桂日之石さんの映画レビュー・感想・評価

桂日之石

桂日之石

from 2016

5 4 3 2 1
善 能 可 未 否

映画の出来栄えなど評価出来ないので、
個人的な好みの度合を示した配点です
また、レビューというより感想です
登録後に観たもののみをマークします

・2016-150
・2017-240

映画(436)
ドラマ(0)

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

展開が王道過ぎでハラハラ感が全くなかったけど、普通に良い という感じ 日本のお盆では祖先がキュウリの馬に乗ってきてナスの牛で帰っていくとかあるけど、メキシコではマリーゴールドで道を作るとか、そういう文>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.5

リメンバーミーの同時上映作品 アナと雪の女王自体はわりと好きだが、正直言ってこれはナシでもよかったと思う 映像はちゃんと作られていてすごくキレイだけど、あえて観る必要はなさそう
#OlafsFroze
>>続きを読む

アンジェラ(2005年製作の映画)

4.0

アンジェラがデカイ そして素敵過ぎる キュートな美人って最強ですな それにしても関係ない話だけどモノクロ映画って観終わって思い出すと何故かカラーになってる 人間の脳ってすごいのかすごくないのか分からな>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

4.0

そもそもの設定がかなりぶっ飛んでる感じがするが、そこさえ受け入れられればきっと楽しめる 何が本当かよくわからなくなる感じが面白く、緊張感もある タクシーの運転手だったジーナが話が進むにつれてどんどん魅>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

4.0

リーアムニーソンっていつものこの感じのバカ真面目で愚鈍な男で所々ツッコミたくなるんだけど、コレがいい 中途半端じゃなく振り切ってるからいいのだ 困り顔みたいな哀愁漂う表情もいい 人とか死ぬけど観ていて>>続きを読む

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

3.5

金を使える大人が本気でふざけてみたらこんなの出来ました という感じの映画 園子温の他の代表作みたいなのを期待して観ちゃうときっとダメで、ギャグだと思って観られる豊かさがあれば飽きずに観られることでしょ>>続きを読む

シャイラク(原題)(2015年製作の映画)

3.5

スパイクリーの映画って撮り方なのかなんなのかよくわからないが、不思議な距離感がある サミュエルLジャクソンのあの感じとかもそこには大きく影響している 銃を捨てなければSEXはおあずけよと女性たちが平和>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.5

疲れてるときや軽い気持ちで観るタイプの映画ではなくて、ちゃんと座って集中して観なければよくわからない 集中して観てもわかりづらかったりもするのだが・・ スパイクリーが好きなので当時映画館でも観たんだけ>>続きを読む

ブローン・アパート(2008年製作の映画)

3.0

恨みや憎しみ、信仰までもの全てを母性が超越するという話 ということでいいのでしょうか ミシェルウイリアムズがとにかく好きなので、彼女が出ているだけでもう釘づけなんですけど、話自体はちょっと中途半端な気>>続きを読む

マッチポイント(2005年製作の映画)

4.5

なんて完成度の高い作品なんでしょう ネットの頭でバウンドしたテニスボールがどちらに落ちるか 実によく組み立てられている 主人公の彼は男にとっては自業自得とはいえ地獄のような状況だが、この時のスカーレッ>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

ノンケが同性と二人きりの環境に長くいて、もし相手から誘われた場合、バイセクシャルになり得るのか 人の感情というのも水モノだから、ふとしたきっかけで芽生えることもあるのだろう 見てはいけないものを見てし>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.5

カルタのことをよく知らないのだが、あんなに何枚も吹き飛ばしてどれに手をつけたのかわかるのだろうか それは置いといて、千早が「いちばんカルタが楽しかったとき・・」って立ち上がって言うシーン あれ口に出し>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

こんなに純粋な高校生いるのかね 中学生ならわかるが 高校時代を振り返ると特に部活もせずにフラフラしていたので、こういうのを観るといいなーと思う スポ根モノの醍醐味はやはり試合で、そこがどれだけハラハラ>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.5

バカな映画ですな ほとんど漫画みたいなものだけどところどころ笑えるところもあった(観るときの精神状態にもよるだろうが)とにかくくだらなさは一流である それからヴィキーチャオはかわいい 吉高由里子とエマ>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

すごくシンプルだが感動するのはやはりイーストウッドの手腕でしょう ほとんど話に関係のない旅行中のシーンだけど、あれがあるから主人公たちに感情移入できるし、結果として感動してしまう 実際の事件の本人が主>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

数年ぶりに見返してみたが、緊張感を持続させるのが上手い ちょっと運が良すぎるだろうと思う部分もありつつ、運の悪かった人生だったわけでもあって、ジャマルがクイズに正解していくのは素直に嬉しいし、ラティカ>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

ウォーキンデッドのミショーンは本作でも強い ライアンクーグラーとマイケルBジョーダンコンビの前二作はかなり好みで期待したが、ちょうど期待値と同じくらいの満足度 MCUシリーズは一通り観ていて、最近は前>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

