cano

cano

声色や表情が豊かな役者さんから、目が離せない。
マイペース運行。友人からいつも語彙力!と言われます、、
すぐ泣くため、点数が甘めになりがち。

★★★… 平均60/100点
過去鑑賞作品は点数だけにしています。

2014.07.03〜
いつもフォロワーさんのレビューを参考にさせていただけて、沢山の映画に出会えて嬉しいです。

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.3

スペインバルでたまたま居合わせた男女8人が突然、異様で説明がつかない出来事に巻き込まれる。店員や元警察官、通りかかった美女、会社員、主婦など、ごくごく普通で十人十色な登場人物たち。
右も左も分からない
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.9

妻を亡くし傷心の祖父とその孫のハートフルロードムービー。のはずが。
デ・ニーロの、息を吐くようにテンポ良く出てくるゲスいジョークに笑いが絶えない。あまりにもひどすぎてスカッとするほど!最高!
こんなに
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.4

なぜか街中がネオンできれい。
ちょっとおバカな主人公が、怪しすぎるイケメンと、するりするり億万長者へ上り詰めて行くお話。

やめられない止まらない美男美女たちがギラギラしていて楽しかった。
好奇心あふ
>>続きを読む

13の選択(2014年製作の映画)

3.1

始めてしまったが最後!
やめたいのにやめたくない
¥¥最悪のマネーゲーム¥¥
生きてく中で一番大切なのはお金?
本当に人間は大金を前にしたら狂ってしまうのか…

想像のつくお話だけど、ところどころオド
>>続きを読む

ファウンド(2012年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃよくできた洋ホラー。殺人鬼の兄を持った弟の成長と心情をすごく上手く描いてる。
おそらく低予算、無名監督&無名役者。
その感じが、画面からじわじわと伝わってくるほど、カメラの感じもホームビデ
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.5

面白かった!
知らないシリーズだったけど、フォロワーさんで観てる方が多かったので鑑賞。
見応えのある正統派ミステリーで、じっくり楽しめる。シリーズ物なので、これからの楽しみが増えました。

犯人のなか
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.9

真面目に馬鹿やってる映画。
スタイリッシュなアホ ϵ( 'Θ' )϶

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS(2016年製作の映画)

3.3

松田翔太の安定の、かっこつけが様になるかっこよさ。
須賀健太の存在感。今作で如何に子役から大人へ、演技派俳優として成長したか分かる。
一瞬しか出てこない安藤サクラもさすが、絵になる。

ドラマをみてい
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

2.8

絶対に何かあると言わんばかりに悶々とした雰囲気で最初っから最後まで不吉に、不穏に描いてる。
伏線回収やら辻褄がしっかり合っているので、見終わった後は一応スッキリ。
雰囲気だけ作り込んで、内容は意外と薄
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.5

涙が出るほどやさしくて繊細な、究極のラブストーリー。
観る者の想像もつかない魔法にかけられる。誰もが待ち望むあの瞬間まで、ぐっと引き込んで離さない。

ただディズニー映画を最新の技術で美しく実写化した
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.9

平次好きにはたまらんかったです!!(平次メインだと、さり気ないサポートに回る新一もかっこよくてサイコー、、)

最近のコナンくん映画お馴染みの完全無敵さは健在!それでいて大人の推理も覆すようなストーリ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.6

映画館でこそ映える映画でした!
そこにしかない世界観を絶え間なく堪能できます。
隅から隅まできゅぅんとする。
とてつもなくお洒落で、摩訶不思議な映像。
スフレパンケーキの上で正座で跳ねてる気分です🍞
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.2

ポーランドの斬新でユニークなおしゃれ映画。
午後5時から午後5時11分までの、たった11分の間の物語。目の離せない本編81分、ストーリーの予想が全くつかない。観終わった後は、"たった" だなんて言えな
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

感動したり、驚いたり、その度に遠い問題だと感じていることに気づいて、なんだか自分が情けなくなる。
この映画は、出演者の99%が黒人だという。肌や表情のアップを多用していて、更にそれがとても美しい。
>>続きを読む

罠 -少女の誘惑-(2015年製作の映画)

3.6

こわい。。。
こわすぎる。。。
心臓が掴まれてる気分。
全然怖くないだろうと思って1人でみたけど、途中ビビりすぎて目をうすめて観た。。なんでかトイレに行くのも久しぶりにどきどきした。

壮大な男女の恋
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

「あなたが望むなら」
この言葉、何度も出てくるけどグッとくる。
お洒落で、すごく可愛らしくて、
残酷なほどキラキラハッピーな映画。
涙が止まらなすぎたので、もうみたくない。

原題の『 Me befo
>>続きを読む

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.1

たった6分の短編映画。
こんな風にプロが映像をつくると、起承転結がわかっていながらも感動してしまう。大袈裟だし、わかりやすいのに、見事に心を打たれる作品でした。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.2

パッケージや予告がオチバレだ(笑)

思わず、みてるこっちがビクッとしてしまう人間の怖さ。
(直接の繋がりはないけど)前作の内容を全く忘れている状態で見たので、前半からラストの異色の流れはけっこう楽し
>>続きを読む

持たざるものが全てを奪う HACKER(2016年製作の映画)

