plimさんの映画レビュー・感想・評価

plim

plim

映画(28)
ドラマ(0)

めまい(1958年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

撮影技法や、音楽の素晴らしさはもちろん。ストーリーがシンプルで面白い!

映画史に残る名作がこんなにも分かりやすく、
かつ、異常とまでも言える偏愛の恐怖を描き、
終盤の盛り上がりと、
ラストの展開のテ
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

5.0

この疾走感がたまらなく好き!
最高!!と何回言ったか!

音楽の使い方と撮り方が、
カッコいいしオシャレで無駄な瞬間がない。
こんな生活嫌だし、
最低な仲間と最低な事しかやって来なかった少年時代から2
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

4.5

ニコラスケイジの歌がロマンチックでめっちゃ良かった。

彼らは交通事故に2回遭遇している。
それは、彼らは殺される対象で危機的状況にも関わらず、運命によって不運から免れている事が分かる。
オズの魔法使
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

時系列がバラバラというより、
メビウスの輪のように一周したニュアンスなんだろうか。
伏線を張るだけ張り、回収せずに終わるのにも関わらず、こんなにも面白いか。

ミステリーマンの圧倒的な存在感と、
序盤
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

緻密な構成と壮大なストーリー。
社会派ホラーの傑作。

様々な伏線やメタファーを織り混ぜ、スリリングな要素と、余韻の残る怖さ、そして、不気味なウサギたちが、より一層深みのある怖さを植え付ける。

同じ
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

4.4

妄想なのか現実なのか。
ひとりの女性がストーカー被害で相談した施設で監禁される事になる。
その施設にはストーカーの男が働いていた。
主人公に妄想癖があると言えばつじつまが合うし、
現実でもつじつまが合
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

5.0

スター・ウォーズのROGUE ONEの様な素晴らしいラスト。
希望の為に命を懸けた人々の応戦は胸が苦しくなる。彼らがいたから国は救われたし、結果として多くの命を助けたのではないだろうか。
犠牲ではなく
>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

不思議な映画だった。
人の死がテーマにも関わらず、
ペネロペの情熱的で美しい演技が、
POPに昇華している。

序盤から張り巡らされた伏線。
当たり前の様に、隠蔽しようと画策し、何事もなかったようにレ
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

4.6

最高。怖すぎて笑っちゃうレベル。
子供の頃に観てたら3日は寝れないな。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.8

渋くてカッコいい。色気の暴力。
007のリアル版。

原作者が元スパイという事で無駄のない緻密で複雑なストーリー。

エリート集団であるサーカスでさえ、愛に惑わされると判断が鈍ってしまう。
完璧と思え
>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

4.3

完全にタイトルに騙された。
もっといかれたサイコキラーが出てくると。
残酷なシーンはほぼないが、確かに異常ではある。

冒頭で妻が死んでしまうシーンから始まり、主人公は見知らぬ施設にワープしてしまう。
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

5.0

前半と後半で感情移入する人物が変わる映画は初めて。

天才形成外科医のロベルは、妻を失なった。
その現実を受け入れられず、人形のような空虚の妻を作り上げる。
偏愛の物語。

そんな感じだと思ったら、全
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.8

宗教的で圧倒的な画力!
映画史上一番のかっこ良いシャワーシーンと、ラストカット。
本物の美と偽りの美。
女性が求める容姿をもつ主人公が、
天使から悪魔へと変わってゆく。
周りも巻き込み、堕天使たちが牙
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

5.0

圧巻。
展開予測出来ないです。
神話のような芸術作品。
常にクラシックが流れ、構図や、カメラワーク、スローモーションなどの演出でルネサンス絵画を想わせる。

突如来る衝撃的なシーンの連続に揺さぶられ、
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

5.0

完璧。
カメラワーク、演出、キャスト、音楽全て好き!!!
ヘロイン中毒の主人公。
友人も悪いやつばっかり。
しかし、
反社会的な人間にも関わらず、友人関係は大切にする主人公のラストの選択に感動する。
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

5.0

素晴らしい!!!
伝説の未完映画『DUNE』のドキュメンタリー。

エイリアンやブレードランナーに影響を与え、
もし、公開されていたら、
2001年宇宙の旅を超える史上最高のSF映画になっていた。
>>続きを読む

プロディッジー(2019年製作の映画)

4.4

こりゃおもろい!
殺人鬼が少年を乗っ取る映画。
子供だからこそ油断するし、信用する。
そこを利用する頭脳明晰な殺人鬼。
母は子供を愛するが故に衝撃の展開になっていく。

子供がやばくなって、精神科の先
>>続きを読む

モールス(2010年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画でもかなり好きな作品。

倫理観を選ぶか、恋心を選ぶか。
12歳という思春期だからこそ、孤独な二人だからこそ引かれあうのが純粋で美しい。

ヴァンパイアは、
入っても良い?と聞く事がルールと
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.5

セクシーでかっこよくて、最高。笑
敵目線になると急にホラーっぽくなる演出や、必要以上なバイオレンスがストレスを吹き飛ばす。
人間をショットガンで撃つ映画は最高。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.8

凄い良かった。
田舎ながらの広大な自然の中だからこそ、
弟を失なった家族の人間関係の崩れが強調される。

そこに飲み込まれる主人公。
自尊心と親切心の揺らぎが、
心を壊していく様が切なくやるせない。
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

4.5

平面的なセットに浮き彫りになる人間の道徳心。

この町にはあまりに美しすぎるグレース。
汚れた欲求を自動的に引き出された町の人たち。
生活出来る最低限の文化が、
人間の本質的な悪を表面化し、
残酷な描
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

4.9

なんちゅー映画だ。
レフン監督のDriveや、アイズワイドシャットのような現実的話だが、
幻想的でドラッグ的な中毒性がある色彩豊かな映像。
ストーリーは解りやすいが、
ワンシーンのストリップのような無
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

酒と女と暴力ばかりで、
砂で作った女性とヤルような、
獣のような主人公クエル。
彼がコーズという新興宗教のマスターと出会い、成長していく物語。

クエルは戦争から帰り、身寄りもなく、恋人にも振られ、仕
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ怖くて面白い。

霊現象に襲われるだけじゃなく、
解決出来るように戦うっていう展開が、ワクワクするし、霊が人によって見える時と見えない時があるのも恐怖を煽られる感じが最高。

テンポも良く
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.5

親友が同じ人を好きになってしまう。同性愛があるものの、ストーリーはシンプルだからこそ、サイケデリックな演出が映える。

インタビューを受けているのは、
3人の誰かしらを好きになってしまった人たちだろう
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

敵を騙し、味方を欺き、自分を偽り戦う主人公が、かっこ良くも、どこか切ない。

全編知的な会話が続き、戦略が成功した時の快感。失敗した時の苦痛。
ロビー活動という自分とはかけ離れたテーマにも関わらず、感
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなにも爽快で刺激的な映画は他にない。

ジョンがブラックウィドウ的な施設で訓練を受けていたり、今まで謎だった過去やルールが分かるシーンが多く、もう一度過去作を観たくなった。

リボルバーを組み立て
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

5.0

口数の少ない主人公。
昼間は車の整備工場と映画のスタントマン。
夜は強盗を救う逃がし屋。

隣の部屋に住む若い母と子。
旦那は服役中。

彼女に恋をしてしまう描写が繊細で、
セリフではなく表情だけで人
>>続きを読む