しろしたさんの映画レビュー・感想・評価

しろした

しろした

映画(84)
ドラマ(12)

星の子(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ちひろのわかりやすい成長物語ではなく、ちょっとずつちょっとずつ折り重なる違和感とか、それでも家族や宗教を『信じたい』気持ちとか、周りの人たちの色んな方向からの暖かさとか、とにかく画面から感じる温度感が>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.7

今この世にオアシスが存在しないという現実は少し悲しいけど、今現在のリアムにはたくさんの痛みを乗り越えた一人のかっけえ大人としての魅力があるから、私はこれでよかったんじゃないかなと思う

ノエルからオア
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.9

妙に切なくてえらくドラマチックな音楽がとてもツボだった🥺

でも歌ってる内容は割とのんきだしダンスもずっと陽気

内容はまじ世間狭いね〜って感じ

狩りの時間(2020年製作の映画)

3.0

中盤以降の出来事、全部展開同じ、、、💧

DQNウシクはかっこいい😔

くまのプーさん 完全保存版(1977年製作の映画)

3.8

きっと全ての日本人は、いくつになってもこのナレーターの声を聴くと心の緊張がほどけるようにプログラミングされてるにちがいない!🧸

幼稚園ぶりにみたけど、ティガーがなんか憎めなくてかわいかった!

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.7

だんだん意味が分かってきてどんどん面白くなる!ながら見にはあまりにも不向き!

SPACE JAM/スペース・ジャム(1996年製作の映画)

3.5

子供の夢全部詰め込みました!みたいな激愉快映画

なんも中身ないけどなんかたのしい

シンデレラ(1950年製作の映画)

3.3

眠れる森の美女然り50年代のプリンセス物は色使いがビビッドすぎるんでね?て印象

猫がひとっつもかわいげなくてかなしくなる😿

全体的にギャグっぽいタッチで陽気ですねといった感じ

ムーラン(1998年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ムーランの縁談がうまく行かないのは間違いなくコオロギのせい

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.0

話はもうとんでもなくめちゃくちゃにわかりやすいんだけど、あまりの歌のうまさに感動と興奮と幸福度マックスになって涙止まらんかった、、😭😭😭

エンドロールの皆が可愛すぎてそこでまた泣いた😭

ウーピー家
>>続きを読む

魔法の王国/なつかしのディズニー・スタジオ探訪記(1941年製作の映画)

3.8

ずっと見たかった『リラクタント・ドラゴン』がついにDisney DELUXEにきてた🥺

ドラマ仕立てで当時のディズニー本社のお仕事見学、途中から映像がカラーになって合間には未発表のアニメ短編3本をさ
>>続きを読む

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

4.0

魅力がすぎるぜ……

だからこそ最後が悲しかったけど😢雑に言えばジェネレーションギャップなのか? ジュリーもジュリアも一つのことを極めたとても素敵な女性であることに変わりはないよ😢

ドラマ的な、何も
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

みんなガチに役に入り込みすぎてて意外と笑えなかった😅まともな奴ほぼいねえのだもの!!

でもってわかりやすく大鷹にやられてしまうわたし…初めて竹内涼真ちゃんとかっこいいと思った😅

終始笑っていいのか
>>続きを読む

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

3.6

グレムリンが多種多様すぎてキモさ増しまし😅でもその分笑えるシーン多めだった!

個人的にちょっと違うなと思ったのはギズモの顔、、なんか目くりくりすぎでかすぎない?😅 前作のほうが多少ぶさいくさ残ってた
>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

2.3

ドンパチの極みすぎてまじでつかれた……これは本当に完全好みの問題だけど、わたしは全然ハマらなかった…………エイリアン取り締まってるウィルの方が好き🥺

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

初韓国映画!

初見時はエグい描写ってどれくらい?!と怯え緊張しまくっていたのと、映画鑑賞偏差値が低いせいでただただ展開についていくことしかできなかったけど、二回目では、これもう誰が良くて誰が悪いとか
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.6

映画館の大画面にディック・ヴァン・ダイクが登場した瞬間色々こみ上げてウグッ!!となった😢

アニメーションのキャラクター達は60〜70'sのディズニー作品を彷彿とさせるタッチではちゃめちゃにかわい
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

岡村ちゃんの使い方大正解すぎてまじで爆笑!
ラブだよ靖幸

初期衝動を扱っているのに、時間の流れはずっとのんびりしてて多幸感に溢れていて、みんな学生独特のかわいらしさがあって、そして妙にずっと可笑しか
>>続きを読む

セサミ・ストリートへ愛を込めて ~エルモに命を吹き込んだ人形師(2011年製作の映画)

4.0

愛と愛と愛で成り立っているすばらしい話だった💌😭
ケビンのその後を思うとなんとも複雑な気持ちにはなるけど、、

そして、マペティアという職業の、想像以上の"職人の世界"っぷりに圧倒された
わたしもあ
>>続きを読む

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

3.8

プリンセスと音楽の美しさが個人的にぶっちぎり!

3人の妖精がずっとちょこちょこしててとてもかわいかったです

ところどころ、50年代のディズニー!て感じのビビッドな色使いなのがちょっと好きじゃないけ
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.3

ライバルのいじわるなお母さんまでもがめちゃくそに歌が上手くて憎さ倍増だった💢💢💢ポップだけど人種問題がバリバリに盛り込まれているので中学生とかのうちに授業で皆で見るのがいいと思います 大人になってから>>続きを読む

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

3.6

こういう、作ってる側の本気さが見え隠れしてる系のくだらないやつだいすき!!
下ネタだらけなのに不快にならない絶妙なバランスで成り立ってる、ド平和な映画です💐

松ケンの走り方がやばいけど、クラウザーさ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

小学生の頃に父と姉と東宝特撮怪獣モノをそこそこ観ていたこともあってバトルシーンに燃えた!エンディングも日本的要素が盛り込まれていて非常に見ごたえありですかっこいいです燃えます!でもあとは眠い眠い眠いの>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.8

ギズモがたまにすっごいブサイクになってる瞬間があってウケる

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.0

おんがくは楽しいのがいちばん!! 
シスター達がみんなかわいくてとってもラブい

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.1

ゴジラ並に焦らされるディカプリオの登場シーンと、めちゃくちゃかっこいいー!と思って聴き入ってたら突然現代パリピミュージックでぶち壊してくる劇中音楽

>|