カリボミタホフさんの映画レビュー・感想・評価

カリボミタホフ

カリボミタホフ

  • 91Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作は未観だが十分楽しめる。オープニングのカーチェイスから引き込まれ、迫力ある映像で飽きさせない。

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

3.8

山形では観る事が出来なかったので、ようやく観る事が出来た。前半、後半では雰囲気が替わり、違う作品みたいだった。

時はどこへ?(2017年製作の映画)

3.5

南アフリカの監督の近未来を舞台にした作品などバラエティもあった。

東京ヴァンパイアホテル 映画版(2017年製作の映画)

4.0

やりすぎ感が楽しい。戦うシーンが少し長くて単調になっていた処が残念。

ファンさん(2017年製作の映画)

4.0

死を間近に控えた老婆を見守る家族。息子や娘らの会話のシーンで、日本の家庭でも同じ様な会話が繰り広げられているなと思った。

相愛相親(2017年製作の映画)

4.0

コメディの要素もあって楽しい。夫役の俳優がいい感じだったがチュアンチュアンという有名な監督だそうだ。

大親父と、小親父と、その他の話(2015年製作の映画)

3.5

16年に大阪で上映され、だげな時間で紹介されていたので是非とも観たかった作品だった。思っていたより分かりやすいストーリーで観やすかった。

ポーカーの果てに(2017年製作の映画)

4.0

ほとんど部屋の中で繰り広げられるストーリーに舞台劇みたいだと思っていたら、元々舞台劇だったそうだ。良く出来ていた。

Of Love & Law(2017年製作の映画)

2.5

少し話題を詰め込み過ぎているように感じた。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

痛快なコメディ。ラストに出て来たヒラリー・スワンクにニヤリとしてしまった。

詩人の恋(2017年製作の映画)

4.5

恋と現実の生活との間で主人公は生活を選ぶ。主演のヤン・イクチュンがいい。日本でも公開して欲しい。

Have a Nice Day(2017年製作の映画)

4.0

とっても面白かった。ストーリー展開も絵もいいので、是非とも劇場公開して欲しい。

隣人たち(2017年製作の映画)

3.5

パレスチナ問題があまり良く分からないまま観たので、分かりにくかった。

マカラ(2017年製作の映画)

3.8

コンゴで木を切って木炭を作り、山盛り自転車に積み市場へ売りに行く青年のドキュメンタリー。ありえない位の木炭を積んだ自転車が道端で倒れてしまったり、市場では値切られたりと過酷なシーンが続く。

スヴェタ(2017年製作の映画)

3.3

カザフスタンの映画って、初めて観たと思う。ストーリーもそうだが、アパートの部屋や食べている食事なども興味深かった。

ペット安楽死請負人(2017年製作の映画)

3.8

後半は襲撃シーンがあったりとハードボイルド調だった。北欧には本当にこんな副業をしている人がいるのか気になった。

大仏⁺(2017年製作の映画)

4.0

TIFFの開催前に台北映画祭でグランプリ受賞を知り慌ててチケットを購入した。
舞台が仏像工房という設定からして面白い。

アケラット-ロヒンギャの祈り(2017年製作の映画)

3.0

ロヒンギャ族を人身売買する仕事に関わることになった少女が主人公の作品。

グレイン(2017年製作の映画)

3.3

ジャン=マルク・バールが主演ということで鑑賞した。SF映画だが現代の社会問題を念頭に置いた設定は上手く作られている。だが、白黒で台詞も少な目な為か途中で居眠りしてしまった。

キープ・ザ・チェンジ(2017年製作の映画)

3.3

ラブコメディだが主人公が障害者だという点が新しかった。

アリフ、ザ・プリン(セ)ス(2017年製作の映画)

3.5

時代劇かと思っていたが、現代が舞台で観やすかった。日本でも人気が出そうな作品。

Four Lions(原題)(2010年製作の映画)

4.0

イスラム人の自爆テロを扱ったブラックコメディ。一般公開は難しいかも知れないが、面白かった。

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.5

だげな時間を聴いて観たくなった。凄いドキュメンタリーだ。

揺れる大地(1948年製作の映画)

4.5

大学時代、梅田で観て以来、いつかまた観たいと思っていた作品。カメラワークや大げさ過ぎるBGM等は時代を感じさせるが、スクリーンで再び観る事が出来るだけで感激した。

>|