canoさんの映画レビュー・感想・評価

cano

cano

SFとホラーがとくに好きです。
マイペース運行。友人からいつも語彙力!と言われます、、

映画の中の役者さんから、目がはなせない。
すぐ泣くため、点数が甘めになりがち。

★★★… 平均60/100点
過去鑑賞作品は点数だけにしています。

いつもフォロワーさんのレビューを参考にさせていただけて、沢山の素敵な映画に出会えて、うれしいです。

2014.07.03〜

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

4.0

「もしあの時、違う方向に歩いてたら」
「もしあの時、違う言葉を口にしていたら」
人生は無数の選択の連続ですが、その世界が1つひとつ存在していたら…。そんなパラレルワールドの考え方って、宇宙みたいに壮大
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

SFホラーの金字塔「エイリアン」(1979)の、起源の秘密。
今までのエイリアンシリーズを覚えていなくても、感染=死の恐怖を視覚的におもいっきり突きつけてくれるので分かりやすい。
私たち人間が、得体の
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

映画館でみたら雰囲気あったろうな〜〜!
教科書みたいな映画。元祖の教え。
地味だけど、サバイバルの原点であり頂点。

引きのカットが多くて、映画っていいなぁ
って思う見せ方をする映画でした。

忘れち
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.7

埼玉県狭山市で実際に起きた事件を元にした映画。そう、事件が情緒的な映画になってしまってるんだ。

つまんない。やるせないね。
毎日毎日惰性で同じことの繰り返し。
ムンムンとした暑い夏に、バカうるさいゲ
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.2

1年に一晩だけ、殺人を含むすべての犯罪が許されるという法律【パージ】。
日頃の鬱憤をはらすため外に繰り出し大量殺戮を愉しむか。それとも因縁の誰かをこっそり消してしまおうか。はたまた頑丈なマイホームで沈
>>続きを読む

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.0

いま勢いのある二枚目?三枚目?俳優、ルーク・エヴァンス主演の壮大なドラキュラ×ファンタジーアクション。魔物の力を得てまで愛する家族を守り抜こうとする君主のお話。

光の速さで数千の敵をなぎ倒して行く無
>>続きを読む

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

3.0

簡潔に言ってしまうと怖くない。
このシリーズに慣れてしまったのもあるけど一度も驚けなかった('ω')

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

2.9

変な性癖の大金持ち起業家イケメンCEO。ピュアピュア女子大生がそんなオトナと出逢っちゃったらってお話。
ミステリアスな感じは好きだけど、それ以上に終始悶々としてた!

映画『トワイライト』のような雰囲
>>続きを読む

キミとボクの距離(2016年製作の映画)

3.6

昨日、とてつもなくSF映画を観たくなって、未見のもので悩んでたら、ちょうどネトフリのマイリストに入れていたフィルマの評価も高いこちらを!

私たちの現実とはかけ離れた世界ではあるんだけど、火星と地球を
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

容易に想像できるラストとは全くの別物。
アルコール依存性の主人公なので、終始不安感を煽る。時間を追ってじわじわ明らかになっていく展開から目が離せない。

オーディション(2000年製作の映画)

4.0

キリキリキリキリ。
耳から離れないこの言葉、つい、怖くなりたくて何度か口に出しちゃいます。

映画『cure』や『黒い家』と同じような
奇妙で頭のおかしいサイコパス映画で、
ジャパニーズホラーの大傑作
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.4


月のことを大好きなミサミサと松田さんだけは、あのまんま生きていたことに感動しました。すこし泣きました。

その点以外は、想像よりはるかにつまらないデスノートでした。(以下、ただの批判駄文お許しくださ
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

普段アメコミはあまり観る機会がないのですが、シンプルかっこいいタイトルとビジュアルに惹かれ、劇場へ。
X-MENを一度もみたことがないので、恥ずかしながら”ミュータント”という言葉すらわからない、、に
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

4.2

面白すぎた!
明るいバイオレンス映画。
POV(一人称視点)で、撮影方法も全編Go Proのみ。
ストーリーも好き!

うまい人のゲームプレイ画面を見てるみたい。FPSとか、自分目線のゲームが元々好き
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

病気のお話。悲しいけど暗くなくて
爽やかで、とってもキラキラまぶしい。

映画館で左に座ってたおじいちゃん、とっても早い段階で泣いてた。
小説の中の夢物語のように見えて、すごく現実味のあるお話だから、
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

2.7

生々しい家庭。独裁者が出来上がるまで。
ホラーなのかと勝手に思ってたら、どっしり系ミステリーだった。
独特の雰囲気がすごく不吉だけど、退屈でとくべつ面白いと思えなかった。。苦手なタイプの映画こういうの
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

