ちえぞうさんの映画レビュー・感想・評価

ちえぞう

ちえぞう

映画(42)
ドラマ(0)

原始のマン(1992年製作の映画)

3.5

小学生でも楽しめるヒューマン・コメディー!
ボーっとしながらフツーに楽しめて良き♪
最後はサービスカットみたいになっててショーンファンとしては〔監督アリガト〜っ〕て感じ。
何回見たことか…っ(笑)

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.8

実在する「アナベル」と名付けられたお人形さんが何故呪いの人形になったかーというお話しだが、お人形さんが本当にあるってだけで、内容はおそらく想像(若しくは憶測)。
このエピソードが本当なら人の想い、そし
>>続きを読む

ヴィドック(2001年製作の映画)

3.3

昔見たとき、面白かったー!…という印象がなく、DVDを持っているので、もう一度見直した。
初見のときは実在する探偵さんのお話というのが強かったので、捜査の技術や手法、アイディアがみれると期待して鑑賞し
>>続きを読む

倫敦(ロンドン)から来た男(2007年製作の映画)

3.7

ストーリーは眠くなる。
が、奥さん役の女優さんがスゴい!
そしてそれを撮るカメラがスゴい!
登場人物の内側もちゃんと映していると思えた作品。

マグノリア(1999年製作の映画)

3.3

確か、奥の深い作品だと思った。
でも、あまりそれを感じさせないセンスだったような覚えが…

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.0

当時、ミュージカル映画ってあまり好きでなかったが、ユアン・マクレガーも好きだったので観てドハマり。
ニコール・キッドマンの印象も180℃変わる。
唯一のオリジナルソングCOME WHAT MAYも名曲
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.8

わかっちゃいたけど号泣。
ティムさんだと違和感なくなるのが不思議。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

おもしろい…と言ってはいけないのかも知れんが、おもしろい。

ある意味、カルチャーショックを受ける作品だった。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.0

う〜ん。
そうなんだけど、
そうなんだけど、
恋愛に傾倒しすぎなところがあまり…

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

初めて見たのはテレビで。
それからビデオ…DVD
みんなでよる、懐中電灯で遊んだのも思い出。

プラトーン(1986年製作の映画)

3.8

闘う男たち!
葛藤する男たち。
主題曲が胸に残る。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.5

ショーン・アスティンが好きなので、恋愛映画だけど観てみた。
一途ってステキだなと、思った。
そして何よりドリュー・バリモアがキュートすぎる♡

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.5

恋愛はほぼ見ないが、なんとなく鑑賞。
構成が面白かった。

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ(1998年製作の映画)

4.5

この映画を観て、エミリー・ワトソンさんが好きになりました♡
演奏シーンは圧巻!

何度も観れます!

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃクレイジー…。
が、実在するから怖い…。
バーナーで豪快にロウソクに火をつけるシーンが今も忘れられん…。

地獄のモーテル(1980年製作の映画)

3.5

子供の時に見て、細かいところを覚えていないので、もう一度見たい作品!
架空の話かと思いきや、コレに似た事件は起こっているんやな〜。

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所(2012年製作の映画)

3.2

音響制作の過程が見れて、そこは楽しい。
そこにホラー要素を重ねるところは斬新だとも思った。
恐らく今の作り方とは違うと思うが、音響に関わる人には見ていただきたい。

ドレス(1996年製作の映画)

2.8

あー、コレも観た!
めちゃくちゃシュールやったな。
もう一回見てみたい。

うろ覚えなので評価は低め。すんません。

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.3

今思えば、まぁまぁの作品を映画館で見てたんだなぁと…。

後にマイケル・ケインさんの『映画の演技』という本はオイラのバイブルに。現在後輩に貸し出し中。

喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962年製作の映画)

3.5

この時代から高齢化問題!
この時代だからこその表現?

「喜劇」とタイトルについているが、全く喜劇にみえない。が、女優さんの力で喜劇になっている。
「いずれアンタもジジイになんだよ」
全くその通りです
>>続きを読む

>|