kazuかずさんの映画レビュー・感想・評価

kazuかず

kazuかず

ジャンル問わずいろんな映画を見ます。関西人です。
広島、兵庫、大阪、東京の映画館でよく映画を見ます。
マイベストムービーは、2018劇場鑑賞映画のベストを入れてます。よろしくお願いします。

映画(882)
ドラマ(0)

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.5

カンヌ映画祭で100人以上が途中退席した超問題作😱なのに最後まで見た観客からスタンディングオベーションを受けた賛否両論渦巻く作品。これは見逃せないという訳で鑑賞しました!! いや~噂に違わぬ超問題作。>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.8

いや~感動しすぎて言葉になりません。

ドラマ版も見てましたが完成度は劇場版に軍配😊

現実世界とオンラインゲームの狭間で、
仕事、家族、居場所、チャレンジ、勇気、一生懸命、思いやり、様々な思いが脳裏
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

4.7

普段、ラブストーリーは積極的には見ませんが~、巷の評判がすこぶる良いので、急遽、見てきました😊

50手前のやり手ビジネスマンでマラソン好きのジョスラン。女性に対して求めるのは、一時的な関係のみをモッ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

いや〜感無量😋笑って、ハラハラして、震えて、そして感動、心底泣いてしまいました😭

勇気・希望・家族・愛情・命・仲間・友情・思いやり、いろんな思いを馳せる素晴らしいエンドゲームでした😋

2008年か
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

公開当時、劇場観賞して、169分の長尺に重力やら相対性理論やら四次元やら五次元やら、まさに理数系感覚で見てるかのようなストーリー展開に正直疲れた記憶があったのですが、Amazonプライム配信終了の駆け>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.8

フライデーレイトショー🎥
公開初日『神と共に 第一章:罪と罰』を見てきました。

また詳細レビューしますが、とんでもなく面白い映画でした。

地獄ファンタジー×親子愛

なんのこっちゃわからないでしょ
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.3

運転中にトンネル崩落事故に巻き込まれた男の壮絶な生還劇を描いた作品。

スタローンの『デイライト』という映画は、同じくトンネル事故(崩落じゃなくて犯罪が引き起こした爆発事故)からの複数人の脱出劇を描い
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.7

チケット買うのに舌を噛みそうな長~い邦題のこの作品!2019年ドラマ部門は、まさにこれだ‼️と唸らされた素晴らしい作品でした☺️ 第二次世界大戦が終わり、民主主義に舵をとる西ドイツと社会主義かつ監視社>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

去年見たくて見たくて時間が合わず見逃したスリラー。お世話になっている名画座で公開されたので、やっと見れました😋

近年、ワンカット、ワンシチュエーションなど革新的な映画が次々に出てますが、この映画もま
>>続きを読む

バハールの涙(2018年製作の映画)

3.8

イラクのクルド人自治区で、夫や息子と幸せにくらしていたバハール。突然、IS[イスラミックステート]の襲撃を受け、夫は殺害され、息子とともに拉致されてしまう。監禁先で、息子を奪われ、女性たちは性暴力を受>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.4

池井戸潤原作。
いや〜面白い!!! とある企業に蔓延る不正。正義か?不義か?社長、副社長、部長、課長、係長、課員、経理、親会社の面々、取引先の社長たち。パワハラ、内部告発、品質管理、下請け、買いたたき
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

2019年アカデミー作品賞を受賞した本作、その実力は本物中の本物でした🌟🌟🌟アメリカ人種差別が根強く蔓延る1962年の実話を元にした作品です。

ガサツで無教養だが家族をこよなく愛するイタリア系用心棒
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

2.5

酷評です。
キャッチコピーの衝撃のSFサスペンスに騙されました。。 放射能汚染に侵され世界。唯一、汚染されなかった土地で一人+ワンコ1匹で暮らす女性。

そこに、彷徨ってきた黒人男性がやってきて、後半
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.7

いや〜😆なんて映画だ。
興奮冷めやまぬ。
めちゃめちゃ面白いじゃないですか。

日本の原作『銃夢』は読んだことないけど、サイバーパンクな世界観と映像美はお見事!ロバート・ロドリゲス✖ジェームズ・キャメ
>>続きを読む

英国総督 最後の家(2017年製作の映画)

4.6

1947年、英国統治下のインド。イギリス統治の責任者ルイス・マウントバッテンとその家族がインドにある総督の屋敷に引っ越してきて、屋敷に住む召使たちやインド独立に関わる要人たちとの半年間を描いた激動の史>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

90歳目前のクリント・イーストウッドが監督・主演をはった最新作!

87歳で麻薬の運び屋となった老人の実話に着想を得た作品ということです。

園芸で大成し名を馳せた一人の男。仕事一辺倒で、家族にも見放
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

4.5

いや〜またまた素晴らしい作品に出会えました(^^)フランス発のミステリークライムヒューマンドラマ。

あらすじは、映画コムより『第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉からの不条理な攻撃命令に従っ
>>続きを読む

オリーブの樹は呼んでいる(2016年製作の映画)

3.8

オリーブオイルが大好きです。邦題に釣られ鑑賞。家族の再生を描いた心温まるロードムービーでした

樹齢2000年のオリーブの樹と共に成長してきた女性アルマ。幼き頃からオリーブの樹を愛してきたおじいちゃん
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

観てきました(^^) アベンジャーズ結成の起源の物語、そして、『エンドゲーム』で、そのアベンジャーズを救い世界を救うキーマンになるのか?

