けろえさんの映画レビュー・感想・評価

けろえ

けろえ

映画館のあの暗闇がたまらなくすきです(たまにねちゃうけど)

まともな男(2015年製作の映画)

4.2

ひーこわい。
普通の人間が持っている、普段は隠れてる狂気をじわじわと見せつけてくれます。
スイス映画観たのは初めてかも。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.3

どこかしら全編通して感じるすっとぼけ感。
チャニング・テイタム様とアダム・ドライバーくんが並んだ際の、目の死に具合がそっくりで笑いました。まさに兄弟。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

吹替版にて鑑賞。
流れてるように描かれる絵画たち。素晴らしい。特にモノクロシーンは写真を観ているよう。
ストーリーもミステリー仕立てで見応え充分です。

16歳の合衆国(2002年製作の映画)

4.0

若き日のライアン・ゴズゴズの主演作。というより、群像劇か。
悲しいお話だけれども、全編にわたって優しい眼差しが注がれている。観終わったあとにあたたかい感情が残る作品。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.2

つかみどころのない映画ではありましたが、何故か心に沁みこんできます。
臼田あさ美がナチュラル。大賀演じるせいちゃんが最後に歌う曲がすてき。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.6

なんだかこう、うわーっと盛り上がってきたところで、バッサリと打ち切りになったドラマのよう。
もう少し深く掘り下げてくれれば、ラストのバッサリ感も衝撃的だったんでしょうけど。表面的につらつら〜っと流れて
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

映画の素晴らしさに、改めて気づかせてくれます。悲しくて地味だけれども、心が優しくなれる一本です。

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.7

劇場内は韓流おばさま達で満席。イ・ビョンホンってまだ集客力あるのねん、などと思いながら鑑賞。
肝心の映画は若干お話が複雑な上、あれもこれもとつめこんだおかげで、上映時間が長い…。
カン・ドンウォンが「
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.7

84歳になる母が観たい!とのたまうので、お供してきました…スプラッターは観たくなかったんですけどネ。
過去7作を全く観ておりませんが、スプラッター以外の部分は、まあボチボチだったのではないでしょうか(
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

4.3

設定がブッ飛んでて、コメディだと思いがちですが、お話はいたってシリアス。
男の身勝手さがこれでもかと描かれていて、まああんな男だったらああなっても仕方ないわな。
それにしてもなんでこんなに評価低いのか
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.9

先日観に行って開始早々15分くらいで爆睡。気づいたらエンドロール終了…。
と、いうことでもう一回観てきました。
面白くなくはない。展開にグイグイ引き込まれましたから。お話も思わぬ方向に転がっていくし。
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.8

よくビデオスルーにならなかったなコレ。
と、思うほど、お話はたいしたことないし、目玉になるシーンもありません。
が、なんだか観ていて楽しい。仕事帰りに軽い気持ちでふらっと観れる、佳作コメディかな。

氷菓(2017年製作の映画)

4.0

出来たてホヤホヤのTOHOシネマズ上野で鑑賞。新しい映画館の匂いってなんかいいなあ(汗)
さて映画の方ですが、よくありがちな明るい青春映画ではなく、ちょっと影のある、思ったより骨太な作品でした。
広瀬
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.5

人間の生と死。生きていたいのに死ななくてはならない。死にたいのに生きなければならない。
世の中は不条理だらけだ。そんな世の中の一部を切り取って描ききった傑作。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

うーむ、大人の映画ですね。
構成も凝っていますが、混乱させることなく、狂気をはらみながら最後まで惹きつけてくれます。
観終わったあとは、何故か切なさが残りました。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.3

ホラーはホラーでも、青春おばけ屋敷映画といった趣き。それぞれの子供達の心情がしっかりと描かれていて、青春映画としても見応えアリ。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.4

相変わらず前2作をすっとばしていきなり鑑賞。
アクションはもうバリバリでしたが、案外お笑いの要素もあるんですね。
クリヘムは短髪のほうがかっこいい。そしてまさかのケイト・ブランシェット。悪役似合いすぎ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.6

もうちょっとサクッとまとめてくれたらなあ。ちょっと長い。
主演は西島秀俊さんでしたね。二宮くんのファンはさぞやきもきしたことでしょう(汗)

