りさんの映画レビュー・感想・評価

り

記録用です。

映画(113)
ドラマ(6)

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

安藤サクラさんが泣いた瞬間、自然とわたしも涙が溢れてました。声を荒げることも、反論することもなく、ただただ悔しく泣いてしまう姿は本当に素敵でずっと観ていたいと思いました。家族全員のそれぞれの事情と背景>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.3

田舎暮らしの人の人生をほんの少し切り取った、そんな普通にありそうな物語なのに山田孝之が演じると意味ありげに見えてしまう…なんて言っても、「間」の取り方が素敵で見入ってしまいました。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.5

全部を通して泣けるんだけど特に松重さんの所は号泣でした。いつも映画を観た後予告を見て答え合わせをするのが好きなんですがこの映画に関しては予告観ちゃうと感動が薄れちゃう気がしました。キャストも豪華で演技>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

サメ映画は初めて観たけどフラグ立てすぎては…?と思うことが多かった。この後きっとこうなるんだろうなって思うとその通りになることが多くて予想よりびっくりしなかった。当然観た日の夢は海で泳ぐ夢でした。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.0

所々ツッコミして笑いながら観られる映画でした。前作の時も思ったけどこういう海外!女!友情!青春!ハッピー!って映画は観ててほっこりする。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

泣きました。みんなすごく心が強くて優しくて真っ直ぐで浄化されました。特にお姉ちゃん目線の弟への嫉妬や愛情の描写が素敵だった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.2

原作が好きすぎてなかなか観る勇気がなかった映画。期待を(いい意味で)裏切られました。兎に角登場人物みんな可愛い。おじさんも女子高生もみんな可愛い。

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

4.0

正直、名前も聞いたことなければ新宿駅に掲示板があったことすら知らなかった年代ですがとっても面白く、楽しめました。リアルタイムで観ていて、関係性や物語を知っていたらこの100倍は入り込めたのかな〜

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

4.2

どうしようもないけど可愛くて愛される主人公と、それを厳しくとも優しく見守る周りの人たちの素敵な話でした。その理由で、そうしたのか…と辻褄があったとき、主人公の健気な優しさに泣きそうになりました。

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

原作を見ないまま鑑賞。興奮し過ぎて大声出しながら観ました。楽しかったです☺️🌸私の口座も指先1つで100万円にならないかなあ…

最強のふたり(2011年製作の映画)

5.0

観終わった後にこれが実話を元にした映画だと知り、尚更感動した。強い絆と信頼し合える関係が羨ましくなるくらい素敵な2人でした。本当に 最強のふたり !

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.2

まだ小学生のころに映画館で観た記憶。当時はすごく笑えて楽しくて純粋に面白かったのに、14年経つとそこまで笑えず、捉え方も変わっていた。キャストが豪華でどんどんストーリーが展開するからまた年月が経ったら>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.2

濡れ場が多かったけど阿部寛が演じると何とも絵になって素敵だった。キャストが豪華なだけに何だか勿体無い感も否めない…

ぱいかじ南海作戦(2012年製作の映画)

3.2

のほほーんと、何も考えずに観ることが出来た。最後のオチは未だに ??? よく分からないけど阿部サダヲが笑顔で幸せそうだったからそれで良し。沖縄行きたくなった〜…

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.4

当時映画館で観たけどもう一度観たくなって鑑賞。恐竜が今いたらどうする?とか、ここで襲われたら確実に死ぬ、など非日常の世界観を話しながら観るのも楽しかった。映画館で観たときの迫力が凄かったんだなあとしみ>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.2

ラストに向かうに当たって「なるほど〜」と連呼してしまうくらい伏線回収が気持ち良かった。愛の形が歪んでいてもすごく深くて綺麗で切なかった…( ; _ ; )

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.0

ミュージカル映画が苦手なので克服するために観てみました。やっぱり途中で笑ってしまうけど観ていて楽しいし気分が上がりました。

想いのこし(2014年製作の映画)

3.0

突然死んでしまったら周りの人はどう思うのかなあって考えさせられる映画でした。亡くなった人がこんなに大事にされていたならもっと泣き喚いても良かったのにみんなすごく淡々としている描写でびっくりした

