kazusdさんの映画レビュー・感想・評価

kazusd

kazusd

映画(145)
ドラマ(4)

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.0

泣き笑いも、アクションも、不思議さも、自分にはあともうちょっと、という感じで、消化不良でした。最近のmarvelやDCが派手すぎるから割を食っているのかもしれませんがσ(^_^;)

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

面白かったぁ。大学時代の映画付き友人に連れられてスクリーンで観てきました。題材は決して笑えるものでは無いのですが、それを暖かく観終わらせてくれ、ずいぶん久しぶりにパンフレットも買ってしまいました。難民>>続きを読む

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

2.5

やっと観ることができた、のですが…なんだこれ⁉︎子供向けな作りだがとても子供が楽しめそうな題材でも演出でもないし、どうしたかったのか疑問。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

やっと観ることができました。フラッシュがスパイダーマンの役どころで全体暗い感じの息抜きに丁度良かった。一番盛り上がったのはエンディング後のデスストローク登場だったなぁ、デッドプール好きとしては嬉しかっ>>続きを読む

タクティカル・ユニット 機動部隊 -絆-(2009年製作の映画)

2.8

ジョニートー監督と勘違いして友人から借りて観たのだがプロデュースということでちょっと肩すかし。ヒリヒリするいつもの緊張感も無くカタルシス待ちで最後まで来てしまった感じ。ジョニートーとは関係ない作品とし>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

初めて観たゾンビ映画がこれになってしまった。ホラーやグロは苦手だけどこれなら大丈夫。しかしラストを見るに生きてる人間はゾンビより怖いね。純粋な食欲だけで動くゾンビをいろいろ利用してしまうのだからσ^_>>続きを読む

日本暗殺秘録(1969年製作の映画)

4.0

友人に借りて鑑賞、長い映画だったが最後まで一気に観れた。監督自身は出来上がったこの映画に下した評価はあれだが、オールスターキャストはシンプルに贅沢な使い方で凄い。全共闘の時代によく公開されたなぁと当時>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

やっとシリーズ第1作目を鑑賞完了。これがアベンジャーズ直前のお話だったとは…。アベンジャーズから見始めた自分はようやく繋がった。めでたしめでたしσ^_^;

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

まぁ、面白かったかな。どうも肉弾戦系は今ひとつのめり込めないけどアベンジャーズシリーズとして押さえておかないと後がわからなくなるかもしれないし、Dr.ストレンジのラストともちゃんと繋がっていたのがオマ>>続きを読む

MAD探偵 7人の容疑者(2007年製作の映画)

4.5

あー、面白かった。そもそもの設定からもうやられた感がありました。ジョニートーお約束のラムシュウが、これまたお約束の食事シーンで登場してニヤリ。奥さんとの件はホロっときました。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

早稲田松竹2本立て。しょっぱなにかまされる天才ドライバーのカーアクションで心を鷲掴みされたまま、後半はボニーアンドクライドを彷彿させる展開で楽しめました。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.5

早稲田松竹2本目。広げた布石をどんどん回収して最後は痛快に終わる、こんなラストの映画好きですねー。ヤラレタ!って感じで気持ちよく観終えました^_^

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.6

あー、やっと観れた。なかなか映画館に行けないので家でのんびり観るのが習慣になり、ブルーレイの発売まで待ち続けたぁ。そして、あー、やっぱり面白かった‼︎アイアンマンとスパイダーマンの組み合わせはGOOD>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ようやく観ることができました。甘いと言われるかもしれないけど、あー面白かった。あの写真はバットマンvsスーパーマンからの繋がりなのね。ベタな内容かもしれないけど、今は亡き過去の恋人や仲間のことを噛み締>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.0

面白かったぁ。最初はなんだかなぁ、というかんじだったけど、中盤から怒涛の展開でラストまで行ってしまった。いつまでも馬鹿ができるこんな仲間がいたらいいなぁと、酔った頭でしみじみ思ってしまいました。

デッドポイント 〜黒社会捜査線〜(1998年製作の映画)

4.0

あー、面白かった。本作も私の好きなジョニー・トー色満載です。カッコいい人、コミカルな人、時にコミカル、必ず食事シーンあり、で、最後はいつもの感じ…。
覚悟して生き、覚悟して死に臨める人もいれば、心の準
>>続きを読む

さらば あぶない刑事(2016年製作の映画)

4.5

テレビ時代から観ていたけどやっぱ好きだなぁ。歳を重ねるごとに4人の仲の良さがこなれてきて観ていて顔が綻んでしまう。ブルーレイのボーナスDiskが本編並みに楽しめました。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

