obgra

obgra

【Horror】/Mystery/SF/Action/Fantasy … ♡
雑食。ふぉろーみー!

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.6

奇妙なこどもたちの奇妙な物語。

ストーリーや設定がとってもいい。
もっと一人ひとりのキャラクター展開ができればなぁと思いつつ。
こじつけなところや頭の足りなさも気になるところ。
世界観はすきでした。
>>続きを読む

フリークス・シティ(2015年製作の映画)

3.8

破天荒でめちゃくちゃなB級映画!

三人の主人公にフォーカスを当てて進行していくのだが
キャラづけと掘り下げがとても良い。
個人的に笑いどころ満載。
安っぽいCGもありがちなストーリーも好き。
EDま
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.2

音楽がとにかくいい。
そのなかに時折混ざる機械の無機質な音がさらに心地いい。

ただ外の世界に出てみたくて、
それ以外のことに意識が向いてなかったんだろうなあ
自分がAIでも同じような行動取っちゃうと
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

ホラー?コメディ?
ギャグじゃないんだろうけど、
シュールすぎて笑えるシーン満載。

Tダイヤモンドのラップもジョークがきいててちょっと笑えた

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.0

シリーズのなかで一番面白いかもしれない。

ジャックのひょうきんさは今作も健在。
独特な言い回しや手振りがすごくすき。
シリーズ全体を通して登場人物のつながりがあって
今作の面子に行き着いたんだなぁ、
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.6

ジェイデンスミスがかんわいい:-)
さいしょは、ジャッキー・チェンと馬が合わないんだけど
だんだん信頼関係をつくってくのがよき。

最後の試合シーンは何回見ても感動する;;

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8

感情の表しかたが斬新でとても面白い!

端からみるとなんてことない人の言動。
だけど、感情を擬人化したらこんなことが頭のなかで
起こってるのかなぁなんてクスッときた。

ヨロコビばっかりじゃなくてカナ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

設定はおもしろい。
うつすのにいたさないといけないのが
なかなかうーんって感じかな。

どこまでもついてくるのはこわいよね

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.5

殺人を予知するシステム。
その根幹にさせられた三人の子供たち。
何事にも犠牲はつきものだけど、
悪夢を見続けることを強制されるのは地獄だね。

SF設定がとってもよき。心踊りますなあ

ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)(2002年製作の映画)

3.0

小さい頃によくみていた映画のひとつ。

ロボットにも心はあるんだっていう台詞に
いつも胸が苦しくなる……

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

ゾンビとの戦争を経て恋に落ちてくお話。

ダーシーもエリザベスもかっこよすぎる。
お互い無意識のうちに惹かれあっているのが
観ていてすごく伝わってくる……
ラスト5分の二人の会話がすき。

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

3.8

地上波で流れる度に観る映画。
シリーズを追うごとにアクションがすごくなってく◎

マクレーンも人の子、一人の父親なんだなって
しみじみしちゃう。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.2

だいぶキテるおバカな映画(笑)
発想とか設定とかもろもろやばい。
下品さにちょっとのユニークを足した作品。

ダークレイン(2015年製作の映画)

3.5

B級コメディ(ある意味)ホラー、かな。
フツーに面白くてすき笑笑笑

いろんな背景を抱える人々の群像劇かと思いきや
急にトンデモ設定をぶち込んでくるから笑っちゃう。
髭(笑)
世界観や設定は“ON A
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

ハリーポッターシリーズの前日譚。

はじめてきく用語や設定が多く、とても楽しめた。
随所に魅せ場がちりばめられていて、
CGとは思えないようなリアルさがあってすごかった!

