あやさんの映画レビュー・感想・評価

あや

あや

2つ目の窓(2014年製作の映画)

3.3

河瀬監督のカラーがしっかり出ていると思います!

2人の若者の関係が微妙で良かったです。

明日の記憶(2005年製作の映画)

3.8

渡辺謙さんの表情がリアル!
病気の人を見事に表現!

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.2

本当に相手の事を思いやることが、伝わってきました。

不器用だけど、愛嬌あるなぁと感じました。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.1

薬の怖さが伝わってきた!

いろいろな人生があると実感。

亜人(2017年製作の映画)

4.5

MX4DXにて。
初めての4DX。
楽しかった😊
価値ありです。

内容も良かった。佐藤健さんはもちろん、玉山鉄二さんの演技が光ってます。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.4

原作未読です。

試写会にて。

共感0とはいい切れない自分が居て、少し怖い😱

部分的にそれぞれ、人間の黒い領域が描かれているせいかな?と推察。

阿部サダヲさんの演技が深くて良かったです。
大地の
>>続きを読む

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2012年製作の映画)

2.6

つやの人生を切り取った感じです。

今ひとつメッセージが私には受け取れなかったです。

大竹しのぶさんは存在感ありました。

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.9

男の世界がびっしり!
リアルタイムで知らない事件のため、勉強になりました。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

チョコレートを食べる時に
この映画を思い出すかなぁ。

静かな雰囲気が好きです。

アルゴ(2012年製作の映画)

3.7

事実って……
すごいことしたんだ!

ハラハラ、久しぶりにしました!

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.7

男たちの世界で、友情に満ちた空気感が良かったです。

表と裏のある社会での身の振り方を教えてくれているように感じました。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

やっと鑑賞しました。

事実に基づいてる事、
知りませんでした。

試行錯誤するチームの息づかいが
伝わってきました。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

4.0

胸が
ざわざわしました。
自分も叫びたい事あるから
かも知れません。
音楽良かったです。

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.7

淡々とした感じの雰囲気が
心地よい印象です。

いつもの日常と変わらない
日々を過ごしながら、やりたい
ことをしていく

自分も同じ選択をするのだろうと
考えながら見ました。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.0

ストーリーを期待すぎたためか、残念な気持ち。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

試合
2人の距離感
変化する人々
良かったです。

生活の匂いがしました。

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013年製作の映画)

3.5

大東さんと黒川さんの演技が、良かったです。
リアルな感じが半端なく伝わってくる。
ところどころに
セリフ?アドリブ?
っていう場面があった。

海を感じる時(2014年製作の映画)

2.7

感情の表現をしているのは伝わってきたけど。
今ひとつな印象です。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

人間力の深さを知りました。

夫の不器用な感情表現も何だかわかるような気がして、微笑ましく思いました。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.5

合唱やってた頃を思い出して
ジーンときました。
歌詞を理解して歌うとやはり相手に伝わりやすい事、大人になってから実感しました。

合唱団の定期演奏会の場面がよみがえり、張りつめた空気や匂いやライトから
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.0

井上真央さんの目立たない役、なりきり度合いが良かったです。

犯人は意外だった。

この時代ならでは、といった感じ。

手紙(2006年製作の映画)

3.2

女性の生きるチカラの強さを感じました。
現実の社会をリアルに表現したところは新鮮です。

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.0

皆さんのレビューを読んで、原作に興味が湧いてきました。

じわぁーっと後から、胸にくる感じ。色々な人物の立ち位置から想いを想像してしまいます。

最後の命(2014年製作の映画)

2.5

ストーリー展開が分かりにくい感じ。柳楽さんの眼や視線にはメッセージがこもっていたと思います。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

ピュアな時代の自分を思い出し、気恥ずかしくなりました。

恋愛に年齢は関係無いんだとあらためて感じました。

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

3.6

試写会にて。

映画の要素とショーの両面で楽しませてもらって、贅沢な時間でした!

人間模様の水面下での物語も想像させてもらいました。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.1

アクション楽しめました。
血管切れないかとハラハラしました。剛くん、身体張ってますね。

女が眠る時(2016年製作の映画)

3.8

感覚で観る という感じ。
私には心地よい空気感でした。
押し付けがましくない、観てる人に任せます的なスタンスが。
空想や想像が好きならおすすめかなぁ…
同じ人でも、観る時の気持ちや精神状態で感じ方が
>>続きを読む

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

3.5

親子の絆とは、人としての倫理観とは を考えさせられました。親の立場だとしたら……答えを出せません。