ジジョさんの映画レビュー・感想・評価

ジジョ

ジジョ

映画(70)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

家族にサルーテ!イスキア島は大騒動(2018年製作の映画)

3.0

一見幸せで仲よさそうな家族にも、それぞれに色々な思いや事情がある、、というのは万国共通。でも、舞台はイタリア。怒るときは激烈に罵倒したり殴ったり、ピアノの伴奏で自然とみんなで大合唱したりと、国民性?が>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

4.0

リーアム・ニーソンが復讐に燃える映画シリーズ(?)ですが、笑える要素満載で、まさに「タランティーノ的」で「ファーゴ風味」な映画でした。

リーアムは、いつもどおり渋くて無骨。単なる除雪作業員なで仕事の
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

2.0

少女漫画も青春映画も滅多に触れることがなくなってしまった私には、高校の学園祭に来てしまったような気持ちになりました。

初主演の主人公のお二人は、本当に一生懸命で不器用で、大人には出せないキラキラ感が
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.0

この映画のことを思い出そうとすると、真っ先に思い浮かぶのは蒼井優さんの満面の笑顔でした。この映画は、そんな映画だと思います。

認知症の家族を介護する日々は、絶望するような日もあるけれど、大笑いするよ
>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

2.5

悲しい交通事故のニュースが続く中、タイムリーな作品。きっと、あの事件もこの事件もご家族たちはこのような日々を過ごすのだろうと想像すると心が苦しい。。

水谷豊さんの監督・脚本は初めて観ましたが、とても
>>続きを読む

ナイトクルージング(2018年製作の映画)

3.5

全盲の方たちも映画を「観る」と言う。彼らが「観ている」ものは何なのか。先天性全盲の加藤さんが監督となり制作するSF映画がどんなものなのか、その制作過程はとても興味深いもでした。

色、形、動き、、、
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

2.5

現在85歳のリベラル派の最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグ。
彼女のような人が、改革の先頭に立ち、司法の力を信じて戦い続けていること。たくさんの人に知って欲しいし、彼女の存在は希望の光のように感
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

2.5

IMAX 3D 字幕版で鑑賞。

主人公のアリータはCG、実写の役者たちも一部が機械化されていたり、現代のCG技術を集結させたような映画でした。金属の美しさや動きの滑らかさ、バトルの迫力はIMAX3D
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.0

上映時間「95分」の中に全て詰め込んだ、アクションも台詞も物語もハイパースピードで疾走していく映画。よくある感じの特殊部隊のミッションものなので、目新しさはないけれど、この時間内にあれだけのものを盛り>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

今もなお、色あせることなく人々の心に響くクイーンの楽曲の理由を垣間見ることができる作品でした。

彼らの歌詞や楽曲はエキセントリックで、パフォーマンスも奇抜で大胆。でもベースにあるのは、複雑な生い立ち
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.2

いわゆる「スター誕生」の定型ストーリーだけど、
それを忘れるほど熱く、切なく、心揺さぶられる作品でした。

なによりもライブシーンの臨場感が素晴らしく、レディガガの歌声も、ブラッドリー・クーパーのパフ
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

生理をタブー視する風習はインドだけではなく世界中にあるけれど、映画では「女性の自立」を妨げているものの象徴として描かれていて、その問題の本質を考えたり、いろいろと気づくことがありました。

テーマは社
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.5

「家族」のカタチにはいろいろあって、お互いを思いやり、その人のために何かをしたいと思う気持ちが自分の力にもなるような関係は、たとえ血のつながりがなくても「大切な人=家族」と言えるのかも。

鹿児島のロ
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

2.5

とってもドラッキーな映画。ずっと悪夢を見せられているような、独特な映像と世界観☆
予備知識なく見たので前半は「???」。世界観をなんとなく理解し始めた中盤は「え?w」。後半は「なんだそりゃww」。とい
>>続きを読む

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

3.3

ソビボル絶滅収容所からの脱走を描いた映画。
22日間に起こる出来事は目を覆うようなものだけど、きっと現実は映画の数百倍も悲惨だったはず。もし私があそこに居たとしたら、正気を保っていられるだろうか、、
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

大ヒットしている中、ハードルが上がっている状態で見たので映画のギミックも含めて想定内の面白さ!それでもありあまるパワーを感じて、その情熱が何よりもこの映画の魅力のように思います。

毎日仕事をしていく
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

観た直後は、なかなか感想がまとまらず、日が経つにつれ色々な思いや気づきが湧いてくる映画でした。もう一度観たら、また違う感覚があるかもしれない。

10年くらい前に読んだ貧困に関する本を思い出しながら観
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

いい感じにやさぐれたケイト・ウィンスレットがなんとも魅力的☆「悲劇こそ喜劇」な展開で、久々にウッディアレンの世界を満喫しました。

舞台は50年代のコニーアイランド!レトロな遊園地と観覧車が見える部屋
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

