かっつんさんの映画レビュー・感想・評価

かっつん

かっつん

映画(472)
ドラマ(2)

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

中盤から不気味な演出が次から次へと襲ってきました。
少し病んでいる母親がみる世界。と思っていたらなんというか説明が難しい。おそらくロバート・エガース監督の「ウィッチ」が一番近い。
音で脅かすわけでもな
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

埼玉と千葉のディスり合戦。
これは関東圏の人にわかるネタが満載でした。それをおバカなストーリーと、それを盛り上げてくれました。栃木県民の自分は話題にも挙がらず寂しかった。。。
おバカなことをGACKT
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.5

今作は前作日に引き続いて楽しめた作品でした。
前作と同じキャラが同じアバターで大暴れするのかと思いきや。新しく加わったおじいちゃんの参加です。
ただあまり老人感がなかったような感じがしました、まあアバ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.5

「ターミネーター2の正当続編」これいらなくない?
ターミネータ2で監督だったキャメロンが製作に携わり、リンダ・ハミルトンもサラ役として復帰。楽しみにしていました。
正直、新起動/ジェニシスと違いが感じ
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

3.5

自分はTVシリーズの続編と思って鑑賞したので、あれ?と思ってしまいました。よくよく確認すると総集編3部作の続編だったみたいです。
結構重要キャラが生きていてなんでと首をかしげてしまいました。
TVシリ
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」(2019年製作の映画)

3.0

久しぶりの狡噛慎也がメインのお話です。
今作は背景が本当にきれいです。舞台であるチベットの描写がきれいで素晴らしいの一言につきます。
物語は、狡噛が復習に燃える少女の師匠になるお話ですがあまり重要では
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」(2019年製作の映画)

3.5

サイコパスでは珍しいシーズン1よりも前のお話です。
ただシーズン2で初登場の須郷徹平とシーズン1で退場した征陸智己の物堅いです。なのでシーズン1からシーズン2を観ていない人は最低でもシーズン1は観るこ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

2.0

まずITとはスティーヴン・キングのホラー小説が原作で、今作は1990年代放送のTVテレビシリーズのリメイク作品です。
これを知らないでみるとハッキリいって最後のペニーワイズなんなのという風になります。
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

3.0

劇場版PSYCHO-PASS サイコパスのあとのお話になるのでしょうか
シーズン2で嫌なキャラと思っていた霜月監視官が大活躍します。まるで別人なみです。シーズン2になり宜野座が別人になった感じです。
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.0

まあ良くも悪くも普通のアクション映画でした。
主役のウィル・スミスが政府直轄の凄腕の殺し屋で引退と同時に自分の若いクローンに襲撃をうける
オリジナルは老兵だが狡猾。襲撃者のクローンは体力的に勝り動きが
>>続きを読む

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第1章(2019年製作の映画)

3.0

旧作アムリッツア星域会戦から帝国と同盟の内乱へと続く物語。
Die Neue Theseはやっぱり艦船がきれいですね。あと戦術の見せ方がわかりやすくなっていたと思います。キルヒアイス(梅原さんが復帰し
>>続きを読む

ポラロイド(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ひさびさに「ホラー」映画を観た気がしました。タイプはホラーサスペンスかな。スプリッターのような血が出る映画ではなく、ドキドキハラハラの精神的においつめていくものです。学校の怪談に近いかも。
自分しかい
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.6

不気味で怖い作品でした。ジョーダン・ピール監督作品にゲット・アウトという作品があり、それと似ています。
ゲット・アウトよりも非常に奇妙であり不気味な雰囲気で話が進みます。自分と同じ人間が妙な力を持つこ
>>続きを読む

守護教師(2018年製作の映画)

2.7

マ・ドンソク演じるヒーローが、悪漢をバッタバッタとなぎ倒す痛快な作品とかと思っていたら、小さな町の汚職を暴くサスペンス映画でした。
勤め先の学校や警察が腐っていて正しい行動が厄介ものとしてレッテルを貼
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.5

ひたすら「グレンラガン」「キルラキル」のノリで松山ケンイチさんが熱く見栄をきります。
そしてとにかくど派手、熱い、音楽もアニメーションもとにかくカッコイイ。ひたすらこれを極めていった作品でした。
これ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

2.5

俳優さんは良いです。ただ話のテンポ悪い気が、アクションシーンもわかりやすいワイヤーアクション。もったいないな~と思う作品でした。
前作の喰種になりたての世界がないので、ゆっくりすぎる気がしました。
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.0

家に入ってきたワニから逃げるだの話なのに、演出だけにこれだけおもしろい作品に仕上がるのか思わせる作品でした。
最初は地下でワニに襲われ、だんだんと水が入ってきて、そのうち水の中には、ワニがいるんじゃな
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

