kazeさんの映画レビュー・感想・評価

kaze

kaze

映画(148)
ドラマ(0)

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.6

切ないけど綺麗な映画
ハッピーエンドが好きな個人的にはもどかしさが残るけど、現実はそんなものかもしれない
他の人のレビューの「大人びた少年が大人になりきれないまま大人になった」という表現がしっくり来た
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

前作同様適度に笑いどころありなMCUシリーズ最新作
敵キャラが完全悪じゃないため、少しもどかしさは残るが、テンポ良いし何より娘のキャシーが可愛いからセーフ

エンディング後のあのシーンが来年以降に繋が
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

十数年ぶりに再視聴
無性に板チョコが食べたくなる映画
B級感凄まじいけど、ところどころ強くインパクトの残ってるシーンが多く、ストーリーや設定は今見ても良くできてると思う
ジョニーデップやクリストファー
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.6

くだらないけど思ってたよりも原作再現度が高くて面白かった

ただやはり原作やアニメに比べるとテンポが悪いのと、照橋さんがただの嫌なヤツになっていたのはマイナスポイント

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.6

おっぱいが世界を救う話
超展開とシュールな世界観だけどなんとなくクセになる感じ

ミステリアスなお姉さんに憧れを持ったり、自分たちだけの秘密を作りたがったり、そんな少年心をくすぐられる作品

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

シリーズ3作目
シリーズによってヒロインがコロコロ変わりすぎて最初は感情移入しづらかった

中盤のバチカンでの誘拐シーンがかなりハラハラさせられたぶん、終盤は少し物足りなさを感じた

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.2

目指すゴールが友情なのか恋愛なのかイマイチわからなかったが、川口春奈が可愛かったから良し

全体的に脇役の演技が気になってしまった

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.6

シリーズ第2作

アクションが多めで心理戦的要素は少なかったが、変装が効果的に使われていて面白かった

1作目同様あんまり細かいところは気にしたら負け

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.7

ミッションインポッシブル第1作
最新作フォールアウトを見たくてとうとうこのシリーズに手を出した
1作目にもかかわらず、冒頭から仲間が全滅するなど急展開だがとにかくトムクルーズがかっこいい
ワイヤーでの
>>続きを読む

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

4.2

再視聴
多少のご都合主義を除けばテンポもよく結末もきれいにまとめられていたと思う

何よりキャスティングが見事

寄生獣(2014年製作の映画)

4.2

再視聴
原作も読破済みだが、実写邦画としてはかなり完成度が高いと思う。
必要なシーンは残しつつテンポも悪くなく、もう少し評価されてもいいのにと感じた。

染谷将太、橋本愛の演技力の高さも見どころ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

前半の「なんだこれ?」からの後半の展開は見事

ハンディカメラ感に酔って気分が悪くなってしまって楽しみきれなかったのは残念

バオ(2018年製作の映画)

3.6

インクレディブルファミリーと同時上映の短編映画

オチは分かりづらかったが、親離れのシーンは泣けた

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.4

待望の続編
前作が14年前ということにまず衝撃
一作目に引き続きハラハラするシーンと笑えるシーンのバランスが絶妙

ジャックジャック可愛すぎた

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.2

しょーもないしょーもないと思いつつ最後まで見てしまった
ラストの少年グルーが可愛かった

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.3

個人的にはかなり面白かった

これまでのシリーズとは舞台もテイストも大きく変わり、目新しさを感じた

絶対に来るとわかっていても、やはり怖いシーンは怖かった

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

完成披露試写会にて

藍沢先生や白石先生たちがそれぞれの道へ進んでいくという話。
ドラマシリーズと変わらず笑えるシーンも泣けるシーンもしっかり描かれていた

ただ、良い意味でも悪い意味でもドラマの延長
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

前評判よりは全然面白かった
ちょいちょいツッコミどころはあるが、シリーズファンならニヤけるシーンも多数

強いて言うならローグワンほどの圧巻の盛り上がりはなかったのが少し残念

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

予告がめちゃくちゃ面白そうだっただけに物足りなさを感じた
なんかいい話風にまとめたけど、人生奪ったことにはかわりないし…

設定や雰囲気自体はかなり好みだったので少し残念

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

中盤少し眠くなった
映画館で見たらまた違った評価だったんだろうと思う

とにかくエマストーンが可愛いに尽きる

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.7

前編よりも勢いがあって楽しめた

松岡茉優がめちゃ良かった

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

原作未読
The 青春って感じ

太一の人間臭さが良かった

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

MCUシリーズを制覇してから鑑賞
全部見といて本当に良かった
とりあえず続編が楽しみすぎて2019年まで待てない

あくまで個人の意見だけど、まだ見てない人は
アベンジャーズ
エイジオブウルトロン
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

マイティ・ソー3作目

ギャグシーンも多めで過去二作品よりも見やすい
アベンジャーズの時の影響か、ロキがハルク怖がっててかわいい

ジェーン(ナタリーポートマン)が出てこなかったのだけは残念

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

ただひたすらグルートがかわいい

ドラックスとマンティスの絡みも笑っていいのかわからないけど面白かった

メチャくだらないはずなのに、いつのまにか泣かせにくるから油断できない

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.4

MCUシリーズの中でも一番世界観がわかりにくい作品

カンバーバッチが傲慢な天才っぷりを見事に表現してた

個人的にはラストがあまり納得いかないので点数は低め

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.1

正義とは何か、を考えさせられる
スタークとスティーブどちらの主張も間違っていないのに、すれ違いぶつかっていくのが悲しい

既存キャラはもちろん、スパイダーマン、ブラックパンサーなどの新メンバーも勢揃い
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.7

これまでのMCUシリーズとは少し異質な作品

ストーリーはシンプルだが、シリアスな場面にちょいちょい挟まれるギャグシーンが面白かった

テンポが良くて気楽に見れる

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.5

個人的にバトルシーンは1作目の方が好き

ソーのハンマー持ち上げようとする場面ほのぼのしてて良かった

ブラックパンサーとの関連もあって楽しめた

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

マイティソー2作目

ストーリーはかなりガバガバだが、ロキとの共闘は王道展開で熱かった

ナタリーポートマンが美しすぎる

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.9

キャプテンアメリカ2作目

ペギーとの再会やバッキーとの闘いなど、1作目を見てる人には切ない展開が多い

ずっと恋バナしてるブラックウィドウとの関係が凄くいい

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

公開最終日に滑り込み鑑賞

黒基調のスーツがかっこいい

これまでのシリーズとの絡みはほとんどなかったが、ワカンダはインフィニティウォーでもキーになってきそうなので期待

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.3

アイアンマン三部作の完結編

トニースタークの人間味が出ているシーンが多く、これまでの中で最もストーリーが深かった
ペッパーどんどん可愛くなる

最後のハーレーの帰宅シーンのような展開大好きすぎる

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.9

これまでのMCU作品とは違い、軽いノリでストーリーが進んでいくから気楽に楽しく見れた

ロケットとグルートかわいい

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.4

考えも性格もバラバラのメンバーが徐々に集結していく感じが最高

意外とパワーバランスが取れててびっくりした

ハルクにドン引きするロキとかエンドロール後の会食とか笑えるシーンも多々