‪観終わってポカーンなるっていうのが気になって気になって観てきました。

人の心だけに焦点を当てた映画で、言いたいことはシンプルで分かりやすかった。(ある言葉のセレクトにはおよっとなったけど) (普通
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

いわゆる体育会系のブラック企業を中心に、「KAROSHI」という日本人特有のそれを、フラットでグローバルな視点から描かれていて良かった。
重いテーマなのに、ポスター通り爽やかでハートフルな映画になって
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.9


♪♪ B-A-B-Y, baby ♪♪

今まで観たことのないくらいスタイリッシュで気持ちの良い映画体験をした。アクションでスリラーでラブロマンス。恐ろしいくらいかっこいいベイビーと音楽に酔いしれ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ここまでずっと悲しいゾンビ映画ってないですよね…??
人情映画はさすが韓国。フランス映画でもアメリカ映画でもない、きゅぅぅんと熱く胸がしめつけられます。

幼い娘を持つ父を演じるのは、韓流ドラマ「コー
>>続きを読む

ヘッドハント(2012年製作の映画)

3.8

冷静に見るとイカれたキチガイの映画。
めちゃ面白かった…
こういうの好きだな。
前にも後にも似たような話がない。と思う。
でも夜みたら怖くて暫く眠れなかった…
グロ、サイコ、スリル満載。ちらちらコメデ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

‪クリストファー・ノーランが実話に初挑戦した『ダンケルク』。‬
ものすごくシンプルで分かりやすくて好き。
IMAXでみると、1つの大きなエンターテインメント。どちらかというとアートっぽい、体で体感する
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0


旅するフードトラックに心がおどる!

ジョン・ファブロー率いる豪華俳優陣の仲睦まじい雰囲気が溢れ出ていて微笑ましい。最高のキャストたちが最高に楽しんでやっている感じ。
みなさんの口コミ通り安定の素敵
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.4


「「 地獄で会おうぜBABY 」」

1991年に公開され瞬く間に記録的大ヒットした「ターミネーター2」が、「タイタニック 3D」と同じ3Dチームで、全編3D化!これは必見!ということで、深夜に六本
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

2.3

久しぶりに、つまらない映画にあたり、セリフがないシーンを早送りしてみました。。
ヘルタースケルター風に、感情的で奇抜なオシャレ映画にみせてるけど、それが全然ハマってなくてとても煩わしかった。。合ってな
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.9

初めて見るタイプのコメディだったので
ずっとオチが気になってたけど、
最後までとんでもない珍映画!
一瞬、大掛かりに感じるけど、
怪獣モノでは近年稀に見る超低予算で笑えます。
そういった点では、大掛か
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

3.8

明るいサクセスストーリーかと勝手に思ってたら、山のような苦難を乗り越え、力強くのし上がって行く女性のお話だった。
どちらかというと、この映画の中で映像になっているのは苦しい場面の方が多い。

モデルに
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.0

期待してたよりふつうだった。
怠惰な引きこもりの女が、外に出ていくことで色々なものに感化されていくお話。
それで安藤サクラが変わっていくところは見ごたえあるけど、変わるまでが長すぎて、展開が遅すぎて、
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

3.3

B級感がすごいけど、意外と楽しめる。
主人公と一緒に、観てる者も、正体がわからない何かに翻弄されながら進む。
主人公がバカすぎてあまり好きじゃなかったけど、バカなだけではなかった。よく出来たお話。
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.0

銀魂、原作読んだこともアニメ見たこともなかったけど、最高におもしろかった〜〜。
超豪華キャスト&制作陣が、銀魂の世界観を全身全霊でやってのけてくれてる映画。お堅いしっかりした起承転結を期待しちゃダメよ
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

2.9

ー走れ、絶望に追いつかれない速さでー
このタイトルとビジュアルに惹かれてやっと。
初めてしっかり太賀くんをみれた。とっても猫背で、ボソボソ喋る、漣の空気感につつまれてた。ただ黙々と飯食ってるあのシーン
>>続きを読む

モーテル(2007年製作の映画)

3.6

山奥で車が故障してしまい、仕方なく奇妙なモーテルに泊まることになったワケあり夫婦。ほこりまみれの布団で、ビデオでも観ようと再生してみると。。

めちゃくちゃ面白かった!
久しぶりに、血があまり流れない
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.3

スペインバルでたまたま居合わせた男女8人が突然、異様で説明がつかない出来事に巻き込まれる。店員や元警察官、通りかかった美女、会社員、主婦など、ごくごく普通で十人十色な登場人物たち。
右も左も分からない
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.9

妻を亡くし傷心の祖父とその孫のハートフルロードムービー。のはずが。
デ・ニーロの、息を吐くようにテンポ良く出てくるゲスいジョークに笑いが絶えない。あまりにもひどすぎてスカッとするほど!最高!
こんなに
>>続きを読む

>|