KAzKIさんの映画レビュー・感想・評価

KAzKI

KAzKI

ワールド|ドキュメンタリー|ファッション|アクション|SF|
たまにコメディ。

ラブストーリーは弱め

映画(543)
ドラマ(0)

羅生門(1950年製作の映画)

4.0

みんながみんな違うことを言う。

人が人を信じれなくなったら終わりかもしれないけど、そうなっても人は自分の有利なことを言う。
それが人間。

家族ゲーム(1983年製作の映画)

5.0

表現が間接的で面白かった。

松田優作の"間"の取り方がやっぱり素晴らしい。
全部彼に持ってかれた。


家族の関係性を家族で表現しないところがまた、素晴らしい。

音楽も一切いれず、エンドロールの表
>>続きを読む

天国から来たチャンピオン(1978年製作の映画)

3.5

全部ポジティブに消化されてるが故に面白みにかけて退屈に感じた。


やっぱり悪というか、敵というか、ネガティブ要素で落とす部分がないと見ていて面白みがないと思った。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

ごめん、ほんとにごめん。
キアヌリーブス、役所広司にしか見えなかった。。。

キアヌリーブスかっこいいよ、かっこいいんだけど、役所広司in NYCだった。。。


ラストの落としがなんか微妙だった、の
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

百姓と武士の関係性や、一人一人の個性が出ていて長いけどとても見やすかった。


たしかに、スターウォーズに応用させてるかなみたいなところがいくつかあって見ながら比べることができたかな。


これがあの
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

思った以上にはやく"部屋"から出た。
もっと部屋のシーンを引っ張ると思ってたからなんかびっくりした。



ジャックがもう女の子にしか見えなくてめちゃめちゃ美男子だったなぁ。。。

マン・オン・ザ・ムーン(1999年製作の映画)

4.8

最初はなんだか眠くなりそうとか思って見てたけどとても失礼だった。


見れば見るほど気がついたら彼に同情し、時には反抗し、気持ちを持ってかれていた。

少年と自転車(2011年製作の映画)

3.4

何かが浅い、軽い。


この手の映画ならグザヴィエならもっと濃く、長くしただろう。

ダンボ(1941年製作の映画)

4.1

ティムバートンの予習。


思ってた以上に楽しめた。
これを実写化させるのか、、、

ティムバートンに大期待!

(1990年製作の映画)

3.7

1,2,そして最後の話が個人的には好きでした。


なんかなんかだけど世界観がホドロフスキーに似てる。
ホドロフスキーが似てる。。。
エンドレスポエトリーとか思い浮かぶ似たような場面がいくつかあった。
>>続きを読む

田園に死す(1974年製作の映画)

5.0

これ、めっちゃ面白い。

寺山修司天才。
カメラワーク、世界観、音楽、全て自分には斬新で面白すぎた。

やっぱ小津さんといい、市川さんといい、日本の昔の監督は黒、闇の使い方が上手い。

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.5

高倉健のレイチャールズには爆笑した。
松田優作はどの仕草もかっこよかった。

なんか日本の映像の撮り方なんだけど洋的でもあってリドリースコット改めてすごい監督だなと。


そして日本のイメージがなんか
>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

4.0

こういうアクション映画って大体カーチェイスあるよね。


ウィルスミス安定のかっこよさ。

シンプルなタンクトップにシャツ、デニムはずるい。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.3

盲目おじいちゃんのスーパーアクション映画

どっちが主役か分からなくなった途中

静寂を求めて −癒やしのサイレンス−(2015年製作の映画)

4.8

とても良かった。

ジョンケージの4分33秒だったり静寂とは。

言葉では表せないけどとても心に響いた。

世界が愛した料理人(2016年製作の映画)

4.1

映画というよりは最早教育動画。

二郎さんの握りの手捌きひとつひとつに惚れた。


それから蛍をイメージしたデザートは今でも革新的だと思うしそれこそ分子料理に似たものを感じた。

考え方が日本版分子料
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.5

原節子さんどの映画見てもいつ見てもほんとに美人。
山口小夜子さんのよあなキリッとしたきつね顔も好きだけど節子さんのようなザ日本人顔もとても美しくて大好き。


市川雷蔵の炎上とか見ても思うけど日本人て
>>続きを読む

炎上(1958年製作の映画)

