dm10foreverさんの映画レビュー・感想・評価

dm10forever

dm10forever

基本的に予習的に原作は読まないです。
なので的外れなコメントもあるかも・・・。

まぁ自分にとっての日記みたいなもんなのでお気楽に。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.9

【飛べ、もっと高く!】

仕事もひと段落着いたので、いよいよ観に行ってきました。
やっぱり「High&Lowは上がるわ~」なんて一人で興奮しながら劇場へ。
平日ではありますが金曜の夜なので混んでるかな
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

【うつし世は夢、夜の夢こそまこと】

昔「RAMPO」という映画を観た。江戸川乱歩の小説「お勢登場」をベースに描かれたなんとも妖艶で不思議な映画だった。4DXのない時代に、映像に合わせて劇場内にフレグ
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.0

【連想ゲームの辿り着いた先に・・・】

先日、職場の女の子が「ちょっと聞いてください」と。
「最近の(平成生まれの)子達って『パトロン』っていう言葉を知らないんですよ。「そんなの死語だぁ」って」
(そ
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.8

【GANTZの世界】

原作は大好きで全巻読みました。
当然、実写版の2作も観ました。あんまり評判はよくなかったようですが、個人的にはあの実写版はそれほど悪くはなかっと思います。可能な限りCGで表現で
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

【まさに、それは『見えざる手』の如く】

「うわ~・・・・・」
エンドロールも終わりに差し掛かったにも係わらず、全く腰に力が入らなかった。
久しぶりに鳥肌立ったわ。

天才ロビイスト、エリザベス・スロ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

【言い知れぬ不快感】

物語自体はもしかしたら普通なのかもしれない。
ただ、画面全体を通して漂う言い知れぬ不気味な雰囲気に引き込まれる。
「黒人の使用人」
「医者の両親」
「隣の家は湖の向こう岸」
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.9

【なんてこったい…】

新感染ファイナルエクスプレスの前日譚として描かれた今作ですが、他のレビュアーのかたも仰られているように、昨今のアニメ作品の作画クオリティからすると二世紀位前の作品に感じるほど雑
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

【そして猿の惑星になる】

「猿の惑星」前日譚シリーズは一応これで完結ということでいいのかな?
こういう前日譚ものって、予め着地点を決めて飛び始めるので、あまり激しくスピードを出したり乱高下を繰り返し
>>続きを読む

封神伝奇 バトル・オブ・ゴット(2016年製作の映画)

2.9

【そして時代は廻る】

僕が小学生の頃、一本のゲームが世界を変えた。

「ドラゴンクエスト」

今でこそ何本もシリーズ化されるほどの押しも押されぬメガヒットシリーズの記念すべき第一作目。

それまでは
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.0

【あなたの心の隙間お埋めいたします】

人間は少なからず心に隙間を持って生きている。
それは何もネガティブな意味だけではない。
ジグソーパズルかのように全てピタリとはまるのも傍目には気持ちいいかもしれ
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.9

【ホントだとしたら怖いわ (恐゚Д゚怖) 】

実は今までのシリーズは一本も観てないんです。
ホラー自体は好きなジャンルですし、何故観なかったというほどの理由は特にないんですが、「パラノーマル~」シリ
>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

-

【ただひたすら・・・個人的に時期が悪かった】

前々から気になっていて、公開したら観に行こうねと妻と約束していた映画だった。原作も話題となっていたし、何よりラブストーリーを二人で観にいけるくらい初々し
>>続きを読む

太平洋奇跡の作戦 キスカ(1965年製作の映画)

4.1

【あなたはご存知でしたか?】

最近、「ハクソーリッジ」「ダンケルク」と立て続けに『命を救う』ことにスポットを当てた、いわば今までとは視点の違う戦争映画を観ました。
戦争とは何だかんだ言っても「敵を殺
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.9

【情けは人の為ならず】

諺(ことわざ)って難しいのが多いですよね。
「情けは人の為ならず」
この諺も子供の頃にその意味を間違っていた諺のひとつです。

『誰かに情けをかけることは、その人の為にならな
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

2.0

【残酷な世界】

原作未読です。
果たしてこの映画「前・後編」は原作未読で観たことが正しかったのか?原作を読んだ上で鑑賞したほうが正しかったのか?正直悩んでいます。
他の方のレヴューを見ても、原作未読
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.8

【ゾンビが人気者になった瞬間】

ちょっと語弊がありますね、ゾンビはどこまでいってもゾンビなので特に人気者になったりはしないですね(笑)。

ただ、「死者が蘇って生きている人を襲う」というプロットを「
>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

4.0

【親孝行かぁ・・・】

この映画はホラーととるべきか、ファンタジーととるべきか。いずれにしても主人公のひと夏の不思議な体験は、観る人の心にいろんな思いを残してくれるのではないでしょうか。

私が始めて
>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.0

【未来と引き換えに愛を失った作品】

もう何年も前からハリウッドのネタ切れは囁かれ続けているが、そろそろ「リメイク」という悪しき風潮から脱皮できないものだろうか?
単純に技術とお金をつぎ込んで当時の原
>>続きを読む

