kawashimanさんの映画レビュー・感想・評価

kawashiman

kawashiman

僕は猟師になった(2020年製作の映画)

3.8

主人公の生き様がヒシヒシと伝わってきた。子どもたちはまだ小さいが、父の仕事へのリスペクトを感じた。とにかく衝撃的な映像が段積みされている。地上波のノーナレでは、モザイクなどの映像加工無しでどこまで放送>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.8

家族の中で一人だけ健聴者。
当然私は、そんなことを一度も考えたことはなかった。しかし、この映画を観ると色々と考えさせられる。生まれた時から、知らぬ間に大きなモノを背負わされていたんだなぁと。耳が聞こえ
>>続きを読む

麦子さんと(2013年製作の映画)

4.1

なに?このほっこり映画。
サイコーかよ。
ある意味、堀北真希のプロモーションビデオみたい笑 松田龍平と堀北真希が兄妹役で、2人の会話が自然体で罵り合っているのに心地良い。人と人とのやりとりに笑いと癒や
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

4.2

冒頭のシーンがかなり長いが、実は重要なシーンだった笑 相変わらず絶妙な間のトークと奇妙な空気感の恋愛観は今泉節全開で楽しかった!生真面目も優柔不断も確かに恋愛に正解はないんだよね笑
色んな人が徐々に繋
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

3.9

賛否両論ありそうな作品。
主演の女優さん、確かにすごい演技力だ。特に目が凄い。しかし、観ている側としては、なんとも言えない気持ちになる。
私個人としては、主演男優さんの方が名演だと感じた。冒頭から、あ
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

4.3

知人に勧められて鑑賞。
めちゃくちゃ良かった!
生存者が一人もいない中、このようなリアリティある作品を製作したことに敬意を表したい。最後まで目が離せずにハラハラした。今後、同様のハイジャックが起こり、
>>続きを読む

イルマーレ(2006年製作の映画)

4.0

久しぶりに鑑賞。
とても良かった。
湖畔の家とポスト以外はすっかり内容を忘れていた。。。のでかなり楽しめた笑
別の時代にいても、確かに出会うことは不可能じゃないんだなぁと改めて脚本の素晴らしさを感じた
>>続きを読む

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

4.0

リアルな紛争地帯のようなスケールの大きさにビックリ。さすがマイケルベイ監督です。前半は嵐の前の静けさ。領事館が襲われるシーンからは片時も目が離せない。いつ襲われるのかという、自分もアメリカ人になったか>>続きを読む

雨とあなたの物語(2021年製作の映画)

3.6

純愛。
過去と現在を行ったり来たりするので、最初は少しわかりづらいかも。色んなことがもどかしい。ただひたすらに《待つ》物語。もう少し、中盤でハラハラするような展開があったらもっと良かったなぁ。エンドロ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

面白かった。
意外とみんなタフで死なないのね笑
いつまで続くのか楽しみ。
来年の4の公開が待ち遠しい。

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

4.0

あらすじを読むと、真面目そうで少し重たそうな印象を受けるが、決してそんなことはなく、タイトルがしっくり。
池松壮亮くんと伊藤沙莉さんの芝居が、どこまでが脚本でどこからがアドリブなのかわからなくなるぐら
>>続きを読む

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

3.7

選挙が題材なんですが、あまり興味のない人でも楽しく最後まで鑑賞できると思います。選挙事務所や出馬に関する裏事情みたいな部分が垣間見ることができて面白いです。主演の2人がハマリ役。MVPは小市慢太郎さん>>続きを読む

大怪獣のあとしまつ(2020年製作の映画)

-

今までありそうで無かった着眼点。
誰もがワクワクする設定。
監督のオリジナル脚本。
こーゆー面白いこと考える人がいるんですね。

鑑賞すると、、、想像と違ってた!
でも、ある意味、意外性があって驚いた
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.8

森山未來、イイですね。
彼のお芝居が好きです。
過去に遡っていく演出のため、冒頭からしばらくは、?となるけど、それをわかって鑑賞すると、一体過去に何があったんだろう。。。と先が気になってくる。
テレビ
>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.5

試写会にて鑑賞。
とても良かった。
小松菜奈さんの今にも割れそうな薄氷のような儚さ、そして後半の変わりようが凄かった。坂口健太郎くんが逞しくなっていく変わりようも見ものです。監督は一年かけて撮影したと
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.2

ミッドランドの試写会で鑑賞。
すごく良かった。
柳楽くん演じるモノマネではない渾身の絶妙なタケシ役。ネトフリだと日本アカデミー賞の対象になるのかどうかよく知らないが、主演男優賞並みの芝居だった。大泉さ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