まぁ最後までなんとか観れたけど途中何度か意識が飛んだ。黒幕は登場人物の中にしかいないのだからあまり驚かなかったし、結局ただ嘘を延々と聞かされていただけで…。同じどんでん返しでも邦画のカラスの親指の方が>>続きを読む

ニンゲン合格(1999年製作の映画)

5.0

おれ存在した?
あぁ、おまえは確実に存在した

このやり取りに至るまでの物語です。
いま自分は確実に存在したと言える生き方をしているでしょうか?そんな実感はあるでしょうか?
私は未だに手探りしてます。
>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

3.0

ようやくDVDを手に入れて鑑賞。天国と地獄、天国から地獄、地獄から地獄。疲れている時に観るもんじゃなかったσ^_^;

キートンの蒸気船/キートンの船長(1928年製作の映画)

3.5

キートンの蒸気船は観たな。大好きなジャッキー師匠がパクったアクションの原型が見られて幸せ。キートンの表情は子供時代の出来事が産んだ皮肉な偶然の産物だなぁ。

裸足のクンフー・ファイター(1993年製作の映画)

5.0

友人から貰ってから何年もずっと観てなかったんだけど、ジョニートー監督と先日知り観た、で、面白かったぁー。焼酎呑みながらの鑑賞ではあったけどあっという間に終わってしまった。これまで観たジョニートーはみな>>続きを読む

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009年製作の映画)

4.0

いや〜面白かった。ダメだとわかってるのに、明日も仕事なのに日付けが変わってから観始めてしまった。約束した事実さえあればやるための理由は他に要らない格好良さ。それにしてもこの映画でもお約束のお食事シーン>>続きを読む

クレージーのぶちゃむくれ大発見(1969年製作の映画)

3.5

笑い飛ばしてしまう植木等かっこいいなぁ。お寺の息子さんで、素はまじめな人だと思いながら観るとなお感じる。大学の大先輩だと思うとちょっと嬉しい(-.-)y-., o O

クレージーだよ天下無敵(1967年製作の映画)

3.0

クレージーの映画はあいだに挟まれているミュージカル部分が今観ると新鮮で、ちょっとはまってしまいます(*_*)。

仮面ライダー1号(2016年製作の映画)

2.0

1号ライダー格好良かった。
藤岡弘と金髪のお兄ちゃんやスネ夫のような髪型のお兄ちゃんの取り合わせが違和感ありありで最後まで気持ち悪かったのは残念。
この映画は親子で観に行ってどっちも観終わったあとモヤ
>>続きを読む

ドラッグ・ウォー 毒戦(2012年製作の映画)

4.5

はー、面白かった。友人の勧めで借りて、ようやく手を付けられたのだけど、ジョニー.トーは最後まで一気に観れてしまうな。なんとも救われない結末は昔よく読んだ馳星周の小説を思い出しました。もう1本ジョニート>>続きを読む

クレージーの怪盗ジバコ(1967年製作の映画)

3.5

クレージーはいいなぁ。音楽が好き。映画はサラリーマン物の方が好みかな、と。^_^

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

1.0

なんだかよくわからない映画でした。どのように楽しめば良かったのでしょうか。山田孝之さんがまともな性格の人の役で、なんか新鮮でした。あとは…。

ガッチャマン(2013年製作の映画)

2.0

評判が本当に悪い。
けれども最後まで見ることができました。同じ実写でもキャシャーンやデビルマンは途中で寝たのでこの差は大きかったです。
子供の頃見たヒーローがそれなりの格好になって中野や新宿を飛び回っ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

今日ブルーレイが届いてやっと観ることができた、面白かったぁ〜。ヨンドゥの槍がシンプルなのにスマートでイカした無敵感たっぷりの武器になっている。今回は絆と家族に纏わるエピソード随所に出てきて、成長して引>>続きを読む

海は燃えている イタリア最南端の小さな島(2016年製作の映画)

3.5

早稲田松竹2本立て1本目。
大変失礼なことなんだけど、寝不足及びシートと冷房加減の心地良さに、前半ウトウトしてしまいました。機会があればまた見直しかな、と。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

早稲田松竹2本目。話の展開は読めてしまうのですが、それでもダニエルが拍手喝采を浴びるシーンはグッと来ました。しかしそれでも公権力に最後まで意地を貫くことは叶わないのですが、終始日本も同じだなという気持>>続きを読む

洲崎パラダイス 赤信号(1956年製作の映画)

4.2

あの時代、なんか懐かしい。うっすらと記憶の片隅に、ものすごく幼い頃にまだあんな風景が残っていた気がします。新宿のガード下等には傷痍軍人さんが普通に居たもんな。
個人的には神田は秋葉原のラジオ街の風景を
>>続きを読む