KZさんの映画レビュー・感想・評価

KZ

KZ

映画(478)
ドラマ(12)

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.2

設定のフレッシュさに対してストーリーはこてこてのディズニーで良すぎた。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.2

ライブ配信されてないだけで今の時代のほとんどが生き方トゥルーマンと同じ

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

マイケル・ベイじゃなくなった瞬間おもしろっ!スピンオフってのもあるだろうけど尺も無駄に長くなくて適切だし

シュガーランドの亡霊たち(2019年製作の映画)

3.7

トピック自体かなり興味深いだけに90くらいは尺使ってもっと深掘りして欲しかった。

ひとよ(2019年製作の映画)

4.5

近くなった分遠のいていく家族の距離は見てて辛かった。それでも母が背負ったカルマを無意味にしないようみんなが前を向き"家族"を取り戻すラストには大号泣。あの一夜を越え...たとえもう日向がない朝が来よう>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.0

最後の最後まで与え続け失い続けた神ラザロ。予告編にスコセッシ絶賛みたいなのがあったけどこれはほんとスコセッシ好きそう。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.9

こういうのだったんだよ!俺が観たかったターミネーター2の続きは!

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.6

改めて今の世界でヒップホップが欠かせないカルチャーであることを痛感させられた。望まない運命に抗うための武器として。そして、声なきものたちの代弁者として。本当に素晴らしすぎた。ヘッズは今すぐ劇場へ。

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

2.0

トランスフォーマーシリーズは全然面白くならない上に長尺だから観るモチベーションを保つのが難しい

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.5

安心して暮らせる環境。ただこの町でそれを手に入れるために払う代償はあまりにも大きすぎる....もう誰も傷つけない様に、最後に選んだウォルトの決断には涙があふれた。

本当の僕を教えて(2019年製作の映画)

3.9

どっちの気持ちも痛いほど分かる。優しい嘘を突き通そうとしたマーカスも自分の本当の過去を知りたいアレックスも。

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

4.3

"そして再び国境を越えるんだ。今度は戦争じゃない。愛のために"

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.2

120分間しつこいくらいのスーパーイカれアクション。つまりは最高!

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.0

シンプルな言葉責めが1番効いてたのウケたな。中弛みは否めないけどプチエンドゲームみたいで本当にいい続編だった。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

4.3

これファンならたまんないっすよね。ずっとうるうるしながら見てました。

「パイナップルが嫌いな奴はバカだ」

アース:アメイジング・デイ(2017年製作の映画)

4.1

全く違う世界を見せられているような気分にさせといてこれは同じ地球で人類もこの一部だと最後には実感させてくれる。パンダ1日14時間飯食ってるのウケるな

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.8

もっと計画練り込んでスマートにやるやつかなって思ってたら全然バッタバタしてた

>|