バットマンシリーズの中で、今作は社会ドラマでした。
登場する都市はゴッサムシティという架空の都市ですが行き過ぎた自由資本主義が招く格差と貧困、人心の荒廃と不条理をジョークとしてホワキン・フェッニックス
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

1.0

ブラッド・ピットとハリソン・フォードそして主演のSF映画。すごく楽しみにしていました。そして裏切られました。
はっきり言うと退屈で眠たい。
たぶん2時間以上ある作品の中で、ドラマがまったくなくひたすら
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.5

まず一言原題は、「The Death Cure」(死の治療かな)です。なので迷宮は関係ありません。
2に続きやっぱり「last of us」を思い起こしました。ラストもやっぱり「last of us」
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.0

簡単にいえばゲーム「last of us」メイズ・ランナーとうっていますが迷宮は出てきません。原題もThe Scorch Trialsなので灼熱の試練?少なくとも迷宮(maze)や砂漠(Desert)>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

メイズランナー3部作の1作目。
現実にはありえない迷宮があり、そこにもありえない機械モンスターがいて襲っていく。(ネタバレするとこれらの超SF物は最後まで見ても何なのかわかりませんでした。)
作品を追
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無限ループのミステリーでした。
悪天候に襲われ謎の客船に迷い込んだ主人公たちが、謎の殺人鬼に襲われ主人公一人が切り抜けたものの、そしたら次に同じ主人公グループが船に乗ってきたというループ作品でした。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

現代の人種差別かと思っていたらハラハラのスリラー作品となっていました。
主人公の黒人青年が白人の彼女がおり、その彼女が実家に挨拶したいということで実家にお邪魔します。
彼女の家族は主人公を暖かく迎え入
>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.0

モンスターパニックではなく非武装地帯のドキュメンタリー映画を観ているような作品でした。モンスターの派手なアクションやCGが控え目にしか登場しません。なのでモンスターパニックとしては肩透かしでした。
>>続きを読む

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター(2014年製作の映画)

2.0

はっきりいうと主人公の少年に魅力が無かった。。。
作品自体はまあアメリカ大統領への裏切りと誘拐から陰謀、暗殺を繰り広げる展開となっていました。
シリアスとはいかず気楽に観ましょうぐらいのノリです。それ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.0

ポケモンという日本アニメをアメリカで実写化。これだけで非常に心配でした。そんな心配を無かったものにするくらいの作品となっていました。
ポケモンと現実世界の融合がとにかく見事。tedのクマのぬいぐるみみ
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.0

ポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」が話題になっていたので、ポン・ジュノ監督の関連映画を検索していたらモンスターパニック?みたいな映画があったの今回鑑賞。
「パラサイト 半地下の家族」のよう
>>続きを読む

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第一話・第二話・第三話(2019年製作の映画)

3.5

宇宙戦艦ヤマトのようにTVアニメの話数3話を劇場版にした作品です。
完全新作であり、EXODUSから2年後の物語となっています。
やっぱりファフナーらしく絶望と希望が交互に展開されます。特に2話目をみ
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

2.5

期待してみたら、けっこう残念な感想になってしまいました。
人間のクローンをつくるのは、ありきたりなテーマな感じがします。クローンというけっこうタブーなテーマを題材にしたわりには割と淡々に進んでいきます
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

エンドゲームの真エンディングといわれていますが、出てくるのは、スパイダーマンのみです。
一つのスパイダーマン映画としてとても楽しめました。ピーターパーカーとしての高校生としての青春。スパイダーマンヒー
>>続きを読む

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

3.8

B級ノリの西部劇。これが結構楽しめました。
訳アリで記憶なしのガンマンが、とあるさびれた街を訪れ、ドラマを繰り広げる。
砂漠を馬で駆け巡る。リボルバーやショットガン投げ縄など昔懐かしの西部劇の要素が満
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.0

まあ実写ディズニー映画でした。
物語はアニメをそのまんまという感じです。たぶんフルCGだと思いますが実写にしか見えない映像美はすごいです。
ただリアルなだけに同種のキャラクターの区別がつきにくかったで
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.8

3からだいぶたっていたので、新鮮な気持ちで観れました。ファミリー向けな映画かな。かっこいい車からかっこよく武器があらわれる。ポーニィという宇宙人がとにかく可愛く、出てくる宇宙人も面白い。
MIBらしい
>>続きを読む

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

3.3

パージ(粛清)というよりは、虐殺という感じがします。英単語だとどう発音するのか?
パージ1、2の前日談という設定ですが、関連性はないです。
ニューヨークであってたかな。そのとある貧民層の住む島がパージ
>>続きを読む

ガルヴェストン(2018年製作の映画)

3.5

がんで余命幾ばくも無い殺し屋と売春婦の逃亡劇。これだけだとハードボイルドという感じがしましたが、今作品ハードボイルドではなく傷んだ中年男と少女の二人がそれぞれ不器用ながら人生を見つめ直すライフムービー>>続きを読む

>|