2.8

平凡な少年が天才ハッカーになり世界を股にかけて大金を稼いでいく話、だけどあんまり派手さが伝わってこない。
ハッカー要素<詐欺師。

あれ、サイは?ZEDはいいの?
所々腑に落ちない点に、観終わった後も
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.2

村山聖。弱冠29歳でこの世を去った彼は、現在まで長きに渡り将棋界のトップに君臨する羽生善治さんが公言するライバルだった。わずか29年で幕を閉じた彼の人生には、計り知れない苦しみとそれを上回る力強い意志>>続きを読む

ポールダンシングボーイ☆ず(2011年製作の映画)

2.5

男性若手俳優グループD-BOYSの弟分D2の、ちょっとシュールな青春映画。
「告白」の少年A、「悪の教典」のアーチェリー少年を好演していた西井幸人くんに釘付けだった時に、DVDを買って観た。彼の演技好
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.9

‪ある一家惨殺の未解決事件を、記者役である妻夫木聡のインタビュー形式で、視聴者と共に追って進むので分かりやすい。様々な人間の過去が明らかになっていき、ぐちゃぐちゃに見えるピースが正確にはまっていく。徐>>続きを読む

人狼ゲーム ビーストサイド(2014年製作の映画)

3.1

1に比べてビーストサイドの方が、観てる方は理解も推測もしやすくて面白かった。
土屋太鳳ちゃん、好きになっちゃった。少女漫画系ヒロインの時はうう〜んと思ってたけど、この役には色々とドキッとした。色んな演
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.6

このシリーズは大好きで、今作も楽しみにしてました。感染ものと知り少しがっかりしたけど、今まで見てきたパンデミック映画とはひと味違ったので楽しめた。

見逃したらついていけなくなるほどのいつもの謎解き要
>>続きを読む

人狼ゲーム(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます。

低い期待値で観たので想像してたよりは面白かった。
出だしがすごく奇妙で、今思うと最初のタイトルバックまでが一番ゾクゾクしたな。。

上手いんだろうけど桜庭ななみちゃんのボソボソと喋る感じとか、女子がキ
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

ブラピがびっくりするほどピチピチでかっこよかった!リフトアップだろうか、(小声

カサブランカの町並みや時代を思わせる高貴な人々の衣装や髪型が美しく、迫力ある空爆シーンは見応え存分。音楽や演出がとって
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.3

ついに観た。
母が衝撃を受けた、家族で観ようと、10年前くらいから言っていて、弟の誕生日に集まったのを機に、ついに観れた。
何度もなんども、巻き戻した。

20年前の役所広司と、萩原聖人。良い配役!
>>続きを読む

ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-(2016年製作の映画)

4.0

綺麗事じゃない、彼らの想いを聞いて本当にハッとした。

2011年以降今も続くシリア内戦。その勢力はシリア軍やISISなど幾つもの武力衝突で日々激化している。
「ホワイト・ヘルメット」とは、常に中立で
>>続きを読む

デビル(2011年製作の映画)

2.6

シャマラン原案と聞き!
エレベーター系って凄い期待しちゃっていつも期待を超えてこない(ノ_<)
結局こういうことか〜と整理すると、随分内容が薄い。ほぼほぼパッケージ情報の通り。
サクッとみれるのは◎
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

余韻がヤバイ。
人が多いところで観た後、気持ち悪くて吐きそうで、挙動不審になりました(笑)

中盤のショーがすごく綺麗で釘付けになる。田舎娘にも、唯一無二の存在にも成れるエル・ファニングの表情づくりが
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.2

超アクロバティックなゾンビに驚き、所々の登場人物たちのアホさに笑える映画。
進撃の巨人とかバイオハザードを匂わせるような、まさにお金を使ったゾンビ映画だけど、、これがそんなに売れたのかと思ってしまった
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.6

「秘密の情事部屋に、全裸死体。」
親しい5人の男たちが、ある目的の為に借りていた高層マンションの素敵な一室。突如として現れた女の全裸死体、一体誰が何のために。次々と浮かび上がるそれぞれのプライバシー。
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.5

大好きクリスチャン・ベールの、人知を超えた冷血無敵の聖職者。
人間の感情を抑制する薬に支配されて、感情を失くした世界は平和だけど、それが人々の幸せ?私たちの生きる意味とは?

ガンアクションが爽快でか
>>続きを読む

ステイ(2005年製作の映画)

3.0

いくら考えても目に映る難解な映像に翻弄されて、ラストは、えっ?!となるばかり。全く想像がつかない。
2度目を見終えてから、やっとエンドロールを楽しめる気がする。

ユアン・マクレガー、医師役が似合うな
>>続きを読む

探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016年製作の映画)

2.5

深夜ドラマのスピンオフみたい。
伏線はたくさんあるけど、新しい事実がポンポン出てくるので観客は最後まで頑張っても分からない、気がする。
ぼんやり観れる刑事ドラマ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

セブに完全に乗っ取られた、心を。苦しいほどに。
チャゼル監督の前作「セッション」と同様、絶対に映画館で観るべき映画。映像はとても陽気で華やかなのに、心地良くてしっとりと落ち着ける。

企画当初は、エマ
>>続きを読む

>|