カステラの貴公子さんの映画レビュー・感想・評価

カステラの貴公子

カステラの貴公子

映画(498)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

引き裂かれたカーテン(1966年製作の映画)

3.3

「引き裂かれたカーテン」ってタイトルだから「サイコ」みたいなサスペンススリラーだと思ってたらスパイの映画だった。

ポーランドババアいいやつやな。

ラストシーンは何故か見たことがあった気がする。
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.2

難しいような難しくないような…壮大なような壮大じゃないような感じ。

セリフも少なめだし宇宙をリアルに描いたためか全体的に静かで眠気を誘う。
月面カーチェイスもリアルっぽくていいんだけどやっぱり静かだ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

映像美は綺麗で素晴らしいけどあくまで子供向けだからかストーリーに深みがなくて何か物足りない感じだった。

マザージンジャーの部下とか表情のないブリキ兵とか見る人によってはホラーだなと思った。

キーラ
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.0

3部作の完結篇にして1番戦わない。
ギドラは噛み付いただけ…。

前作はメカゴジラじゃないメカゴジラだったけど今回はキングギドラじゃないギドラ。

無理矢理難しい設定を盛り込んで結果、訳が分からなくな
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.0

アニゴジ第2章。

ゴジラとなかなか戦わないしメカゴジラも出てこなくて思ったのと違った。
今思えばタイトルが「決戦機動増殖都市」だもんな。

ゴジラの熱線はかっこよかったよ。

ヴァルチャーはなんかコ
>>続きを読む

追憶(1973年製作の映画)

3.3

ロバート・レッドフォードがかっこよかったくらいしか印象に残らなかったな。

Yahoo映画に「レッドフォードの美男子ぶりは良いのだが、主役のバーブラが好きになれるかどうかで作品の見方が相当変わってくる
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

3.9

コメディ映画だけども思ったより恋愛映画だった。

映画史に残ると言われるラストシーンはハッピーエンドなのかバッドエンドなのか方々で議論されてるみたいだけどハッピーエンドであって欲しいな。
盲目だった女
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

3.8

思ったより面白かった。
割と話的には重めなとこもあって。
邦題は「アンダーカヴァー 」だけど潜入捜査したのは少しだけだった。

マーク・ウォールバーグとホアキン・フェニックスが兄弟って無理があるくらい
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.8

一言も二言も多いひねくれじじいだけど根は優しいというか自分に正直に生きてる感がいいね。
「結婚できない男」と似てるなと思ったけど犬と仲良くなるとこまで一緒とは。

コメディ要素もいい感じに入ってて見や
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.4

実話ってのがまたすごいね。
金がありすぎて困るなんてことが現実でありうるんだ。
正直、金があるならやめればいいのにとも思うけど実際のところそういうわけにもいかないんだろうな。
麻薬カルテルから恨みを買
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.5

クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来、主演監督を務めた作品。
90歳にして麻薬の運び屋になった老人の実話。

主人公のアールが自由人な感じが面白いね。
薬物運んでるのにいい意味で緊張感がな
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

人種差別系の映画だけどコメディ調にまとまってて観やすいし差別に立ち向かう人たちがかっこいい。
色々と脚色はあるみたいだけどこれが実話ってのがすごい。

前例がないなら前例になるしかないと力説するシーン
>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

3.4

インドのSF超大作「ロボット」の続編。
インド映画史上最高の製作費90億円を投じたらしい。

かっこいいのか悪いのか…。
戦闘シーンは壮大なんだけどどこかマヌケだよね。

スマホが集まって巨大な怪鳥に
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.4

タイトルは「ゴールデン・リバー」より原題の「The Sisters Brothers」でよかったんじゃないかな。

西部劇だからもっとドンパチするのかなって思ってたら、どちらかと言えば静寂に包まれた映
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

3.5

この映画といったらあの超有名なラストシーンと「サウンド・オブ・サイレンス」のイメージしかなかったから、主人公が思いのほかヤバいやつで驚いた。

大恋愛を経てのあのシーンかと思ってたから、まさかストーカ
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.5

2D字幕。

ソニックの前デザインが不評で作り直しで公開延期、そしてコロナでも公開延期でようやく公開した本作。
デザインの変更は成功じゃないかな。
原作に近い感じで。

ストーリーは割と平凡だけど、ノ
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.5

タイトル的に「ヒューゴの不思議な発明」と「ルイスと未来泥棒」と被るやつ。
見終わって気づいたけどこれの監督イーライ・ロスだったんだ。
こういう子供向けのファンタジー映画を撮るなんて意外だった。

なん
>>続きを読む

ガンジー(1982年製作の映画)

3.6

ガンジーといったらインド独立の父ってことぐらいしか知らなかったからほとんど初耳だった🇮🇳

神に近い人だと思ってたからスーツ着て弁護士やってたのに驚いたよね。
当たり前だけど人間なんだなって。
あと何
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.1

