マティスさんの映画レビュー・感想・評価

マティス

マティス

映画を観ることも読書も、予断を持たずに楽しめればと思っています。

映画(19)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

オールモスト エヴリィシング

 私は遅れてきたファンだった。
 フレディが亡くなる前後ぐらいから聴き始めたので、クイーンの全盛時代にリアルタイムで楽しむことはできなかったが、この映画で当時の高揚感を
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

 今度ある集まりで、この映画をテーマに語り合うというので観てみた。素直に受け止めればよいのだろうが、素直に受け止められない。この作品全体を包む正義の押しつけがましさに、いやらしさを感じてしまうのだ。>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

虚飾を削ぎ落したあとにあらわになるもの


 彼が監督した作品、特に最近の作品は、いわゆるハリウッドの大作映画、商業主義映画と言っても良いかも知れないが、そんな映画とは対極にあるように思う。しかしそれ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

 私にはまさかのエンディングだった。

 たしかにこんな終わり方はある、あるよな、う~ん。

 ず~っと快調にドライブしてきてゴール手前の最終コーナーを回ったら、いきなりの障害物にキ、キーッと急ブレー
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.8

 ゴッホはマティス、ルオー、セザンヌと並んで好きな画家だ。彼の絵を観ると、何だか心がざわざわしてくる。絵のタッチの力強さ、その強さと対照的な彼の生きづらかったであろう人生のイメージが重ね合わさるからな>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

 初めて観るトム・フォードの作品。今年観た映画では、私の中ではベスト3に入る。

 映画は、過去に愛し合ったことがある男女、ジェイク・ギレンホール演じるエドワードとエイミー・アダムス演じるスーザンの現
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

言わないということ、自分で始末をつけるということ

 「物語る私たち」の監督をしたサラ・ポーリーが主演した「死ぬまでにしたい10のこと」をほぼ10年ぶりに観た。初めて観た時と感想が少し違う気がする。
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

相手を思う気持ち、自分を信じる心

 この映画、とても好きだ。マリオン・コティヤールも美しかった。

 「愛を与えて。ダメなら死なせて」と神に祈る、愛に情熱的な女と、ただ実直だけが取り柄の寡黙な男。女
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.0

 人はみんな平等だ、差別してはいけない。そんなことは誰でも頭ではわかっている。でも差別はなくならない。何故なのか。

 人が自分の存在を他人との比較で考える時、差別の萌芽があるのではないか。誰でも自分
>>続きを読む

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016年製作の映画)

3.0

至上の価値を置くもの

 エミリ・ディキンスンはとても好きな詩人だ。彼女の詩はシンプルだけど、詠む人の心に強いメッセージを届ける。

 彼女の半生が映画化されたというので期待して観たが、がっかりしてし
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

偽物だらけの世の中で、真実の愛を見つける物語

 
 この映画は、傲慢な老人が幸福の絶頂から奈落の底へ突き落される話なのでしょうか。私はちょっと違うと思うのです。紆余曲折はあったけど、最後はバージルが
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.1

切ない気持ち

 映画は比較的観る方だと思うが、アニメ映画はと言うと、ジブリや士郎正宗、押井守なんかは観てきたが、ディズニーや、まして恋愛ものなんかは馬鹿にしていたわけではないにしても、軽く見て、見向
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

ボーイ ミーツ ガール

 映画館で2回観た。いい年をしてどうしてこんなに惹かれるんだろう?

 思うにそれは、観るもの誰もが、それぞれの思いの中で、経験でと言って良いかも知れないけど、瀧になり、三葉
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.0

Alone Again (Naturally)

またひとりぼっちさ、当然だけど。

 この映画は映画館で観た。普段観ないジャンルの映画だけど、結構な評判なので、観てみることにした。

 まわりは高校
>>続きを読む

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

心から和解するには

 今、いろいろなところで激しい対立が起きている。宗教、歴史、人種・・・。お互いが相手を激しく非難して、解決の糸口さえ見いだせない。
 別に国家間、人種間の問題というわけではない。
>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

3.0

誠実と不誠実  

 エゴン・シーレは、芸術に対して、ひたすら誠実だった。そして、自分の芸術を実現するためには、芸術以外のことに不誠実であることを全く躊躇しなかった。彼は平気で他人の好意を踏みにじった
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

人は何のために生きるのか


 人は何のために生きているのだろうか。自分のため?家族のため?それとも、生きることが本能だから?

 主人公リーは何のために生きているんだろう?そんなことを考えながら、じ
>>続きを読む

ルートヴィヒ 完全復元版(1972年製作の映画)

3.8

偶然か必然か

 コッポラ監督の「地獄の黙示録」にすごく影響を受けて、今考えると馬鹿なことをしていたのだが、「ワルキューレの騎行」を一時目覚まし代わりにしていたことがある。この曲を作曲したのがワーグナ
>>続きを読む

物語る私たち(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

揺るぎない愛

 心が救われる映画だった。

 自分の出生の秘密、本当の父親は誰?ということを、家族を含めた関係者にインタビューしながら探っていくというストーリーというだけでも重いのに、実話で、なおか
>>続きを読む