かりんりんさんの映画レビュー・感想・評価

かりんりん

かりんりん

札幌市内の高校を卒業し、現在は大阪芸術大学に通っている20歳。
テアトルシネマグループ会員。

映画(111)
ドラマ(5)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

初・別館にて鑑賞。
大きさも程よく、高低差があって結構好きかも。

この作品は全編PC画面で展開されるのですが、決して飽きません。
「パソコンの画面でしょ?」
「二人称視点でしょ?」
って思うじゃん?
>>続きを読む

ニッケルオデオン(1976年製作の映画)

3.5

映像学科の授業(映画産業論)にて鑑賞。

タイトルと同名である、世界で最初の常設映画館が誕生した時代から、映画制作が世の中に広まっていく様子がわかりやすく描かれています。

サイレント時代のコメディ作
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.1

一度見たことあったけど、あらためて大学の図書館で。
「イエスタデイワンスモア」懐かしいような寂しくなるような絶妙な感じ。

今もしオトナ帝国ができたら、私はオトナ側になっちゃうのかな。どうなのかな。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

「何もしないことが、最高の何かにつながる」
という言葉。
予告編や何やらでたくさん見たけれど、本編を通してよくその意味が語られていた。

目の前の忙しさに気をとらわれず、「おつむが小さくても心は大きい
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.5

映像じゃなくても良かったんじゃ?と思ってしまいました。それしか感想が思い浮かばん…

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

全体通してちょ〜〜面白かった!

ピクサー恒例の短編作品、感動ものでさっそく涙。
擬人化した小籠包を通して、家族の関係を描くのが上手い。
文芸学科(大学)の先生が言うのは、こういう表現のことなんだろう
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

今年3月、ゆうばり映画祭の札幌会場をお手伝いしまして。

ゲストにFOXサーチライトの方がいらっしゃり、終わった後ご挨拶させていただいた際に
「これから公開する2本はぜひ観ておいたほうがいいよ」
とオ
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.6

金曜ロードショーにて。

問題発生→解決の流れ、地球→火星と舞台が切り替わる点で退屈せず、またその度に入るCMがいい切り替えになってた。

でもその分 緊張や感情の入りも冷めてしまうので、やっぱり映画
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.9

ふとテレビを流し見していたらハマってしまい、最後まで。
「ピクサーは子供向けでしょ?」なんて少しも思っていないけど、期待以上に面白かった。
15年近く前の映画なんて信じられないし、見終わった後思わず「
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

この映画をみて、言いたいことが3つある。

1つ目は、映像が綺麗なこと。

2つ目は、頭がいいやつ同士の会話は、頭が悪い私が見ると疲れること。

3つ目は、人間そっくりのAIが作られた時、頭の悪い私に
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.5

あの曲はこうやってできたのか!と、映画に詳しくない私でも面白かった。劇中に出てくる作品を知ってる人が見たら、もっと面白いと思う。

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.5

画面の比率を意図して変えるのが面白かった。音楽の話も。難しかったので、これくらいの長さが正解だったかも。

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.6

映像からスキージャンプのスリルを感じられた。着地が成功した時はやったー!って気持ちになっちゃう。

銀魂(2017年製作の映画)

1.0

菜々緒が出てきたシーンで限界がきたので観るのやめました。アニメ・声優さんは偉大。

>|