死者の記憶をロボットに移す研究してるからてっきり死んだ家族の記憶をロボットに移すのかと思ったらクローン作ってそっちに移す話だった。

前半はどう終わるのか気になるけど、後半は実は会社が悪者でしたからの
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

3.9

サウンド版。

シンプルだけど面白い。
さすがチャップリン。

銃を向けられるシーンとか最高。
山小屋が傾くやつとか幻覚でニワトリに見えちゃうやつとか今現在のお笑いでも使われてるしね。

パンにフォー
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.7

前作はすごく面白かったから期待してたんだけど、物語的にはそうでもなかったな〜。
ヴィランというヴィランがいなくて事件の原因はラルフだし。
buzztubeも正直スベってるし。

インターネットの世界観
>>続きを読む

スペシャリスト(1994年製作の映画)

3.2

基本は爆弾なのでスタローンにしてはアクション薄め。
銃乱射とかしないからね。

プールで爆弾の起爆装置がテニスラケットって不自然すぎじゃない?

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.9

F1の知識はほぼないけど面白かった🏁
こんなに熱くなれるとは思わなかった。

いがみ合いながらも尊敬していて認め合ってる。
友情にもいろんな種類があるんだなと思った。

あの大クラッシュからの復帰、大
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

オールスター大集合でホントにお祭り的映画。
ただ結局活躍するのは最後の共闘するメンバーくらいで最悪の世代でさえ大した見せ場はなくて残念。

バレットは最悪の世代を圧倒してる時はカッコ良かったけど能力を
>>続きを読む

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

3.3

クリント・イーストウッドの監督デビュー作。

ワンナイトだと思ったらその女に付き纏われるお話。
今でいうストーカーだけど、ストーカーの概念がない時代にこれを制作したのは結構先進的だったのかな?

スト
>>続きを読む

巴里の女性(1923年製作の映画)

3.5

チャップリン映画だけどチャップリン出てへんのかーい。
ジャンル的には喜劇ではないけど少し喜劇もあり。

1923年当時にしては結構斬新なのかな?
わからんけど。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.3

評価が良いのは知ってたけど同性愛映画だから敬遠してた作品。
結果、自分には合わないかな。
なんでそうなるかがわからんし。

4年ぶりに再開したからって詰めが甘すぎ。
そりゃバレるって。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.3

壮大な不倫の物語。
個人的にはそんなに良さはわからなかったな。ただただ長い。

一番のかわいそうなのはコリン・ファースなのではないかな。
奥さんに不倫されてそれに気づき自暴自棄になって飛行機で突っ込む
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

子供向けっていうよりは疲れ切った社会人へって感じな映画。

“何もしない”は、最高の何かにつながる。
確かに子供の頃はよく“何もしない”をしてたな〜。
人造人間17号の「そのムダが楽しいんじゃないか」
>>続きを読む

WASABI(2001年製作の映画)

3.4

いつか見ようと思ってたけど評価が悪かったから敬遠してた作品。
そのため期待値0だったからかわりかし面白かった。

まぁ確かに変な日本ではあるけどそこは想定内だし。
エンディングもちょっとだけPUFFY
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

今度はお前がループするのかーいと思ったら結局ツリーになるのね。
しかも今度は別次元に飛ばされるというまさかの多元宇宙論。
ホラー色はほぼゼロでSF色が超濃い目。

またこの状況を楽しんでいるみたいない
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

3.1

段ボールやトランプでできた迷路の造形が凄くいい。
飛び散る血が毛糸や紙吹雪なアート感も面白い。
だけど正直内容は意味不明。

途中パペットだったりケンタウロスが出てきたり、迷路が成長したりと支離滅裂な
>>続きを読む

ヴァイラス(1998年製作の映画)

3.1

「ターミネーター」×「エイリアン」的な作品だけど2つより新しいのに全体的に劣ってるし結果B級な駄作になった感じ。
いろいろ惜しいんだけどね。

当時のハイテクマシーンも今となってはレトロ感。宇宙人なの
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

人に勧めたけど自分がよく覚えて音楽は魔法。
個人的に好きなアーティストや聴いている曲で人生観は変わると思う。

路地裏や地下鉄でのゲリラレコーディングが楽しそうでワクワクする。
近くで遊んでる子供が参
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.4

近い将来こういうこと起こらないとも言い切れないな。
シェアするのは別にいいと思うけどそれを強要するのは違うと思う。
社員2人が情報をシェアする必要があるって説明しにくるシーンは変な宗教の勧誘みたいで怖
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.7

ジャケット的には結構なホラーかと思いきやだいぶポップでコメディの方が近かった。

犯人探しをしながら殺され続けるところはもうその状況を楽しんでるじゃん。

犯人も意外な人でそこも楽しめた。

医学的に
>>続きを読む

>|