けろえさんの映画レビュー・感想・評価

けろえ

けろえ

映画館のあの暗闇がたまらなくすきです(たまにねちゃうけど)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.2

なんだかほんわかした映画でした。人種問題や家族問題を題材にしながらも、さらっとさわやかにまとめた佳作。
久しぶりに観たホリー・ハンターはやっぱり巧いな。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.3

新参者シリーズ初見。
優れたミステリーであるとともに、骨太な人間ドラマでもありました。
序盤からの有無を言わさないスピーディな展開に、まんまとのせられてしまいました。力作。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.0

「いい一日ではなく、意味のある一日を。」シャーリー・マクレーンがこの言葉を放つと、すごく心に響きます。
シャーリー・マクレーンとアマンダ・セイフライドの相性も抜群。
今からでも新しい人生を、と勇気をも
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

4.2

あーなんか映画を観たな〜っていう充実感。
お話は無いに等しいし、もっとドロドロしてるかと思いきやあっさりしてるし、エル・ファニングちゃんの活躍は少ないし、多少の物足りなさはありますが。さすがカンヌ監督
>>続きを読む

ウイスキーと2人の花嫁(2016年製作の映画)

4.0

ほのぼのとしていて心が温かくなる、優しい映画。
ウイスキーは飲めないのですが、無性に飲みたくなりました。みんな美味しそうに飲むんですもん。エンドロール最後のテロップがいかす☆

エターナル(2016年製作の映画)

3.8

これといってストーリーらしきストーリーはありません。が、ラストまで観せてしまうのは、静かなるイ・ビョンホンの演技のおかげでしょうか。
オチは途中で読めちゃいましたけどネ。
オーストラリア行きたいなあ…
>>続きを読む

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

3.7

「未体験ゾーンの映画たち2018」にて。
ようやく日本で陽の目をみた今作、世間から酷評されているほどひどくはなかったような…。
まあ、一体何が言いたかったのか、イマイチ焦点がぼやけていることは確かです
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

原作未読。
少し懐かしい匂いのする、ほろ苦い青春群像劇。
これといって特に心に響くものがなかったのは、自分が歳をとってしまったからでしょうか。なんとなく空疎なものが心に残りました。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

音楽と踊りがサイコー。できればドルビーアトモスかIMAXで観る事をお勧めします。
その反面、お話がちょっと弱かったかな…。
ザック・エフロンの歌い踊る姿をもうちょっと観たかったなー。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

切なくも幸せな物語。
自然と涙がこみあげてきました。
坂口健太郎がドンピシャはまり役。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.4

子供の無邪気さに相反して感じる哀愁感。
お話もシビア。66分間にギュッと人生の縮図を凝縮した、完全に大人向けの映画でした。

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

3.8

親と子の絆、そして普通に生きたくてもそれができなくてもがく男の物語。
ちょっと荒い作りですが、マイケル・ファスベンダー様を思う存分堪能できます。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

青春カニバリズム映画。想像してたより生々しくはありませんでした…が、苦手だな…映画的に。
これカンヌで賞とってるんですよね。私、カンヌで賞とった映画と相性良くないみたいで。すごい映画なんだろうな、とは
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.9

邦題からするとなんだかハードな映画のイメージがありますが、内容はいたってのんびり&お茶目。ラストのオチからして笑わせようとして作ってるとしか思えない。
ベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスが渋くてカ
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.5

間宮祥太朗目当てで観てきました。
が、松坂桃李が良かったです。うまいな。
お話はまあフィクションだと思って観れば、まあまあ楽しめました。やたら簡単に人が死ぬのはなんかアレですけど。
沢尻エリカさんの演
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.1

ジョン・ウー節全開バリバリ。白い鳩パタパタ。
アクションシーンはさすがにすごいです。が、日本語の吹替と口の動きが全く合ってなかったり、話が細切れでポンポン飛んだり、一番ダメだったのが音楽…ださい.。
>>続きを読む

サリュート7(2017年製作の映画)

3.9

「未体験ゾーンの映画たち2018」にて。
ロシアの宇宙モノときいて興味津々、わくわくしながら観てまいりました。
とりたてて新鮮さはないものの、というかちょっと古臭さもあったりして、まあソ連時代のお話で
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.8

