KayoOtakiさんの映画レビュー・感想・評価

KayoOtaki

KayoOtaki

映画(307)
ドラマ(1)

Bala(原題)(2019年製作の映画)

4.0

インドで見た
ハゲが恋愛に失敗して、自己肯定感を強めてからまた恋愛に挑戦する話
全部ヒンディー語だけど面白さが完全に伝わる

生と死と、その間にあるもの(2015年製作の映画)

3.8

両鼻が詰まっていて味覚と嗅覚がFin.なんだけど視覚と聴覚が残ってたから映画はみれた。

1週間前に行ったアッシーガードにあるピザ屋さんが映ってて嬉しかった。
ピザは味がないけどアップルパイは凄く美味
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

目の前の人がずっと爆笑してて、つられてずっと爆笑してたわ

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

誰かと死別したり人と別れると立ち直るのに時間がかかる。付き合ってきた年数なのか、大人になったからなのか…
立ち直るってことは、誰かと会ったり、聞いてくれる友達に打ち明けたり、今までやった事のない悪事に
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

映画館に行ってまで見たかった
相変わらずめちゃくちゃだけどタランティーノが生きてるうちに映画館で観れて幸せ。

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

4.1

好きすぎてDVDもってるし年に何回も見てるからほんとうに好きなんだと思う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

手で掴んでみたいシーンが二箇所
マイマイガに心臓を噛まれたっていうワードが強烈で印象に残ったが、そこ精神病ちゃうんかい
しかもこの下り全部ギャグだったんかーい
鬱をブッ飛ばすナイスボケ

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.8

鍛えられた輪状甲状筋
歌ってるときリンパ腺らへんが膨らむのをまじまじと見た
地声を遥かに上回る肺活量と丹田のおかげでウィスパーボイスは作られてんだな
あといつ見ても姿勢が良い
バケモンだ

神から貰
>>続きを読む

ホイットニー:本当の自分でいさせて(2017年製作の映画)

3.4

今ものうのうと生きてやがるボビーブラウンはまじでファック
あーいうボディーラインがくっきり見えるドレスはどうやって着るのか?伸縮性はあるのか???

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.3

YouTubeに転がってたショートムービー、抜群のセンス
少年期からオナニーの対象がパッパ
マッマの背徳感

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.8

フリーメイソンだかの入会の儀式がシーンに組み込まれてるらしいので観た
悪魔宗教とか生贄の感じだと思ってたら、仮面を被った集団がファックしまくる変態舞踏会
90年代ロンドンの雰囲気が好き。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.4

ジェーン・ドウが可愛かった
全然怖くなかた
ヘレディタリーの後に観たからかもしれない

マイケル・ジャクソンの旅:from モータウン to オフ・ザ・ウォール(原題)(2016年製作の映画)

3.5

ただ単に子供が好きで、子供の頃にちゃんと子供になりたかっただけなんじゃないか
やっぱあのドキュメンタリーは全体的に変だ、信じない。

ネバーランドにさよならを(2019年製作の映画)

4.2

綺麗な風景が映るシーンが何回も挟まれている
時間短縮でとばしていたが、ショックが重なると風景とか見ないとやってられねーってなる
同情しやすい人はあんま見ないほうがいいまじで

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

久しぶりに邦画でハマった。

監督はクズ男の心境表すのが秀逸だな
特に真一くんがお父さんにキレるシーン、
頭の良い人間が選ぶ言葉の醜怪さが際立って本当に不愉快な気持ちになったどん
あとチャプチャプロー
>>続きを読む

>|