコラ(2000年製作の映画)

3.0

チョコレートが食べたくなるね。
ジョニーデップが普通の役をやっているのを初めて観たかも。エロいな。

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.5

すごい。面白い。凄く良い。
ストーリーはどうしようもなく悲しく腹立たしいのにコミカルな温かみのある描写と愛の溢れる登場人物のお陰でエンターテイメントとしても観れる。泣いて笑って忙しい。
沢山の感情が一
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.2

いやー面白かった!どのキャラクターも憎めない。エンディングもはっきり描ききらないところが好きだった。

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.5

詳しい語りは入らず、どちらかというとフラッシュバックをまとめ合わせたような感じ。ストーリー性はちょっと弱いかなと思ったけれど、画がすごく綺麗だったのでお気に入り。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.2

中学生独特のあの感じ。わかるなあ、思い出すなあ。憧れと現在の自分のギャップの落胆と、うまく言えない苛立ちと、狭い世界ならではの息苦しさと、大人への好奇心と少しの不安と、未来への沢山の期待。キャラクター>>続きを読む

This Is Not Berlin(英題)(2019年製作の映画)

3.0

ショッキングなシーンが多い。
ヌードになったりとか、乱行をフィルムで撮ったりだとか、毎晩パーティーで酒と薬に溺れているのとか、ウォーホールみたいだと思った。

>|