1を観て予備知識がついたせいなのかどうかわからないが、2はストーリー的にもわかりやすかった。逆に、1を観ていない人にはちょっとわかりにくいかも。
毎回カーアクションがド派手で楽しいし、色んなことがブッ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

知人に勧められて鑑賞。
面白かった。
ただ、事前情報まったく無しで観たので、冒頭からしばらくは、状況を把握するまで時間がかかった。え?何目的の話?って笑
キアヌの無駄の無いサクサク撃つ感じがスカッとす
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.8

冒頭からなかなか衝撃的で見応えがあり、最後まで楽しめた。ただ、犯人がサイコパスなので、何でもありという状況が、逆に緊迫感を薄らいでしまった感も否めない。結末はしっくりくる好きな終わり方。途中で合同捜査>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

-

前作よりイイ😊
微妙にテイストが変わってたので、少し新鮮味があった。途中で騙され、最後の最後で、また騙された笑
相変わらずダー子は振り切ってるなあ🤣
コメディエンヌ全開!楽しんで演じてるのが伝わってき
>>続きを読む

声もなく(2020年製作の映画)

3.6

良い作品。
…でしたが、少し物足りないかな。
最後が伝わりにくいというか。
えっ!で終わっちゃった。
主人公が少女と出会ったことで、もう少しわかりやすく家族愛みたいな表現があったら良かったなぁ。
主人
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.9

面白かったです。
黒島結菜さんの大人っぽさと無邪気さが入り混じった絶妙な役柄。それを受け止める北村くんの役柄。すごくマッチングしてました。前半は映画『花束みたいな〜』を彷彿とさせるような幸せが続き過ぎ
>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

3.7

回顧録
良かった。
多少のパワープレイはあるが、わかりやすいストーリー。後半は思わぬ展開が!

近い将来、こんな世界が訪れるであろう。色んなことがAIによってオートメーション化されるが、人間だからこそ
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

-

判定不能。
公開時に観たが、内容をうっすらとしか憶えていない。。。

フラ・フラダンス(2021年製作の映画)

-

実話を基にしたお話なのかな?
ハワイアンズのフラダンスはなんとなく知ってたけど、こんなにも精鋭揃いだとはまったく知らなかった。ただお客さんを楽しませる程度の余興かと思っていたが、アイドル顔負けの年間ス
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.9

これ、実話なんだ!というのが
鑑賞後の率直な感想。
どこまでがCGなのかわかりませんが、ダニエルが体張ってるなぁという印象。
結局はどうやって助かるんだろう?と結末が気になりつつ最後までハラハラしなが
>>続きを読む

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

4.0

今泉監督らしい余白の多い作品でした。
主演の志田さん、いいですね!
品があって、ほどほどの透明感もあるんだけど、お嬢様って感じではなく、優等生。
てか、鈴鹿くんはじめみなさん良かった。
志田さんだけじ
>>続きを読む

悲しみより、もっと悲しい物語(2018年製作の映画)

4.1

回顧録
何気にフラッと立ち寄った映画館で鑑賞。とても良かった。ズルいMの演出もハマってか、後半のタネ明かしで号泣。
単純にこういうの好きだなあ。
原作は韓国版だと、後から知った。
そちらも観たい。

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.7

回顧録
ドラマが大好きだったので期待大でした。それなりに面白かった。ただそれだけ。
映画よりもドラマのパート2をやった方が人気が出そう。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

3.0

原作が面白かったから期待して鑑賞。
でも、やはり超えることは出来ないですよねー。完全に非現実的なSFぽい世界観のストーリーに日本人が出ているとリアルさが欠けるのかなぁ。なんだかしっくりこないです。内容
>>続きを読む

スパゲティコード・ラブ(2021年製作の映画)

-

鑑賞後にタイトルの謂わんとすることも何となく理解。SNSなどが発達したおかげで昔より人との距離が縮まったのか、離れたのか?とどのつまり、人は一人では生きていけないんだなぁと。自分の本当の味方は誰なんだ>>続きを読む

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

-

音楽の使い方が特徴的。マンガをそのまま実写にしたような雰囲気があり、画作りも個性的なので、MVを観ているようだった。ストーリーはややパワープレイ気味だが、主演の小松菜奈と林遣都の安定の演技力、特に小松>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

3.8

音楽が特に良かった。鑑賞後に42の意味がわかって素敵なことだなと嬉しくなった。
ジャッキー本人もスゴいが、ドジャースの会長が一番立派な方。実力さえあれば、誰でも夢が叶うまさにアメリカンドリーム。
いつ
>>続きを読む

>|