コテコテのサスペンスかと思いきや、シュールなコメディ的ドラマ+ちょっぴりサスペンスといった趣。
登場人物を活かしきれてないのが残念。

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.8

うーむ映画の世界にぐいぐい引き込まれますねぇ。
ただ何箇所か「?」な部分もあって、それがちょっと残念。
ラストの落としどころも、別の方がよかったんじゃないかな…。ちょっと違和感。
さて、アナザーバージ
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.6

トランスジェンダーの娘を持つ母親を中心とした、3世代の家族の物語。
なんだかギャーギャー騒いでるだけで、イマイチ共感できず。エル・ファニングの繊細な演技に救われてる感じ。
でもなんで2年間もお蔵入りし
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6

なんだコレすごい。いろんな映画の要素が次から次へと、そして全く先が読めません。
作品の奥底からは、人間の優しさや温かさを感じとることができました。大満足。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

4.0

周りの人に人生を狂わされたひとりの女性の物語。
延々と悲しく辛いシーンが続く。ラストの結末で一気に涙腺崩壊。
昨日観た「デトロイト」に引き続き、ジャック・レイナーがいい味を出してます。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.3

情け容赦なし。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつけられました。
でもちょっとした救いもあったりして、結局は人間個々の素質の問題なのかもしれません。
いろいろズシーンと響く映画でした。

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

3.7

複雑でよくできたサスペンス、と言いたいところですが、謎の絡まり方がイマイチ。残念ながらいろいろととってつけた感が否めませんでした。構成のせいかな?
ホラー的描写もありますので、耐性のない方はご注意を…
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.8

「未体験ゾーンの映画たち2018」にて。
タイトルだけからすると、アドベンチャー映画っぽい感じですが、夢にとりつかれたひとりの男の伝記みたいなお話。
勢いよりはじっくりと見せる映画でした。なかなか見応
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.9

ヘレン・ミレン出演作にハズレなし。
ちょっぴり切なくて、そしてほのぼのとさせられるロードムービー。
愛する人と最期まで一緒にいられたら幸せでしょうね。

トップガン(1986年製作の映画)

4.3

「さよなら日劇ラストショウ」にて。
この映画は、私が映画ファンになったきっかけの作品。公開当時高校生だった私、この映画でトム・クルーズに惚れ(汗)、名画座のトム・クルーズ特集に通い、「ロードショー」「
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.1

すれ違いの家族と、それをやさしく見守るひとりの難民のお話。
ゆっくりと話が進むので、前半これどうなっちゃうのかと思いましたが、最後は家族っていいなと思わせてくれました。

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.7

観ている最中、なんだかこども向け漫画を観てるような錯覚に陥りました。が、そういう風なものだと思えば、コンパクトにまとまっていてまあまあの出来。
マシュー・マコナヘイのこういう映画久しぶりですね。

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

3.8

もっとSFチックなお話なのかと思いきや、少年が宙に浮くということ以外は、なんとなく哲学的な逃走劇。
冒頭のシーンや宙に浮くシーン等のカメラワークが斬新。

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.9

ひとりのおじいちゃんの回顧録。
穏やかな物語ではあるが、シャーロット・ランプリングが出てくるあたりから、少々不穏な空気が流れ出す。ちょっとホラー。
過去の自分とどう向き合うか。最後はほっこりさせられな
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

うーん、いや、なんか、至って普通…。これ、プロットかなんかがなんかのグランプリとったんですよね。
そして長澤まさみが単なる嫌な女にしか見えない…。
吉田鋼太郎のあくびがいい味出してました。

EVA エヴァ(2011年製作の映画)

3.6

ビジュアルからしてもっとキラキラしたお話かと思いきや、ずっしりと重たくて物悲しいお話。
エヴァの性格やらがいまいちかわいく思えず、感情移入できなかったのが残念。
ダニエル・ブリュールはなんでもうまくこ
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.9

思いついたままにあれもこれも、と勢いで作っちゃった感じ。展開が早い早い。続編作る気マンマンですね。
ロシア版「X-MEN」つーよりは、ロシア版「ファンタスティック4」かな…。
あ、小柳ルミ子さんのそっ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.8

不思議感覚のミステリー。
想像していた内容とは全く違いましたが、予想外の方向に話がコロコロ転がるので、飽きずに最後まで観れました。
あの医者どっかで見た顔だなー、とずっと考えながら観てましたが、「フィ
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

これは間違いなく映画館で観なくちゃいけない映画。
大画面と大音響でいろいろ欠点がごまかされてるような気がする^_^けど、面白かったんだから仕方ない。
有無を言わさない問答無用さで最後まで突っ走ります。

>|