雨女(2016年製作の映画)

3.3

【もうひとこえ!】

これはですね・・・言うほど悪くはないんですよ。そもそも実験的なものですので、他の「映画」と同じ土俵で評価をする事自体、この作品にとっては不利なんだと思います。
そもそも清水崇監督
>>続きを読む

レック(2007年製作の映画)

3.7

【シリーズ化は避けられなかったのか・・・】

既に4までシリーズ化されるほど人気となった「REC」の記念すべき(?)第1作。
そう、全てはこの作品から始まったんだよね(リメイクなんかも合わせると6作品
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【LEGOだと思って舐めてると火傷するぜ】

LEGOがモチーフのアニメは今まで何本かありましたが、扱うタイトルがスターウォーズだったりして「世界観が壊れちゃう」なんて思いから食わず嫌いしていました。
>>続きを読む

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

4.1

 【ヤマトの「や」、マッチの「ま」、タバコの「た」に濁点!ヤ・マ・ダ・で~す!】

なんかね、当時まだそんなに自分から映画館で頻繁に映画なんて観ていなかった頃、バイト先のお姉さんがよく誘ってくれたんで
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【最後に明かされる真実】

観る前からある程度泣ける映画だとはわかっていたけど・・・。 いや~泣きました。カバンからハンカチ出してまで涙を拭いたのは久しぶりかも・・・。
実話だと聞いていましたが、そ
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.9

【本当に伝えたいこと】

これは高校生の頃、当時片思いだった女の子となんとか必死にデートまでこぎつけた時に観た映画。だからそのシチュエーションはよく覚えてる。
正直、隣に座っている彼女の事が気になって
>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.5

【地球の為に戦ってんだよ!悪いか?!】

最近「ダンケルク」や「三度目の殺人」等々、やや知力体力を使い果たす映画を多く鑑賞しているからか、若干脳のキャパをクリーニングする必要があり、軽い映画が観たいと
>>続きを読む

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年製作の映画)

3.5

【花も実のあるうちに止めとけや♪】

いや~懐かしいね。
というか、これを「懐かしい」と言える時点で年がバレますね(笑)。
この映画が流行っていた頃って、いわゆる「不良」っていうのが一つの「アイコン」
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.8

【ブレーキのない暴走列車】

とにかく最初から最後まで柳楽優弥の「ケレン味のない」それでいて「止め処なく溢れ出す狂気」が観るものの心まで支配してしまう、そんな恐ろしい映画です。
鑑賞している間ずっと「
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

【ガル・ガドット万歳!!】

もう、一言で言えば「ガル・ガドットを鑑賞するため」の作品ですね。
「バットマンVSスーパーマン」の終盤で、もしかしたら主役の二人を喰ってしまうかもというくらいの活躍を「魅
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

【祭のあと・・・】

今年の春先くらいだっただろうか・・・。
韓国発のゾンビ映画が来るらしい、そしてエラく評判がいいらしいという事を耳にしたのは。
「韓国映画か・・・。また凄いのやってきそうだなぁ」と
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

【ほほぅ、やるね~リドリー爺】

前作の「プロメテウス」から続く『エイリアン前日譚』シリーズ第二弾。
プロメテウスが結構難易度高め・・というか、結構散りばめたまま終わってしまった感が強かったので、そう
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

【三度目の・・・・】

ずるいよね~。良くも悪くも「斉藤由貴」に持っていかれた感が。
誰だよ「三度目の不倫」とかツッコんだ奴。ワロタじゃないか(笑)

それはそうと・・・。
まず特筆はやっぱり役所広司
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.9

「ある視点」

この作品はカンヌ映画祭の「ある視点」部門に正式出品されたことが話題となったが、その意味がよく分かる作品だった。

ある日、異星人が地球を侵略するために人間の体を乗っ取り、人間の概念や能
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

【あの日あの時あの場所で】

当然の事ながら、僕は「あの日」「あの時」「あの場所」にいたわけではない。しかし、今日確かにあの場所にいた。

この映画にプロローグはない、舞台や背景はおろか人物設定の説明
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.8

【絶対に忘れてはいけないこと】

本当に強烈過ぎる出来事って忘れられないんだなとつくづく実感することがある。

あの日、僕は当時同棲してた彼女の家にいた。
季節は夏から秋に変わる頃、とはいっても部屋の
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.4

【女は強い!】

今週末に5連休とれたので、ゆっくり映画を観てくるつもりです。
で、その中の1本が「エイリアン・コヴェナント」。エイリアンシリーズの前日譚として描かれた「プロメテウス」の続編です。
>>続きを読む

Mr.Children / Split The Difference(2010年製作の映画)

-

【いいじゃないのぉ~(●´艸`)ムフフ】

とにかく好きなんです、ミスチル。
10年以上前に桜井さんが小脳梗塞で倒れてライブが延期されちゃって札幌では見られない・・・ってなったときも、諦めずに1夜限り
>>続きを読む

>|