kaomatsuさんの映画レビュー・感想・評価

kaomatsu

kaomatsu

・第一次産業に携わる人々の暮らしや、地域社会に根差した面白い作品をご存じでしたら、ぜひご紹介いただけると嬉しいです。

・人名には「さん」「氏」を付けたり、何も付けなかったり(敬称略)。

・「感想以上、批評未満」のスタンスで書いています。

映画(106)
ドラマ(1)

牝犬(1951年製作の映画)

3.5

堀江(志村喬)は、真面目で融通の利かない生命保険会社の経理部長。病弱の妻(北林谷栄)と一人娘の由記子(久我美子)の家族三人で、平和に暮らしていた。ある日、堀江の部下が会社の金をキャバレー通いに使い込ん>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.5

一昨年前のある日、日頃よく使う、とある駅の看板を見ると名前が変わっていてビックリ。駅員さんに聞いてみると、映画撮影のため、一時的に福島県の架空の駅名に変えられたとのこと。その駅名「鯉津真(こいづま)駅>>続きを読む

河内山宗俊(1936年製作の映画)

4.0

時代劇でありながら、勧善懲悪とはまったく無縁で、ヒーローものでもなく、主君への忠義を果たす仁義ものでもなく…そうしたありがちなストーリーテリングを一切否定し、何の見返りも求めずに、ただただ可憐な乙女と>>続きを読む

スライ・ストーン(2015年製作の映画)

3.5

1960年代の前半、それまでゴスペルやR&Bを歌っていたジェームズ・ブラウンによってもたらされたファンクという16ビートのグルーヴィーな音楽が、公民権運動とも結び付いた、黒人による黒人のための音楽だっ>>続きを読む

美しき冒険旅行(1971年製作の映画)

4.5

シドニーの街並みを足早に行き交う都会人。学校で発声練習をする女子生徒たち。裕福そうだが異様に無機質な家族。バックでビヨーンビヨーンと絶え間なく響く、アボリジニの民族管楽器ディジュリドゥの不気味な音。そ>>続きを読む

ジプシーのとき(1989年製作の映画)

4.0

穢れのない純真無垢な若者が、権謀術数が渦巻くダーティな大人の世界に染まっていく話は『ゴッドファーザー』をはじめ数多いけれど、この作品が独特なのは、ジプシー(ロマ)の家族や、その生活をかなり克明に描いて>>続きを読む

アメリカの友人(1977年製作の映画)

4.5

フォローさせていただいている方のオールタイム・ベスト作品についてレビューするのはとても緊張するが、いつかは必ず書きたいと思っていた。遡ること25年ほど前、東京の三軒茶屋界隈に住んでいた私は、当時として>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.5

この映画の公開初日、私は都内へ、敬愛するファンク・R&B系ピアニスト/キーボーディスト/作編曲家の森俊之さんが出演したライヴを聴きに行っていた。MCのとき、前作『蜜のあわれ』に続く2度目の映画音楽担当>>続きを読む

日本の悲劇(1953年製作の映画)

4.0

とにかく綺麗事では済まされない映画だ。

戦後間もなく、母と子(姉弟)が歩む、それぞれの人生。母(望月優子)は可愛い子供二人に近付こうとすればするほど、子はそれを鬱陶しく思い、母との距離を取ろうとする
>>続きを読む

スーパーフライ(1972年製作の映画)

2.5

カーティス・メイフィールドの気だるく官能的なファンキー・ソウルが全編を覆う、70年代ブラック・ムービーの異色作。

ニューヨークのハーレムで、主人公の麻薬ディーラーが、一世一代の大仕事を仕掛け、成功し
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フォローさせていただいている方からのオススメと、心なしか、こんな映画が観たいという気分も手伝って、普段はほとんど観ない恋愛映画を鑑賞。思いのほか、胸にキュンキュン響いてしまった。