猫のグースはかなりのキーマン、いやキーキャットでしたね😺フュ
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.7

2011年7月22日、ノルウェーで発生した連続テロ事件。

オスロのビル爆破
ウトヤ島の無差別銃撃

本作はウトヤ島で発生したテロ事件を映画化、学生たちの笑顔溢れるキャンプ生活から銃撃により島全体が地
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.3

1982年公開の『E.T.』
2019年公開の『バンブルビー 』

37年の時を経て、これは、平成の『E.T.』だ!!見終わってすぐに思いました😄
しかも、スピルバーグは両作品に絡んでいる。そしてE.
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.2

デイミアン・チャゼル監督✖ライアン・ゴズリング、『ラ・ラ・ランド』コンビとなれば見ないわけにはいきません!前回はミュージカル、今回は史実!

見応えありました!人類初の月面着陸を果たしたニール・アーム
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.7

文句なしの超大作、アメコミエンタメ映画。面白い!! DCコミックス映画の歴史を塗り替えたと言ってもいいでしょう!

マーベルでいうと『マイティ・ソー バトルロワイヤル』に並ぶウィットとユーモア、
そし
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.9

インド映画バンザイ🙌
マイライフ映画史に、またインドの傑作が加わりました。

歴史、宗教などで激しく対立パキスタンとインド。パキスタンの言葉を発せない少女がインドの地で迷子になり、彼女を保護することに
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.7

2019年の新作劇場鑑賞1作目は、この映画にしました(^^) 韓国の名優イ・ビョンホン主演の家族の絆を描いた感動作。

かつてはボクシングのチャンピオンであったが、今は日雇いの仕事で日銭を稼ぐ中年ジョ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0


レディ・ガガ!素晴らしい。
歌はもちろんですが、演技もいけますね(^^)奇抜な衣装の歌姫の印象がありましたが、イメージ変わりました。

あと、監督兼主演のブラッドリー・クーパーも異才ぶりを発揮。歌も
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.8

毎年、年末になると見たくなる作品。自分はこれです😃ファミリーロードムービーの秀作。

どこにでもありそうな家族だが、みな考え方も価値観もバラバラなフーバー家。主な登場人物は6人。 ・一家の主であり自ら
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.7

『エクソシスト』『フレンチ・コネクション』で名を馳せたウィリアム・フリードキン監督の幻の傑作。

南米の油井大火災を消化すべく、ジャングルの奥地からニトログリセリンをトラック2台で運ぶ4人の男たち。数
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.8

アルゼンチン ブエノスアイレスに住む元仕立て屋のポーランドを故郷にもつ老人。青年期にホロコーストの悪夢から命を助けもらった友人に自分が仕立てたスーツを70年ぶりに届けようと1万3千kmの旅に出るロード>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

4.2

神戸の名画座で観賞( ´∀`)
優しく美しい名編でした。

主人公が高校生の時にピアノの調律現場に立ち会ったことから、自分も調律師を目指し仕事とし、ピアノを愛する人たちとの交流を経て自らが成長していく
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

1.5

酷評です。

告白が好きなので期待しましたが。。。
予告も面白そうで期待しましたが。。。

ナニコレ?(°_°)
全然怖くない。
退屈極まりない。
緊張感も皆無。
あと、終始流れる音楽センスがひどい。
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

いや〜(*_*) この映画の恐怖、緊張感はトラウマレベル。
冒頭から不気味さ満載、ホラーに慣れてる自分でも、久々に映画館で本気で震えあがりました。

祖母の死をきっかけに、家族4人、父スティーブ・母ア
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.7

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の前作(個人的に傑作!)、超えるのは難しいでしょうと思いつつ見ましたが。。
これは!!超えてきましたね(°_°)

いや〜凄まじい緊迫感、緊張感、リアリティ。

冒頭に、これま
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.3

「スマホを落とした〜」と、どちらを見るか?監督の力量差と東野圭吾原作ということもあり、迷わずこちらを選びました。

予告編で、ストーリーは大筋見えていたような気がしますが、蓋を開けてみると、社会派で重
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5


伝説のバンド、Queenの誕生〜停滞期〜全盛期を描いた作品。ボーカリスト、フレディ・マーキュリーの自伝ともいえる作品!

とにかく、フレディを演じたラミ・マレックにつきます!!似てるというか、イメー
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ドウェイン・ジョンソン!
めちゃめちゃ好きな俳優です( ´∀`)
ワイスピシリーズはもちろん近作はジュマンジがありましたね。

本作は、「ダイ・ハード」や「タワーリング・インフェルノ」を彷彿とさせる展
>>続きを読む

>|