-

三島由紀夫の「金閣寺」を原作に作られたやつらしいがわたしはまずその金閣寺を読んでないので読んでからまた色々書きたい。


市原雷蔵のどもり具合が素晴らしいです。

撮り方や音の入れ方、選択がとても斬新
>>続きを読む

錆びたナイフ(1958年製作の映画)

4.1

石原裕次郎に小林旭かっこよ!!
北原三枝美人!


服装はスーツがほとんど。
デカめのトレンチを小太りが腰でギュってしてるあたり味濃さ感じる。

喫茶店ではクラシック。
バイクのシーンではジャズ。
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.6

snsの脅威、
悪ふざけが過ぎるとこうなる。


エマワトソンとトムハンクスはずるい。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.6

君の名はから見てしまった僕は、これを君の名はみたいだなと思って見ていた。

絵のタッチとか線路ですれ違うところとか。。。

内容としては二話の女の子が一番青春感じた。
メインどこ2人の関係性は不明。
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

時間の流れがとても緩やかで特徴的。

それに色の質も乾いていてイタリアの表情が伺える。
気温が画面を、映像を通して伝わってくる。



「水中が怖い。
上がってくる理由がないから。」

そして最後、ジ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

パリの描き方がすばらしい。
これはパリに魅力を感じるし行きたくなる。


マンレイでてきた時はびっくりした。

「現在って不満なものなんだ。それが人生だから。」
この言葉はかなり自分に響きました。
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.3

小学校ぶりに見たけど今見るとまた違う感情が生まれる。


人工知能はまだ生まれてはいけないんだって。
悪い大人たちがいるからねって。

仮想現実であるコクーンもそうだけどなんかこのときから自分はVRを
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.8

これはもうバナナマンが仲良いの映画。


うさぎがフリーザにしか見えなかった。
デスビーム

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.6

これは一体なんなんだ。。。


観るものを突き放してくるけどすごく惹かれた。

モード・イン・フランス(1985年製作の映画)

4.3

ゴルチエはやはり最強で最高。

あとカステルバジャックも大好きです。


流しながら見れる。
いい。

アラジン(1992年製作の映画)

4.6

アラジンはやっぱり英語の方が数百倍かっこいい。

モデル 欲望のランウェイ(2016年製作の映画)

3.6

最後の刺すところはいらなかったじゃないかなぁと。


でも今の自分にはとても面白く、考えさせられ、勇気付けてくれた映画でした。

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

4.5


マリオテスティーーーーノ


ガリアーノのルックは一目でそれと分かるからすごい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

音楽が坂本龍一、ジョンアダムズ等いい音楽。
音の挿入タイミングもかなり良くて耳にすんなり入ってきた。


内容はとても素晴らしい恋愛を感じることができた。
リリーのすべてとかシングルマンとか色々見てき
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.8

カーラ デルヴィーニュ!!

始まりのエフェクトがスターウォーズだしカーラの乗ってる飛行機がミレニアムファルコンだし音がタイファイターすぎてる。笑笑


ただ内容は、、、
まぁスタートレックだったりス
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

5.0

アンドリューに感情移入してしまった。

マリやったあとの彼らの一言一言にとても重みを感じた。

そしてスタイリングがめちゃめちゃヴェトモン(デムナのバレンシアガ)すぎた。

それからジョンのコート着た
>>続きを読む

バスキア(1996年製作の映画)

4.6

この映画のスタイリストもバスキアのスタイルをよく理解している。

ギャルソンでのモデル、
マドンナ、、、

それからボウイ演じるウォーホルがとても素晴らしかった。
絵を見て考えるあの仕草がほんとにたま
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ニューオーダー流れたのが本当最高!

アルテミス本人がjoy division着てたり!!!

キューブリックのシャイニング!!!
めちゃめちゃテンション上がった!!!
ここまでできるのがすごい!!
>>続きを読む

>|