かりんとさんの映画レビュー・感想・評価

かりんと

かりんと

映画(62)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

3.6

日航機墜落事故の当時を思い出して胸が詰まる思いで鑑賞した。

最初から緊迫感あるシーンで引き込まれ、前のめりで観てしまった。

それぞれの立場の人同士の軋轢も興味深く、原作の良さを感じさせる作品。

死霊館(2013年製作の映画)

3.6

実話。アメリカの悪魔って本当に怖い。
じわじわとくる恐怖ではない。次々と起こる現象、そのスピード感と凄まじさに目が離せず、でも最後は泣いていた。
ただただ怖がらせるだけではない作り方に拍手❗️

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.4

メアリも可愛いしピーターも魅力的。杉咲花ちゃんがとっても良かった。
話が分かりやすく、娯楽作品として楽しく鑑賞できた。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.4

軽快で楽しそうなオープニングに期待したが、あまりにかけ離れた重い話に少し戸惑った。

が、綺麗なアニメーションと結弦のキャラが魅力的で、最終的には感情を揺さぶられる良い作品だった。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.0

死の受け入れ方が分からずに他人の告別式に出続けるイーノックと自分の死を受け入れなければならないアナベル。

純粋な2人が美しい。
加瀬亮が演じるヒロシの役割がとてもいい。

ONE PIECE エピソードオブ空島(2018年製作の映画)

3.3

短縮されていたらしいけど、楽しく鑑賞。やっぱりワンピースは良い❗️

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.9

豪華なキャストが演じる犯罪チーム。
個性的な一人一人がどんな役割で犯罪を成功させていくのかが見応えがあって面白かった❗️
新作もぜひ観たい。

コラテラル(2004年製作の映画)

3.4

トムクルーズ演じる冷酷な殺し屋。トムのイメージから本当はいい人なんじゃないかと思いながら観てしまい、最後まで違和感があった。
ジェイミー・フォックスの運転手は渋くて良かった。

ガタカ(1997年製作の映画)

3.5

普通に産まれた遺伝子は劣性遺伝子と評価され、その後の人生に差別が生じるという21年も前の作品とは思えないしっかりした設定。
結末も良かっただけに、全体の雰囲気が暗かったのが残念だった。

幸せのポートレート(2005年製作の映画)

2.3

クリスマスに連れてきた婚約者が、家族とギクシャクするところから始まる話。

メレディスの良いところが見つからず、結末もカップルが入れ替わってしまうなど簡単にまとめてしまった感があって共感できない作品だ
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

3.9

終始流れるロックミュージックと合わせてヘドウィグの人生が表現されている。

興味のない音楽分野なのに、すごく良かった。
映像も綺麗で魅了された。鑑賞後の気分がなぜか清々しい。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

邦題の可愛さから、最後は気持ちよく感動で涙するのだと思って観ていた。

愛情あふれる2人のもとで過ごしていた時のマルコの笑顔が素晴らしい。

偏見にとりつかれた人達に結末だけたたきつけて終わるラストに
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.7

ただの戦闘ロボットの映画だと思っていたので一作目をちゃんと観ていなかった。

豊富なキャラクターについていけず、息子の解説つきで鑑賞。

ストーリーや設定がしっかりしていて、意外に奥が深い。戦闘シーン
>>続きを読む

マーシャル博士の恐竜ランド(2009年製作の映画)

1.8

バカバカしさ満載。一貫性がない異世界を盛り込みすぎ❗️つっこみながら観たい人にはいいかも。

ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜(2013年製作の映画)

2.7

昔のルパンのつもりで観ると違和感。
子ども向けに作られたルパン三世という感じかな…
途中から、ナウシカっぽいなー?ん?ラピュタなの?
最後にやっといつものルパンを追いかける銭形警部でひと安心。

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

3.2

安っぽいCG、ストーリーもイマイチで観るのをやめようと思った頃から、じわじわと面白さが…
結局最後まで観て、なかなか面白かった❗️という感想。
アニメ作品的な感覚で楽しめた。

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

4.0

魅力的なキャラクターたち、次々と展開する驚愕シーンに観賞後もいつまでも感情を引きずられる。
新たな謎にも目が離せない。
season3が楽しみ❗️

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.2

以前に鑑賞済みだった。
ヒーローになるべき人と真逆の人が存在する、という面白い設定。
個人的にはこういう変わった設定は好きだが、人によって好みが分かれる作品かも。