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

2019年最初の映画。公開年を見ると自分の生まれた年だった。24年経った今、初めて観ました。ラスト20分の伏線回収が気持ち良かった。全く予想してなかった結末に驚いたのと同時に心の底から感動しました。観>>続きを読む

青空エール(2016年製作の映画)

3.5

観ててむず痒くなったのは、自分が大人になったからなのかなあ…高校生の時に観ていたらきっと感動したのかな?なんて思いました。部活 仲間 演奏の描写、素敵でした。

アース(2007年製作の映画)

4.0

ただただ、圧巻。感動。海は広いし大きすぎる。人間って小さすぎない?ってなる。サメを乱獲するシーンは何度見ても胸が痛い。弱肉強食だと分かっていても生き物全部に命があってそれを頂いてる身だということを改め>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

2.5

オススメしてくれた人が「原作を知らないなら期待値も上がらず楽しめるよ」というので観てみました。原作を知らないので期待値も上がらず楽しめました。でも、やっぱりゴキブリは気持ち悪い。大きくても小さくても気>>続きを読む

クローズZERO(2007年製作の映画)

3.1

今日から俺は!の喧嘩シーンでも嫌になるくらい喧嘩暴力が嫌いなのに半ば強制的に見せられ、やはり嫌な気持ちになりました。ですがみんなが真っ直ぐ前を向いていて仲間を大切にしているところはホッコリ。歌のシーン>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

4.4

ギズモがめちゃくちゃ可愛かった。びっくりするほど可愛くて、観終わった後に ギズモ ぬいぐるみ でアマゾンを漁ってる自分がいました。怖いシーンもあったけど、最後まで観られました。ペットのワンちゃんがギズ>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.0

今更ながら初めて観ました。結果みんなハッピーエンドで、心温まる映画でした。家が広くて綺麗で家具もレイアウトも可愛くて違う点でも楽しめました。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.8

前作も面白かったけど新作も変わらず楽しめました。ああ〜この名前、うん!あ〜なるほどね。って思うこともあれば(語彙力)素敵な作品だったので大満足です!

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

撒かれた伏線を回収する流れが気持ちよかった。なるほどなあ。なるほど、なるほど…と呟きながら見ました。人は育った環境で性格も歪んでしまうし誰が悪いとは一概に言えないのかなあ…難しい。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.1

なおちゃんの素直さが眩しかった。漫画も読んで映画館でも観たけど思い出してもう一度鑑賞。どうなるかオチが分かっていても観ていて楽しく面白かった。

悪の教典(2012年製作の映画)

2.9

前に観て、怖かったという感想だけ残っていてもう一度。やっぱり怖かった。なんというか不気味。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

菅田将暉始め、キャストが役にハマっていてトントンと進むストーリーが気持ち良かった。テンポが良く熱量が凄い。原作を知らなくても楽しめました。最後のシーンは思わずにやっとしてしまった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

観終わった後、観てよかった〜って何回も口から溢れるくらい好きな映画でした。吹き替えで観たけど字幕でもう一回観たい。何で?!ってツッコミ入れながらも伏線回収して気持ち良かった。こういうストーリー考えられ>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

非現実的なことが当たり前に起こるところが面白かった。CGが昔ながらでバレバレなところも味があったし、息を飲んだり笑ったり楽しめる映画でした。

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

3.5

二朗ちゃん、やっぱり大好き。落語の物語を知らずに観たからオチが最後まで分からず楽しめました。

婚前特急(2011年製作の映画)

3.0

理想ばかり追って相手を見つけるよりも自分が素で居られる相手と一緒になるのが一番幸せなんだろうなあ難しい

片桐はいり4倍速(2009年製作の映画)

3.0

片桐はいりさんって、何をしても様になるし美味しいし痛いし絵になるし、素敵な人だなあとしみじみ。シュールな時間が流れて見ているこっちが目を覆う笑いが生まれるのは凄いと思う。1話で観るの辞めたけどここのレ>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

4.3

最後にどうなるの?どうなるの?と思いながらハラハラドキドキしました。最後は思わず感動して泣いてしまう場面も…こういった、変わらない女の人の強い友情と海外ならでは?の口調、たまに洋画を見ると良いなあと思>>続きを読む

>|