mapleさんの映画レビュー・感想・評価

maple

maple

邦画、洋画、アニメなんでもOK♪( ´▽`)
でも、海外ドラマだけはなかなか手が出せません(´・_・`)

映画(431)
ドラマ(0)

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.3

運命じゃない人を気に入って、期待を込めての鑑賞。

前監督作と比べるとキャストがかなり豪華になりました。

これは、前情報なしに素直にのめり込めたらホントに楽しい、気持ちよく騙されましょう(⸝⸝⸝°°
>>続きを読む

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.9

ジェイソン・ステイサム主演のおバカ作品

全く説明なしにいきなり瀕死のジェイソン。
何やら中国製の毒を打たれたらしい。
とりあえず、息を吹き返したもののとにかく興奮し続けなきゃ死んでしまう。

喧嘩を
>>続きを読む

バンビ2/森のプリンス(2006年製作の映画)

2.9

1でバンビのママが殺されたそのあとのお話。

いわゆるディズニーのお小遣い稼ぎの続き物だけど、嫌いじゃない。

バンビの大人への成長はもちろんだが、父親が王としてではなく父として成長するのも良かった٩
>>続きを読む

TAXi(2)(2000年製作の映画)

2.8

今回はプジョーと外国から見た変な日本を愛でる作品。

1作目でカーアクションじゃなくてフレンチコメディという事を知ったので、期待値を下げての鑑賞だったので及第点。

前作よりもさらにコメディ要素が強く
>>続きを読む

the EYE 3(2005年製作の映画)

1.3

香港ホラー映画『the EYE』の3作目。
何故か原題は『the EYE10』…( ゚д゚)ハッ!
主人公が5人いるから目が10個的な意味なのかしら(  -᷄ ω -᷅ )

前作、前々作からの繋がり
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.9

筒井康隆原作、今敏監督の長編アニメ。

原作は未読ですが『夢』を舞台とし、筒井康隆さんらしい不条理SFの世界観をしっかり感じることが出来ました( ๑•̀ •́)و

90分と長い作品ではないので説明が
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

4.3

ポール・トーマス・アンダーソン監督の三時間に及ぶ群像劇。

死期が近づいたプロデューサー、慌てふためくその後妻、プロデューサーを介護するヘルパー、ガンに犯された名物クイズ番組司会者、薬中毒の娘、生真面
>>続きを読む

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗(2009年製作の映画)

2.6

三部作の完結編。

最終章ということでどうしても駆け足で謎解きや伏線回収がメインになってしまうのは仕方ない。

この作品から見始める人は少ないと思うので、作風についての野暮なことは言わないでおきます。
>>続きを読む

アーサーとミニモイの不思議な国(2006年製作の映画)

3.5

リュック・ベッソン監督の実写+CGアニメ。

イギリスの寄宿学校から夏休みに帰ってきたアーサー。なのに、両親不在で祖母しかいない。
さらに金銭難から電気も止められ、2日後には家も追い出される事に…。
>>続きを読む

ブリーダー(1999年製作の映画)

3.6

巷で話題のレフン監督を初体験。

全く前情報なしでの鑑賞。

それほど若くない4人の男が主役。
彼女の妊娠により少し不安がつきまとうレオに彼女の兄のルイから積極的に祝福され、さらにストレスが…
一方、
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.1

旧三部作の最終章でなんかテイスト変わったと思ったら監督の交代があったみたいで…。

アクションシーンはスケールアップしたもののストーリーはエンターテインメントに振ったため気楽に見ないとアラが見えてしま
>>続きを読む

ハッピー フィート(2006年製作の映画)

3.3

マッド・マックスからベイブまで幅広い作品を手がけるジョージ・ミラー監督のCGアニメ作品。

もうこの頃のCGは十分すぎるくらい綺麗なので映像での不満は全くないのですが、リアルすぎて大人のペンギンたちが
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

デヴィッド・フィンチャー監督、エドワード・ノートン、ブラッド・ピット主演のサスペンスアクション映画。

公開当時は酷評が多かった印象ですが、最近は高評価が多いですね。

話題となったサブリミナル効果も
>>続きを読む

DOA/デッド・オア・アライブ(2006年製作の映画)

2.4

格闘ゲーム原作の意外とお金をかけたのに興行的に失敗してしまったおバカアクション映画。

元々ゲーム未プレイで思い入れもなくデヴォン青木目的での鑑賞の為なんの期待もしていなかったので普通に楽しめました(
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

3.4

新声優陣による映画ドラえもんは第1弾の映画のリメイク。

新声優陣と言っても、もう10年以上経ってるので今の子供たちにとって『この声』がドラえもんになってるんですね。

映画の大筋はそのままでクライマ
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.7

フランク・ダラボン監督、スティーブン・キング原作の『ショーシャンクの空に』のコンビによるファンタジー・ヒューマンドラマ

名作と名高いですが初めての鑑賞。
これはフォンタジー要素を受け入れることが出来
>>続きを読む

20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008年製作の映画)

3.6

浦沢直樹のSF漫画の実写第二弾

もちろん前作の続きで15年後のお話。

今やアモーレの平愛梨さんは演技力はさておきカンナ役はバッチリですね(*´○`)o¶♪

前作からそうですが配役の妙と言いますか
>>続きを読む

6+ シックス・プラス(2006年製作の映画)

2.3

幼馴染の葬儀で集まった6人が遺言を叶えようとある場所へと向かうとそこは……的な感じで掴みはなかなかいい感じです( °▾°)