事故で四肢麻痺とな
>>続きを読む

サンタ・サングレ/聖なる血(1989年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

夫の情事を発見したことがきっかけで、夫に両腕を根元から切断された妻のコンチャと、両腕を失ったコンチャを支えるべく、自らの爪にマニキュアを塗り、後ろから袖を通して、文字通り母の手になる息子フェニックス。>>続きを読む

おい等のスキー(1930年製作の映画)

-

私のフォロワーさんが、さらにその方のフォロワーさんのレビューで知って感想をアップされたとのことで、私も便乗してさっそく鑑賞。1930年製作の、9分間のアニメだ。2羽のウサギと1匹のタヌキの、楽しいスキ>>続きを読む

女はそれを我慢できない(1956年製作の映画)

3.8

遊び心満載のオープニングに続いて、リトル・リチャードが強烈にシャウトするタイトル曲「The Girl Can't Help It」で幕を開ける、ロカビリー全盛期の究極のロックンロール・コメディ映画。>>続きを読む

悲愁物語(1977年製作の映画)

3.5

梶原一騎原作、鈴木清順監督による、かなりセンセーショナルでトンデモな、スポ根+お色気+禁断の恋+ストーカー+業界批判モノ(?)。

競合他社の専属タレント人気に対抗するため、プロゴルファーの桜庭れい子
>>続きを読む

永遠のモータウン(2002年製作の映画)

4.5

例えばメンフィスのスタックス・レコードならば、ブッカー・T&ザ・MG'sという専属バンドがいて、オーティス・レディングヤウィルソン・ピケットをはじめ名だたるビッグ・アーティストたちの数々の歴史的録音を>>続きを読む

ワッツタックス/スタックス・コンサート(1972年製作の映画)

4.0

1965年に米カリフォルニア州ワッツ市で起きた暴動事件、いわゆるワッツ暴動のメモリアルとして、事件の7年後に開催された、スタックス・レーベル専属アーティストたちによるライヴ・ドキュメント映画。

非常
>>続きを読む

オーケストラ・リハーサル(1978年製作の映画)

4.0

あるオーケストラ楽団のリハーサル風景を取材した、真面目なドキュメンタリーかと思いきや、その実は狂騒の集団カオス・モキュメンタリー映画。

導入部分はいたって真面目。イタリアのある教会にて、楽団員たちの
>>続きを読む

JIMI HENDRIX ジミ・ヘンドリックス(1973年製作の映画)

3.5

ジミ・ヘンドリックスが世界最高のロック・ギタリストであるという認識が、ほぼ世界共通のものとなって久しい。死後もいまだに多くのアルバムが発売され、音楽関係者や評論家、その他文化人らによって語り尽くされ、>>続きを読む

赤線地帯(1956年製作の映画)

4.0

昭和32年に施行された売春禁止法成立の前夜。吉原にある一娼家「夢の里」で働く5人の娼婦(やすみ(若尾文子)、より江(町田博子)、ゆめ子(三益愛子)、ハナエ(木暮実千代)、ミッキー(京マチ子))の、それ>>続きを読む

妻の心(1956年製作の映画)

4.0

東京近郊の地方都市で、慎二(小林圭樹)と喜代子(高峰秀子)夫妻が経営する老舗の薬屋は、新しい時代の波に押されて経営難に。二人は敷地に喫茶店をつくって、再出発することを計画するが、その矢先、薬屋を継がず>>続きを読む

放浪記(1962年製作の映画)

4.5

過去に何度も映画化・ドラマ化・舞台化された、言わずと知れた林芙美子原作による不朽の自伝的小説の、1962年映画化版。東宝創立30周年記念として製作された本作は、林芙美子の原作小説に加えて、菊田一夫の同>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.0

10年以上前、ある親しい共通の知人を介して、某映画監督と知り合った。今夏、その監督の最新作が東京で1週間限定公開が決定というニュースを聞いて、とても喜ばしく思いつつ、監督じきじきのオススメ映画リストの>>続きを読む

リメインズ 美しき勇者たち(1990年製作の映画)

3.0

記録文学の大家・吉村昭氏の著作となる1977年の『熊嵐』は、1915年に北海道の三毛別村で実際に起きた、日本史上最悪の獣害事件といわれる「三毛別羆事件」を題材にした小説だ。女性の味を占め、しかもお腹に>>続きを読む