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.5

最初、嫌な男と嫌な女の話だな、と思って観ておりましたが、お話が進むにしたがって、ミステリー色をおびながら無償の愛のお話に。
蒼井優と阿部サダヲがすごいです。今年度邦画暫定ナンバー1。

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

4.0

まさに広瀬すずのための映画。
なんの変哲もない普通の青春映画にもかかわらず、広瀬すずの演技力で格がひとつ上がったような気がする。脇役もみな良い。
おそるべし広瀬すず。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.6

あくまでも淡々と語られるポリーナの人生。淡々しすぎていて途中寝落ち…。ジュリエット・ビノシュが出てたはずなんだけどな…。(←寝すぎ)
ラストのダンス、キレイでした。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.9

ツッコミどころ満載ではありますが、設定の妙とスピーディな展開で魅せてくれます。思ったよりバイオレンス。
グレン・クローズ、もうこういう役しか来なくなっちゃったのかしら…。

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.5

常に予想の斜め上を行く展開。笑った。
しかし、少々ひとりよがり的な場面もちらほら。自主制作映画が少しがんばりました、位の感じかな…。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

観始めてしばらくは、セリフは多いし専門用語多いし、ダメだついていけん…と思いましたが、どんどん映画の世界に引き込まれ、クライマックスでは鳥肌が。
映画の醍醐味がぎっしりつまった一本。ジェシカ・チャステ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.6

ただただ圧巻。
そりゃ多少の不満や?はありますが、もうそんなもんはどうでもいいです。この映画が観れただけで幸せ。また観ます。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

おもろかった!これは予告編もあらすじも、前情報は何にも頭に入れないで観た方がいいですヨ。
まっ観始めてたら観始めたで、なんとなく先は読めてしまうんですけどネ…。

ロキシー(2016年製作の映画)

3.4

なんだか予告と違って静かな映画だな〜、と思って観てたら途中で少し寝ちゃいました…。目をさましたらいきなりバイオレンスになっててびっくり。お話は単純かも。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.4

いろいろな愛の形が複雑に形を変えながら現れては消える。
デモ隊とか自殺防止サークルのくだりは不要だったかも。
前篇が菅田将暉の映画なら、後篇はヤン・イクチュンの映画、といったところでしょうか。健二のモ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.3

爆音映画祭@丸の内ピカデリー。
「ディレクターズ・カット最終版」を二十ウン年前に観てはいるのですが、「ブレードランナー2049」の予習も兼ねて観てきました。
観終わった最初の感想は、「アレ?こんな映画
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

ガッキーと瑛太の自然体の演技が光る良作。ちょっと冗長な部分もあるけれど、誰もがどこかにきっと共感できる部分があるはず、そんな作品。
ほんとは永野芽郁ちゃん目当てで観たのですけれど、いちばんやられたのは
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.9

アメリカをはめた男、というか、はめられた男というか、芋づる式にああなったというか…。
例の手ブレ方式のカメラ。案の定眠くなって途中寝落ち。そして字幕は戸田奈津子さん…。
あ、トムちんは相変わらずかっこ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

雰囲気も音楽もアクションもシャーリーズ・セロンも最高にクールでスタイリッシュ。
ではありますが、お話がちょっとよくわかりませんでした。私がバカなだけか…?
まっ、シャーリーズ・セロンのための映画でしょ
>>続きを読む

HACHI 約束の犬(2008年製作の映画)

4.3

とあるシーンで涙腺崩壊。飼っていたわんこの事を思い出してさらに崩壊。
泣かせようとしない、押し付けがましくない淡々とした演出が、逆に泣かせる。

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

実はこの作品を観たくてNetflixに加入したのでした(汗)
なんたがとてもつかみどころのない、ホワワーンとしたファンタジーでした。
昨日観た「プリズナーズ」に出てた、ジェイク・ギレンホールとポール・
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.4

久しぶりにまともなジェイク・ギレンホールを見たような気がする(汗)
それはさておき、2時間半の長丁場、一瞬たりとも飽きさせず持続する緊張感。後半の全く予測できない話の流れ。この監督の作品は、ハズレ少な
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.0

描いている内容は劇的なのに、とてもゆっくりと時間が流れているような映画。
ふと、自分の人生を振り返ってみたくなりました。

>|