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.1

わんちゃんとの静かな会話シーンがとても良かった。

優しい気持ちになる作品だが、全体的に印象に残らなかった。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.0

映像の美しさ、主演の2人の美しさ。
芸術的には素晴らしいのかもしれない。

が、ストーリーが分かりづらく、理解することが難しかった。

リヴァー・フェニックスが魅力的で彼の他の作品を観てみたくなった。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

次々と人が殺されて行く作品は好きではないので、本当に殺された訳では無いというのがわかった時点で、嫌悪感が無くなった。

多重人格の犯罪者の話もよくある設定だが、これは面白い表現の仕方だと思った。

>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.4

ドラマの時から観ていた。
いつかこの2人には幸せになってもらいたいと思っていたけど…

途中からの嫌な予感どおり、北野先生が…

蛍が2人の絆になっていることとか、気づかれない指輪のこととか、切ない終
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

4.3

ファインディング・ニモを思い出しながら鑑賞。あのドリーが周りを巻き込んで活躍する話にとっても嬉しくなる❗️

そう、確かにニモを見つけることができたのはドリーらしさのおかげだったんだなー

吹き替えの
>>続きを読む

25年目のキス(1999年製作の映画)

3.4

ドリュー・バリモアが、ダサかわいい女性記者を演じているラブコメ。
潜入した高校での生活が魅力的で楽しい。

ラストは、なんとなくわかっていた結末なのに感動してしまった。

楽しくなる映画❗️

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.7

妻の謎の死からその足跡を追う夫が、真相を知るうちに妻を理解して行く。

妻が成し遂げたかったことを命をかけて夫がやり遂げるが、勝ったのか負けたのか分からない切ない終わり方になった。

アフリカの子供た
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

さすがウィル・スミス。スマートに天才詐欺師を演じている。

集団でのスリをするところが見事で気持ちいい。詐欺が中心の後半は、誰がどこまで嘘をついているのか、何度も騙される感が楽しい。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

この始まりからどうやって展開して行くのかと思ったら、中盤の大どんでん返しに家族みんなで『えーっ❗️』と言ってしまった。
次の展開は予測できたが、終わりまで引き込まれて観ることができた。

レジェンド・オブ・ゾロ(2005年製作の映画)

3.4

マスク・オブ・ゾロの続編。

前作のような壮大さは感じないけれど、美しくたくましい妻エレナとかわいく賢い息子も一緒に活躍するところが見どころ。

気持ちよく楽しめる作品。

ラーメンガール(2008年製作の映画)

2.5

邦画もどきという印象。
前半は興味を持って集中して見ていたが、後半は少し退屈だった。

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.8

観れば絶対面白いことがわかっているONE PIECE!

軽快な音楽から始まり、その中で暴れるルフィたち。期待を裏切らず冒頭からすっかり楽しい気分にさせてくれる。

金ですべてを支配しようとするテゾー
>>続きを読む

きみがくれた未来(2010年製作の映画)

3.7

霊が見える主人公が死んだ弟との約束を守り続け、自分が助かった奇跡の意味を見つけ出すという優しさあふれるヒューマンファンタジー作品。

人の死をテーマにしているのに風景の美しさが作品全体を明るく爽やかに
>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.6

残酷シーンも多かったが、バージニアの美しい景色が怖さを和らげている。

補佐官への憎らしさがピークに達した時に復讐が叶い、よくやった、という気持ちになる。タフな兄弟たちには驚いた。

終わり方もすごく
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.1

どれが真実なのか、誰を信用していいのかわからず、最初からずっと引き込まれてしまった。
驚くような事実がわかったあとは普通の展開。最後にもう一つ恐怖を残して欲しかった。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

良い作品だった❗️

純粋に恋をする若者たちの物語。
白鳥(アヒル?)に囲まれるボートのシーンが美しかった。

ストーリーは予測出来るものではあったけれど、こんな人生を送れたらどんなに幸せだろう。素直
>>続きを読む

ヴァン・ヘルシング(2004年製作の映画)

2.8

モンスターのいる世界が映像で良く表現されていて見応えがあった。
モンスターから人に変わった女性たちが美しい。ただ、ストーリーは少し退屈かも。

レッド・オクトーバーを追え!(1990年製作の映画)

-

最後まで観る事が出来ず断念。
次回、チャンスがあれば観たいと思う。

>|