ちゃむさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃむ

ちゃむ

Eventually, all things merge into one...and a river runs through it.

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

ノンフィクション映画として実にいい出来。創業者レイクロックの、利益のためなら義理と人情を捨てる潔さは見ていて心地よい。またそんなサイコパスな一面だけではなく、マクドナルドを拡大させるための彼独自のアイ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

序盤から謎が多く、終始不穏な展開。終盤になるとそれが解決されるのだが、その後エンドロールが流れるまで一切気を抜けない。個人的に悪魔のいけにえを彷彿とさせる気持ち悪さとハラハラ感だった。低予算でもアイデ>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.9

前作の伏線をしっかり回収。1のキチガイじみた終わり方とは対照的にスッキリと気持ちの良い終わり方。2本建ての映画というのを改めて感じた。
相変わらずのダイナミックかつチープなCGや突然のファンタジー描写
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作が完璧過ぎたのもあるが、続編として素晴らしい出来。アクション、ギャグが増した印象。ただ少しまとまりが悪かったような気もする。ごちゃっとしてる。

マシューボーンありがとう。圧倒的感謝。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

物語前半は茶番。後半からが本編。

ビール飲みながらあれやこれやと言いながら笑える映画。

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.8

スペインらしく硬派で良質なサスペンスムービー。見事に騙された。

告発(1995年製作の映画)

4.1

緊張感、脚本、見せ方。どれも素晴らしいクオリティ。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

韓国映画かつ苦手なゾンビ映画ということで、一抹の不安があったものの、意外に楽しめた。ただここまで評価が高いのは首を傾げる。邦画に比べて全体的にレベルが高いのは流石だなと感じる。ハリウッドリメイクに期待>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

陸海空と3つの時間軸を重ねたノーランの新作。期待が大きかったせいかやや拍子抜けした。それでも常に新しさを与えてくれるノーランには感謝だ。セリフはほとんど無く、あるのは圧倒的な音の洪水と、CGを一切使わ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

ありそうで無かった斬新な映画。車が主軸の映画は溢れかえっているが、本作は車と音楽がメインシャフト。音楽に合わせたエンジン音、タイヤの擦れる音、銃撃音等々見事にマッチングしていて、見て聴いてとても心地よ>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

ライアン・ゴズリングに驚いた。演技力の幅が広すぎる。私生活でも面白いのかなと思わされた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

死闘沖縄戦における衛生兵にまつわる実話映画。プライベートライアンを観た時、あまりの生々しさと臨場感にうろたえたが、ハクソーリッジは完全にそれを上回っていた。正直見終わった後ぐったりとした疲れを感じた。>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

3.8

死刑制度の是非を問う
というテーマの映画ではなく、上質なサスペンスミステリーとして見て欲しい。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.1

マーベル映画史上最もぶっとんでる。と思う。前作よりも面白い。まるでアトラクションにでも乗ってるかのような楽しさがある。個人的に「ヨンドゥの矢」シーンがオシャレ感と爽快感が絶妙にマッチングしてて好き。>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8

漫画や小説の映画化に駄作が多い中、非常に原作に忠実に、それも面白くメディアミックスできた作品であると思う。アジカンの曲もバッチリ決まってた。あっという間で2度とは戻らない学生時代。夜は短し歩けよ乙女。>>続きを読む

>|