kazuhoさんの映画レビュー・感想・評価

kazuho

kazuho

映画(217)
ドラマ(0)

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.8

なんでか忘れたけど1人で映画館に観に行って号泣してしまった

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8

森見登美彦の独特なセリフ回し×アニメーションでしか出来ない表現が面白かったけど、途中やっぱりわからないところもあって、でもラストよかったから3.8すね

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.6

市原悦子さんの演技はもちろんすごいけど、林くんの顔色とか顔つきとかまで段々変化していくのがすごい。ダメな人間が人と出会って、改心して、更生して、という物語はおれは好きです

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.6

強くて暖かい言葉に溢れていて、精神的な助けになりました。絵を描くことも、人形も、本も、おれは好きだから、おこがましいけど共感できる部分も多かった。苦しくなったときにまた観返そう。

「悲観して下を向
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.8

もうみんな知ってるけど、当時リアルタイムで観てた人は父親だって知らないわけだから相当驚いたでしょうね

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

キャストも豪華で、ドラマを全部ちゃんと観ていたらもっと楽しめたと思う。あとおれ昔から東出くん好きなんだけど、たぶん声が好きなんだな 「Pretender」もいいですね

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

3.8

そういう技法なのか演出なのか、例えば床に影が落ちなかったり、周りの光の影響を受けなかったりと、人物が背景から遊離しているようにみえた。ストーリーも独特で理解できない部分もあったけど、アニメーションの>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.2

ストーリーも王道の少年成長譚で面白いんだけど、小物や服装、街並み、構図なんかに英国的な美学ないしお洒落を感じてそれが素晴らしかった

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

2.2

セックスとか自堕落を青春みたいに捉えてるやつなんなんだよ

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

2.8

映画館で観て たしかに騙されたけど、特に感動とかカタルシスとかはないですね

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

3.8

空から食べ物が降ってきたら楽しいけど、外めちゃくちゃ臭いだろうな

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

3.4

別に全然いいんだけど、鳩ってもう完全に人間のこと舐めてるから車の横とか普通に歩いてますよね

劇場(2020年製作の映画)

4.0

モノローグが多いとクサくなりがちだけど、所々独特のシュールな笑いがあって、それがいい具合に中和されている。締め方も納得できました。それにしても、勝手に拗らせてる男の惨めと感傷に他人を巻き込んじゃいけま>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

「こういうの好きでしょ?」というのが詰まった映画

ヴァスト・オブ・ナイト(2019年製作の映画)

3.4

退屈な部分もあるけど、バスケの試合と並行して話が進んでいく疾走感とか、年代の雰囲気作りが面白い

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.4

加瀬亮さんのこと異性として好きになるとこだった

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.4

ところで、インターネットの人が『Serial experiments lain』とか『パーフェクトブルー』異常に好きなのって何なんですかね

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.4

登場人物が全員自分に酔っているということは置いておいて、間に挟まれる何気ない描写とか日常の切り取り方とかそういうのは素直にすごいと思う

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.2

すごく静かで優しいから、原作の雰囲気をそのまま映像にしたんだろうなという印象を受けた。でも映画だと少しそれがもの寂しく感じて、原作にあたりたいとも思った

>|