katsuvashさんの映画レビュー・感想・評価

katsuvash

katsuvash

映画に関しては超雑食
寅さん大好き
みなさん良いシネマを(*ΦωΦ*)!

映画(567)
ドラマ(0)

オデッセイ(2015年製作の映画)

5.0

ハッピーエンドに向かっていく感じはたまらないけど、もどかしくて頭と胃が痛くなった笑
一人でも欠けたらアウト

スナッチ(2000年製作の映画)

3.8

何回アメリカイギリス往復するんや笑笑
ブラピの筋肉カッコイイ!

プラトーン(1986年製作の映画)

3.9

敵以外にも色んなものと戦わないといけないんだなあ…。
ウィレム・デフォー演じるエリアスがナイスキャラ!

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.4

アメリカ、ドイツ、フランスとそれぞれの味がぶつかりかっていた。ランダ大佐のキャラが憎らしくて魅力的!そして両ヒロインがうっとりするほどの美しい…

ドラムライン(2002年製作の映画)

5.0

友情、オトン、レイラのまぶさ、ラスト、レイラ大好きのデヴォン
全部最高過ぎるだろ!!
ショーン可愛い

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.8

バカばっかり笑
損しかしないキャラと得しかしないキャラがいるのがバカ過ぎて良かった。
ジョージクルーニーの色気とマヌケなブラピが楽しめる

亡国のイージス(2005年製作の映画)

4.2

考えさせられるところもあるけど、ほぼエンターテイメントとして楽しめる内容。

大学の時以来の鑑賞。
手旗信号のシーンで映画館で吹いてしまった自分が、この映画を見直そうと思ったり良さが分かったり成長を感
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

いろいろ惜しすぎて不完全燃焼極まりない笑
エマワトソン大好きだけど、壇上に立つシーンを見るとこの役にハマってない気がする。

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

4.4

独特さに慣れてきたあたりから最高に面白くなった。
ラストは脳汁ドバーです。
セットが凄い!

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

4.4

喜びを表現するシーンが演技とは思えない。ラストを見て初めて自分の中の主人公が母親→レイに切り替わった。
音楽がテーマにもシーンにもハマりすぎてる!

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.3

んなバカな!と途中まで思ってたけど、ラストで涙腺決壊

人間に振り回されるのはいつも犬の方だけど、人間&犬のコンビはやっぱり最強

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.5

プリティウーマンのアジア版的な感じで超見やすい!
嫁vs母 のせめぎ合いが見所。どっちもカッコいい!!音楽も良い。

大日本人(2007年製作の映画)

3.6

設定とか対決は面白かった。
独特の空気感がある。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.3

おっさんになるにつれて感動レベルが増しそう…
おじいさんの行動力&筋力…笑

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.9

不思議な世界観なのにすんなり物語に入れた。
笑えて泣けて心にグッとくるラストは最高…

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

4.3

見終わった後筋トレ用にスタンドミラー購入した笑
ペルシア王の絶望感がたまらない

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.1

全体的に音楽が好みだった。
芸人ならでは?なのか返しがテンポ良くて面白かったです

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.1

清々しい気持ちになる!
パワープレイのハッピーエンドも悪くない笑

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.9

息子の表情!女の強さ!
愛、そして愛でした。
何気に音楽も素早かった。
エンドロールの文字の色がなんともツボ色

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.3

ラストの解釈は色々あるみたいですが、ジーンときました。
エミールさん本当天才だと思う

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.6

おっさんと少女のコンビプレイが炸裂してます。
敢えての白黒であったりとかこだわりを感じた

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

死体がマルチツール!ってだけでぶっ飛びすぎ笑
ジャケットがインパクトありすぎる笑
でも泣いてしまった…笑

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.2

邦題がいけてないけど笑、何とも素敵な映画だった!前向きな未来に繋がりそうなラストが良い

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.9

映画館で観たかった!泣
2回目がより泣ける…。。。
インド映画っぽく急に歌い出すシーンが少なめなのがちょっと残念。アーミルカーンの厳格な父親役が超はまってた

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

5.0

高倉健のキタ(゚∀゚)━━━!!!!の瞬間が最高に可愛い!女々しいのもたまらん。
本当にタイトル通り幸せを呼んでくる黄色いハンカチ

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.6

最後消えてなくなってしまいそうなお父さん笑笑
終始一貫して笠智衆の表情が物悲しくて愛おしくたまらない

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

映画館で観るべき意味が分かった笑
何重奏にも楽しめる。
観客全員ゲラゲラ笑ってた

転々(2007年製作の映画)

4.7

雰囲気が最高。ある気がかりをずっと抱えたまま進行していくのが、素晴らしい仕掛けだと思う。
何回も見たくなる

東京物語(1953年製作の映画)

3.8

どこへでも行けたんだと感心した。
家族ってこんな感じってのをリアルに表現している

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

犬は可愛いけど!笑
ストーリーは結構普通
メイキングを見ると気が多くなりそう

>|