火まつり(1985年製作の映画)

4.0

神話的な世界を舞台にした日本映画の中でも、殊に印象的なのが、作家・中上健次が脚本を担当した、柳町光男監督による本作。1976年、小説「岬」で芥川賞を受賞した作家・中上健次が、この映画のために実際の事件>>続きを読む

秘密と嘘(1996年製作の映画)

4.5

愛情や信頼、嫉妬、羨望、軽蔑、依存、寛容…ある重大な「秘密と嘘」があからさまになることで表面化する家族の機微を描いた、マイク・リー監督の傑作。昔観たときは、やたら地味ながら観ごたえのある人間ドラマだな>>続きを読む

裸の島(1960年製作の映画)

5.0

先日観たタル・ベーラ監督『ニーチェの馬』が、マイ・オールタイム・ベストの一本である新藤兼人監督の『裸の島』と意外な共通点をもっていたことは、『ニーチェの馬』のレビューで少し触れた。タル・ベーラ監督が、>>続きを読む

ニーチェの馬(2011年製作の映画)

4.5

上映から7年間、ずっと気になっていたものの、観るのを後回しにしていた作品をようやく鑑賞。1889年、イタリアのトリノの広場で鞭打たれる馬を見て、精神を病んでしまった哲学者フリードリッヒ・ニーチェの逸話>>続きを読む

吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」(2017年製作の映画)

3.0

吉田類さんが大好きで、ここ10年くらいずっと、BSの「吉田類の酒場放浪記」を見続けている。放映されるのは毎月曜21時~なので、仕事が早く終わったら家路を急ぎ、番組中で類さんが訪れる四軒の居酒屋のうち一>>続きを読む

レッド、ホワイト&ブルース(2003年製作の映画)

4.0

少し前、エリック・クラプトンが聴力障害に苦しんでいるというニュースを耳にした。さらには末梢神経障害とも闘いながら、この先も現役を続行するというクラプトンの強い意志には、本当に畏敬の念しかない。19世紀>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

仕事から帰ってボーッとBSを観ていたら、何気に今後のマイ・オールタイム・ベストの一本になり得るほど素晴らしい映画に、遅まきながら出合ってしまったようだ。多くのフォロワーさんが絶賛していて、かねてから気>>続きを読む

ビルとテッドの大冒険(1989年製作の映画)

3.5

歴史の授業で落第を避けるため、二人の落ちこぼれ高校生ビルとテッドが、電話ボックス型タイムマシンに乗って時空を旅しながら、ナポレオンやベートーベン、ソクラテス、ジャンヌ・ダルクらを現代にぞろぞろ連れてき>>続きを読む

家族の味見(1976年製作の映画)

4.0


この作品も、私のイチバンのツボである地域映画のひとつかもしれない。

小さな町のパティスリーの、何でもない一日。店のシャッターを開けると、リタイア後に暇を持て余しているようなじいさんたちがぞろぞろと
>>続きを読む

ビンゴ(2012年製作の映画)

2.0

縁故や血縁がすべてではなく、心のつながりを優先したいと考える私でも、そう遠くない親戚が映画やドラマに出演したとなれば、まずはその活躍ぶりを見ておきたくなる。この映画も、そんな単純な理由だけで観てしまっ>>続きを読む

午後の遺言状(1995年製作の映画)

4.5

たゆたうシュールな浮遊感と、オフビートな笑い。老いをテーマにしたという割には、みなさん言ってることやってること、アグレッシブ過ぎて十分お若いじゃないの、とツッコミを入れたくなる、新藤兼人監督の後期にお>>続きを読む

泡立つ青春(1934年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実に愉快な、1934(昭和9)年製作のプロモーション用映画だ。

主人公(?)が友人と都市対抗野球を観戦している。負けたほうのチームを応援していた友人をなだめつつ、銀座の老舗ビヤホール(現在の銀座ライ
>>続きを読む

>|