カリボミタホフさんの映画レビュー・感想・評価

カリボミタホフ

カリボミタホフ

映画(124)
ドラマ(0)
  • 124Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ネッド・ライフル(2014年製作の映画)

3.5

三部作の二作目が最高だったので、続けてこの三作目も観たが、二作目が一番面白かった。

映画のない映画祭(2015年製作の映画)

3.0

登場人物の名前が漢字で分かりにくくて、途中で寝てしまった。昨年の山形で観れなかったので観たかった作品だったが、期待し過ぎたのかも…。

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.0

疲れていたのか途中で居眠りしてしまい、気がついたら半分くらい終わっていた。

それから(2017年製作の映画)

4.2

今回は映画監督では無くて出版社の社長の不倫がテーマだったが、面白かった。

フェイ・グリム(2006年製作の映画)

4.5

面白かった!
「ヘンリー・フール」の続編という事だが、全く違うテイストで、テーマは国際問題。設定は難しいけれど、国際情勢など知らなくても十分楽しめる作品だった。何でこれまで公開されなかったのか不思議な
>>続きを読む

ヘンリー・フール(1997年製作の映画)

3.5

多分「フラート」とかと一緒にシネヴィヴァンか何処かで観たと思うけれど、内容は全く忘れていた。コメディってあったけれど、本当にそうだった。

羊の木(2018年製作の映画)

3.2

優香が最初からエロい感じで、口紅の色とか、あんまり見ない位の赤で目に付いた。
錦戸君は、正直イマイチで残念。

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

3.5

昨年の山形では観れなかった作品だったため、劇場公開は嬉しい限り。
予備知識は全く無かったが、観やすかった。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.8

予備知識無く観に行ったので、ラストには驚いた。あんな感じで終わるんだって感じだった。父親役の俳優も、始めは悪役っぽい人相なので、すっかり騙されていた。

愛と銃弾(2017年製作の映画)

4.0

イタリア映画祭にて。
ハリウッド映画みたいなドンデン返しがあって、楽しめた。

メイド・イン・イタリー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭にて。
主人公と自身の境遇が重なり思いつまされた。
失業中の昼夜逆転とか時間の有り余る感じとか…。
ラスト、海外への出稼ぎでようやく職を得る感じもジーンとした。

世情(仮題)(2017年製作の映画)

2.5

イタリア映画祭にて
退屈した。映画祭の開会式後の上映だったので期待し過ぎたのかも知れないが…。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

IMAXの3Dで観たが、只々面白かった!
3Dを劇場で観たのは数年ぶりだったが、以前とは比べ物にならない位に観やすくてビックリした。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.5

予告ではパレードやクラブの場面などもあったので、もう少し賑やかな内容かと思っていたが、本編はアクトアップの活動がメインの落ち着いた作品だった。
ただ、ラストだけ、あんなオチがあったなんて意外に感じた。

ひいくんのあるく町(2017年製作の映画)

4.0

優れたドキュメンタリー映画を観る会にて
青柳監督の卒業制作作品だったそうだが、本当に良い作品だった。ひいくんを見守る街の人々の温かさにジーンときた。

夜間もやってる保育園(2017年製作の映画)

3.5

優れたドキュメンタリー映画を観る会にて
夜間保育園って大変。小さな子供が夜中に起こされ、親に連れられて帰る光景も日常になっているなんて知らなかった。

blank13(2017年製作の映画)

3.0

リリーさんが良かった。
オールスターキャストみたいな感じで個性的な出演者が織りなすドラマ。意図したものなのだろうが、ちょっと入り込めなかった。
また、途中で作品タイトルが出てくる処があったが、他の作品
>>続きを読む

サファリ(2016年製作の映画)

3.5

キリンの解体のシーンに驚いた。内臓があんな風に飛び出すなんて!
因みに、劇場では観客が一人きりで、こちらにも驚いた。

苦い銭(2016年製作の映画)

4.0

中国のバイタリティが伝わる。時間は不明だが、夜でもアイロンを掛け続ける作業員がいたり、ざわついている街の騒音が聞こえてきたり…。

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

4.0

普通にドキュメントとして面白かった。
刺繍使いのアイテムが多い理由がインドの刺繍工場に安定的なオーダーを入れるためだと分かり納得した。インドに駐在員を常駐させているなんて中々出来ないと思うが、実行して
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

作品としては良いが、裁判で白人警官が無罪になる展開は、実話を基にしているので変えようがないけれど救いがなさ過ぎたので、このスコアにした。警官役のウィル・ポールターの眉が憎さ100倍。

ハーヴェイ・ミルク(1984年製作の映画)

4.0

日本公開30年で改めて劇場で観る機会があったので、早速、観に行った。夢半ばで亡くなったのは残念だが、マイノリティの政治的な人権確立には、大きな役割を果たしたのだろう。上映前にバラカン氏のトークイベント>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作は未観だが十分楽しめる。オープニングのカーチェイスから引き込まれ、迫力ある映像で飽きさせない。

>|