その前にオープニングで子供を集める不思議な施設な話もありなかなか期待値をあ
>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

4.1

家族4人で幸せに暮らすマーティン家に人型家事ロボット『アンドリュー』がやってきた。

彼はプログラミングの不具合なのか何故か感情を持ち考える事ができる。
メーカーとしては『不良品』の烙印を押されるが、
>>続きを読む

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008年製作の映画)

2.9

江戸川乱歩が生み出した怪盗二十面相と明智小五郎らを題材に豪華キャストが熱演。

乱歩だからとミステリーや陰鬱なグロさは皆無で、コメディ色のあるアクション映画となっております。

内容の割にキャストがベ
>>続きを読む

31km(2006年製作の映画)

2.3

日本の怪談の雰囲気も匂わせるラテン系ホラーといった説明が多かったので少なからず期待して視聴。

タイトルにもある『31㎞』地点で不思議な少年を轢いてしまった双子姉妹の姉が確認しようとしたその時…
って
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.9

ご存知筒井康隆原作の名作をリメイク‎|•'-'•)و✧

未読で実写映画映画も未見ですが、内田有紀と袴田吉彦がやってたドラマは見た記憶がある( ´)Д(`)
でも、ほとんど覚えてないので新鮮な気持ちで
>>続きを読む

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

3.2

真面目な映画と思ってたらコメディでしたぁ( °◊° )

マフィアのボス・デニーロはパニック障害が恥ずかしい(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)
親友が殺され、情緒不安定になってボスとしてカッコのつかないヴィ
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.1

雄々しい、ただただ雄々しい。

史実を元にスパルタ国要するギリシア連合とペルシア帝国のテルモピュライの戦いを切り取ったガチムチファンタジーアクション(´∀`)

独特な色彩とスローモーションを多用して
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

好きです(* ॑꒳ ॑* )

季節外れだけど2回目の鑑賞‪( 'ω' و(و "フリフリ‬

今敏監督の長編第3弾のクリスマス映画。
タレント声優は基本的には反対派ですがこれは3人ともとても良く似合
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

3.4

自伝を元にした映画作品。

精神病院の話という事で『カッコーの巣の上で』を思い出させるが、今作の患者は若い女性ばかりということで少し色合いが違います。

正常と異常の境は本人には理解できないので全ては
>>続きを読む

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり(2008年製作の映画)

3.5

原作を中途半端に読んでたので、微妙ながらも純粋な映画作品として鑑賞。

三部作の一作目というのは承知の上なので、すべての謎が解明されず風呂敷を広げたままで終わってしまうことは問題なし。

まずは登場人
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.1

今までのボンドのイメージを一新して金髪碧眼になった事で賛否両論あったけど、そんなちっちゃな事を気にするのが馬鹿らしいほど楽しめます٩̋(ˊ•͈ω•͈ˋ)و

新人ダブルオーのボンドは人間味溢れて、隙が
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.7

ガイ・リッチーの長編監督デビュー作。

いわゆる群像劇で、たくさんの登場人物の事柄が1つの風呂敷に収まっていくのは興奮と感嘆が味わえます✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

ただ外国人の顔と名前を覚える
>>続きを読む

龍が如く 劇場版(2007年製作の映画)

3.0

ゲームに興味はあるものの未プレイのまま先に映画を鑑賞。

当たり前ですが、人間関係や設定なんか全くわからないので少し置いてけぼり感はあるのですが、岸谷五朗演じる真島の兄ぃのキャラだけでこの映画を見たか
>>続きを読む

LOSS ロス(2005年製作の映画)

2.1

前情報なしに鑑賞

一時期のシチュエーション・スリラーブームの時にジャケットに惹かれて借りた記憶。

いろいろと突っ込みどころはあるけど、意外にも飽きずに見れました。

記憶を奪われ、別々の場所に開放
>>続きを読む

きつねと猟犬2/トッドとコッパーの大冒険(2006年製作の映画)

2.5

約二十年ぶりの続編…というか子供時代のお話。

OVAなので低予算だとは思うのですが、それなりにきれいな映像ですが、少しCGが浮いてしまってるのは仕方ない。

前作が少し現実的な話だったのですが、今作
>>続きを読む

ベルベット・ゴールドマイン(1998年製作の映画)

2.5

デビッド・ボウイ、T-REX、スレイド、イエモン辺りは好きだけど、グラムロックにのめり込んだことはないくらいの人間なので、『とても楽しめた!!』とまでは言わないまでも興味を持って鑑賞できました((*゚>>続きを読む

レーシング・ストライプス(2004年製作の映画)

2.5

ざっくり言っちゃうとシマウマが競走馬になって競馬に出ちゃうお話。

元花形調教師の家族のこと、動物ないカースト、現実と夢など、特別新しいことはないけど安心して見れます。

吹き替えで見るとなんか少し懐
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

1.9

スタジオジブリ、宮崎吾朗監督の初作品。

ジブリ制作ということで期待値を上げてしまうとなかなか厳しいが、初監督作品という事で優しい目で見ると…いや、そんな事はできんし、伏線というか広げすぎた設定をうま
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.4

今までタイミングを逃し続けていてやっと鑑賞。

評判通りの冒頭の上陸シーンで度肝を抜かれた((*゚ー゚)
実際の戦争を経験していないので偉そうなことは言えませんが、リアル感と虚無感は嫌というくらい伝わ
>>続きを読む

>|