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

3.5

前作よりも確実に良くなってる◎

POV映画特有のじわじわ侵食されてくホラー。
思ってたよりも臨場感があって、
ジレンマはあまり感じなかったかな。
後半の建物突入前のシーンがお気に入り。
リサとジェー
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5

幼体のデザインがすごくいい。
見るからに地球外生命体で、且つ生理的嫌悪感を催すシルエット。
それにものすごく惹かれる。

人とアンドロイドとエイリアン。
この頃から三者間の関係は続いてるんだなぁ

パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT(2010年製作の映画)

3.0

割りと嫌いじゃない憑いてきたパターン。

今作は日本が舞台なのだが、わりとありそうでこわい。
これを当時、映画館で観たせいで寝相がすごくよくなった(笑)

髪の毛どころか足なんて布団から出せない……

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

最初から最後まで完成された映画。
こまかいところまで作り込まれており、
スタッフの思いが感じられた。

すべてが美しく、やさしい世界。
野獣とベルが好きすぎる。

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.8

誰もが知ってる伽噺のプリンセス。

シンデレラと王子さまが二人でいるとき。
相手のことを考えているとき。
互いが互いを想って楽しそうに笑っているから
見ているこちらが幸せな気持ちになった。
やさしさが
>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

4.0

あんまりコナンシリーズ予備知識ないんだけど
それでも楽しめた。よき。

安室さんや赤井さんたち大人組といるコナンくんは
どこか子供らしさが出るからすきだなあ。
かわいい。

そしてラスト……切ないね。
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

3.0

あとひと押しな映画。
ドッキリもいきすぎると痛い目みるよっていましめになりました(笑)

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

予告をみてすごくみてみたいと思った
はじめての邦映画。たのしみ。


鑑賞したら再評価します。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.0

天使と悪魔。それと人。
この手の作品にしてはうまく描写されている。
人に混ざって生活しているという設定も面白かった。

若干駆け足気味でもう少し人物を掘り下げられていれば
良かったかも。

都市伝説物語 ひきこ(2008年製作の映画)

3.6

雨の日は外にでるな。
彼女がいても見ないフリ。無関心が身を守る術。

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.0

設定が好みのため鑑賞。
うーん、物理かあ(笑)って感じのアクションしかありません。
もっと生かしようがあったはずなのに……

とりあえずどっちもどっちって感じだったが
ヴァンパイア側がこすい。
ライカ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

“マードックからの最後の手紙”より。
演奏での表現力を高めるために視聴。

この映画は、何度見ても言葉にできないくらいの感動がある。
役者の演技、雰囲気、ストーリー、音楽…
なにもかもが素晴らしかった
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーアギト ProjectG4(2001年製作の映画)

3.5

従弟と鑑賞。
アクション凄いなあ。
小さい子にはいろいろとショッキングすぎるかもしれない。

仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身(2002年製作の映画)

3.5

小さい頃一番すきだった仮面ライダー。
従弟のちびっこと鑑賞。
やっぱりかっこいい。わたしのヒーロー。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.2

誰しも子どもの頃に大切にしていたおもちゃがある。
子どもはいつか大人になっておもちゃで遊ばなくなるけど。
それでも大切にしてあげて、たまに触れてやって、
忘れないでいてやることでおもちゃも報われるかな
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.6

ジェシーとブルズアイがかわいい。

今作では、ウッディがみんなに愛されてるんだって改めて感じられる。
仲間だから何があっても見捨てない。
同じアンディのおもちゃだから。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.0

ウッディとバズ。2人が最高のパートナーになるまでのお話。
最初は気にくわない存在だったけど
いろんなことを乗り越えて、認めてくんだよね。
お互いに無関心ではなかったから築けた絆。

エミリー・ローズ(2005年製作の映画)

4.0

ジェニファー・カーペンターの演技がただただ凄い。
表情や絶叫にゾクゾクした。

ホラー界の“実話を基に~~”の代名詞に挙げられる作品のひとつ。
所謂再現PVのような展開・構成で、主に裁判シーンがメイン
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.5

これはこれで良作。
美しさや雰囲気では圧倒的に羊たちの沈黙の方がすき。
だけど、ハンニバルはレクター博士とクラリスの関係性が
より深く描写されているし、
何よりも下品な感じが私には合っていたかな。
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

ありがちな展開でいまいち。演技はすごいのに……
蛙男もちょっとどころかだいぶ饒舌。
台詞のくささで萎える。サイコパスではないかなあ

それとこういう映画あるある。
事件の話や資料を一般人がいるところで
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.8

無茶苦茶で自堕落でもういろいろとクズ。
なんだけど、根は熱いというか……
写真に対するひたむきさに感服。

福山さんが演じる静と二階堂ふみの野火。
凸凹コンビにみえてお互いに影響しあってる。
きっとこ
>>続きを読む

>|