ケイシーアフレックの幸せだった頃と罪を背負って半死の精神状態の演じ分けは主演男優賞を取っただけあって素晴らしいのだが、やはりミシェルウィリアムズも素晴らしい 後半のリーと子連れのランディがばったり会っ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

映画って当たり前だけど映画館で観るとどうしても評価が高くなってしまう というかそもそも映画館で観られることを前提として作られているのだろうから、家などで観ると評価が低くなってしまうと言うほうが正しいの>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

単純に半魚人が気色悪いんだが、それでいて愛嬌もあり、仮面ライダーZOのようなヒーロー感もある イントロのシーンの美しさはとてもオシャレな雰囲気なのに、途中のミュージカルチックな場面はほとんどギャグで、>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

4.0

前作のバランスがすごく好きで、期待して観てしまったのもあるが、前作ほどではなかったかな 芸人としての劇団ひとりは好きなんだけど、ちょっとこの映画ではふざけ過ぎたのか知らないがかなり浮いていて、ミスキャ>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.0

これはトムハンクスじゃなかったらちょっと退屈過ぎたかもしれない どこがダメとかないのだが、あまりに淡々としすぎていて、強いて言うならば、コメディだと思って笑えるつもりで見始めたこちらの準備がダメ
#A
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

手塚治虫の漫画のような世界観 遺伝子操作が当たり前の時代でそれによって人生が決まってしまう 結局は肌の色や出身地で差別される今の世界と大差ないのだが、こういうジョンレノンのイマジンとは真逆の世界という>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.5

くわはら君の手紙のシーンや歌のシーンはちょっと泣きそうになってしまった わざとらしさとさりげなさのギリギリの良いバランスでとってもよく出来ています アンジェラアキの曲はちゃんと聴いたことがなかったが、>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

4.5

こういう歌モノ?音楽モノ?大好きです 彼女と出会ってから彼は順風満帆に上手く行き過ぎるけれど、失恋を患った男の悲哀やちょっとしたあるある的なものはあるあるって感じだし、結果ちょうどいい位置に着地してい>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

ジェイソンステイサムが思いっきり関わってくるとほとんど主役級の存在感である ひと昔前で言うブルースウィリス的なカッコいいハゲ それにしても、あのハッキングは何でもアリ過ぎる こんなことが起こり得るなら>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.5

単純に観ても車を使ったバカ映画として最高なのだが、ポールウォーカーのトリビュート映画として素晴らしい ウィズカリファのシーユーアゲインがまた良い というかフィーチャリングのチャーリープースという人の声>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.0

ほとんどパニック映画と言ってもよい 戦車って 回を増すごとにスケールがどんどん大きくなっていてアクション映画として最高にエンターテイメントである そして過去作の使い方が上手い ジゼルとハンは好きだった>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

4.0

昭和の少年漫画をそのまま実写化したような、いま改めて観ると古臭さもあるが、BL要素もあり設定がぶっ飛んでいる そして何より言葉がいい 話し方が今とは違っていて、そう考えると40年後には現在の若者の話し>>続きを読む

ラッパー慕情(2003年製作の映画)

4.0

画質もそれぞれの俳優の演技も一般的な映画に比べたらハッキリ言って圧倒的に標準以下である セリフもヒドイ ○○○ってかわいいのかよ!?○○○ってかわいいのもんなのかよ!?は笑ったが 終盤の展開などなんじ>>続きを読む

やくざの墓場 くちなしの花(1976年製作の映画)

4.0

渡哲也がかっこいい 梶芽衣子が美しい 梅宮辰夫ほか以下略 この当時の人たちの色気っていうのはいいな〜 いまどきにはなかなか見られない色気ですよ 「自分にもあいつらと同じ、赤い血が流れとるんです それだ>>続きを読む

レイルロード・タイガー(2016年製作の映画)

3.0

コメディだからそういう風には見えないけれど、人の殺し方がめちゃくちゃ乱暴 日本人で池内博之ご出ているが、いい役者になった(上から目線ではなく) あの年代でああいう悪役出来る日本人の役者を他に思い浮かば>>続きを読む

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

3.5

孫権の妹の孫尚香を演じるヴィッキーチャオが可愛すぎてずっと彼女を追ってしまった 中国映画って剣を前に出したまま飛んでいくワイヤーアクションがよくあるけど、あれを観ると良くも悪くも中国映画だなという気分>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.5

この頃の金城武は本当にかっこよくて色気のある優男 三国志の知識はかなり前に読んだ横山光輝の漫画の知識しかないが、もしそれすらなかったら誰が誰だか覚えられないまま終わっていたかも知れない 漫画でも割とそ>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.0

韓国映画の好きなところの一つに、画はかっこよくてスタイリッシュで今っぽさがあるのだが、それでいて雰囲気にどことなく昭和を感じるというか、本作はまさにそういった印象を受けた 終盤のカオス状態は韓国映画然>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

何が良いってエンディングで流れるアリアナグランデとジョンレジェンドの主題歌が良い あとはエマワトソンの可愛さや映像美は良いが、そもそもディズニーアニメの美女と野獣からの話になってしまうが、傲慢で性悪な>>続きを読む

>|