2.5

とても優しい空気の映画でした。

コツコツと仕事を通して成長していく主人公と、それを支える先輩たち。全編通して言葉遣いがとても丁寧で、先輩後輩関係なく、人として相手を尊重する気持ちが言葉に表れていて、
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

家族みんなで安心して観れる、笑って泣ける映画でした☆

「障害」はテーマの象徴で、この物語は誰にでも当てはまる話。人種やジェンダーの差別問題もさることながら、個々のいろいろな違いを受け容れあうことの大
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

原作未読です。
犯罪者と被害者、その家族や彼らに関わる人々の葛藤を描いた重い作品でした。
罪を償うとはどういうことか、彼らを許し受け入れることは出来るのか。答えの出ない難しい問題を突きつけられて、胸が
>>続きを読む

ワンダーランド北朝鮮(2016年製作の映画)

3.0

本作に限らず、ドキュメント映画は、登場する人はカメラに撮られている時点で「100%自然体」では無いし、映像の編集がある時点で、そこに「監督の意図」が入ってしまうもの。でも、映し出された会話のちょっとし>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

オリジナル版の『50回目のファースト・キス』は好きな映画だし、福田雄一監督の『勇者ヨシヒコ』も好きなTVドラマだけれど、好きな物2つを合わせた本作はイマイチ好きになれない作品になってました。

細かい
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.5

常に強い女性を描いてきたリドリー・スコットらしく、本作も息子の為に戦う母親が一人で大奮闘☆
「世界一の大富豪(ドケチ)」と「イタリアのマフィア(残虐)」という、絶対勝てなさそうな巨大な敵に果敢に挑んで
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

アナコンダとかオクトパスとか、巨大化した生き物が大暴れするパニック映画はいろいろあるけど、それらとは一線を画す映画でした☆

遺伝子操作された生物は、単純に巨大化するだけでなく様々な生物の掛け合わせの
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

どんなに疎まれても決して負けないトーニャのタフさに、爽快感さえ感じる映画。

自己評価が高く、世の中に対して不満を抱え、自分に起こる不幸なことの原因は全て自分以外の人が悪いのであって、自分はむしろ被害
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

2.5

誰でも突然のアクシデントで目の前に乗り越えられなそうな壁が現れることがある。その前でもがき、苦しみ、壁を越えていくのは自分自身でやるしかないのだけれど、そこに立ち向かうパワーをくれるのは、知人だったり>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

IMAX 3Dにて鑑賞

観終わった瞬間、「私たちのスピルバーグが帰ってきた!」と思ったぐらい、ドキドキ☆ワクワクのエンターテインメント映画でした☆

ゲーム、映画、音楽、アニメなど、あらゆる80年代
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

3.5

アメリカの黒人に対する人種差別問題や、マルコムXやキング牧師の活動は映画でたくさん描かれているので興味を持って観てきたつもりでしたが、実際の映像や当事者たちの生の声は映画とは違う重みがありました。>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

あらためてメリル・ストリープの凄さを堪能できる作品。
普通の主婦だった女性が迷いながら、戦いながら社主として成長していく過程を見事に演じています。同じ女性としては「頑張れ!」とエールを送りたくなる☆
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

2D 吹替え版にて鑑賞。
大好きなPIXAR映画の新作は、やっぱり素敵な物語でした。
登場人物は殆どガイコツなのに、全員個性的で可愛らしく見えてくる、さすがのキャラクターデザイン力☆舞台がメキシコの「
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.0

大女優シャーリー・マクレーンの女優としての素晴らしさや、人としての厚みが感じられる映画。
終活をテーマにしているだけあって、その人の人生に思いを巡らし、自分はどうだろう?と考えてしまいます。年を重ねる
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

原作未読のまま鑑賞。
“ダマされなかった人0%”というキャッチ通り、終盤の怒涛の伏線回収&ネタばらしが気持ち良よく小説を読んでいるような気分になる映画。
人間の愛情とか憎悪とか渦巻いている映画なので、
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

冒頭から心を鷲掴みにされるキラキラのshowtime!
ロマンチックさはディズニー映画のよう。
とにかく名曲が流れまくり、歌い、踊る☆あのサーカスのショーだけをずーーっと見ていたいくらい大好きです。サ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

「物語の次は、こうなるのかな?」という予想、
「この人は、こういう人ね」という先入観。
どちらも次々と裏切られていく、まったく先の読めない映画。

絶対的な悪人もいないし、完璧な善人もいない。
そんな
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

原作も未読、TVシリーズも未見、シリーズの設定もあらすじもまったく知らない状態で鑑賞しましたが、全然問題なく楽しめました!

事件の謎が解けるに連れて、どんどん濃厚になっていくドラマに目が離せない。途
>>続きを読む

>|