kawaraさんの映画レビュー・感想・評価

kawara

kawara

  • 41Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

綺麗なハッピーエンドでした
あんまり重い気持ちにならないし後味良くてよかった

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.8

気楽に見れるし、見終わっても後味よくて引きずらないからサクッと映画見たいときにおすすめ

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

人種とか地位で差別するとかまだそんなことやってんの?って思っちゃうけど、実際はまだまだ根強いんだろうな
理解と我慢で、人って変われるんだね

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

4.1

石原さとみがすごい
最初だいぶ怪しいし胡散臭いな〜と思ってたけどいい意味で裏切られた
どんどんやつれていくから、リアリティあった
離婚の話でこんなにポジティブなのなかなかない気がするから新鮮だった

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.8

あまりアクション好きじゃなくていつもは見ないんだけど、公式で公開されてた冒頭6分のカーチェイス見てめちゃくちゃ惹き込まれて気づいたら全部見終わってた
超爽快
音ハメ?音楽と映像とが融合しすぎててめちゃ
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

2.5

結局何だったんだろう…
何を見せられたんだろう…
最後まで見てもよくわからなかった
見なきゃよかったとも思わないし、見てよかったとも思わない映画

GHOSTBOOK おばけずかん(2022年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

CGふんだんに使ってる筈なのに、超CG!って感じがしないのが不思議。
山崎監督の底力を見た

ストーリーはよく言えばわかりやすい。悪く言えば次の展開が予想できちゃう。
平成生まれがおじさんおばさん扱い
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.9

ファンタジーとしてはかなり面白かった
ここで観てる人の涙を誘おう!っていう魂胆が丸見えなのはちょっと萎えちゃうし、わかりやすいストーリーで山崎監督だなぁって感じはする
でも世界観いいし、堺雅人と高畑充
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.7

展開なかなかに早くてビックリ
人生の終わりを存分に楽しんで、なんの後悔もなく逝けたらいいんだろうけど、それが普通は難しいんだよね

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.2

登場人物全員の気持ちに共感できるからこそ辛かったな

楽園(2019年製作の映画)

3.7

確かに終わり方パッとしないし、終始ごちゃついてたけど出てる役者の演技はよかった
とりあえず限界集落こわい

ガッチャマン(2013年製作の映画)

1.0

あまりにも…だったので途中で脱落
主題歌はいい。
主題歌は。

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.4

一瞬のお別れより長いお別れの方がよっぽど苦しいんじゃないか
相手が遠くなっていくというか、自分だけどんどん進んでいっちゃう感じ

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

なんだかんだ言って高校時代にできた友達の存在が一番大きかったりする

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.7

主演2人を楽しみに見始めて、見終わった頃には重岡さんに惹かれてた
なんか最後が腑に落ちないというか、本当にそれでいいの?って聞きたくなる感じだった

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.0

推しが出てたから見た
暴力シーンとか痛そうなの嫌いな人は無理

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

戦争が始まって生活が苦しくなってもその中で前を向いて生きていこうとするすずさんが好き
何度も見返してる

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

スマホで見たから無理なとこはスマホ伏せて逃げられたけど、これ映画館で見るのはしんどいだろ
そりゃ途中退席したくなるわ
ストーリー、世界観はいい
映像綺麗

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.9

胸糞悪いな〜
長澤まさみのこんな演技初めて見た

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.8

過去にしたことはもう変えられないし、いじめなんか許されることじゃないけど
大事なのは反省した後どう行動するかだよな〜
結局いじめっ子は自分もいじめられる立場にならないと何も変わらない

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.5

だいぶヘビー
みんな演技が上手い
こんないい病棟存在するのかな
予告で見た通りの結末って感じで驚きはないが見た後ぐったりする

怒り(2016年製作の映画)

4.3

東京パートつらい
1人が引き起こした殺人事件が色々な所で色々な人に影響与えてて、3パートがコロコロ切り変わる構成面白い

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

諸々直球すぎるし自分の思いに正直
憎めない主人公

亜人(2017年製作の映画)

3.8

実写化にしては上手くいってる方な気がする
アクション見応えある

舟を編む(2013年製作の映画)

4.3

辞書作りに興味湧いた
波が立たずに進んでく感じがいい

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

騙された
終わり方がちょっと納得いかないけど
キムタクの斜に構えた演技がいい

罪の声(2020年製作の映画)

4.6

主役はもちろん脇役の演技が良すぎてガッカリする瞬間がなかった

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

いろいろと裏切られた
見てて飽きない
今の韓国の現実が浮き彫りって感じで面白い

>|