keeper7さんの映画レビュー・感想・評価

keeper7

keeper7

映画(277)
ドラマ(16)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.1

他にレビューすべき作品が色々あったが、私生活でメンタルやられてしまい書けなかった。リハビリもかねて久々に劇場で観た本作を先にレビュー。

世界史情弱も含め熱心な戦争映画ファンではないが「プライベート・
>>続きを読む

クワイエット・プレイス PARTⅡ(2020年製作の映画)

3.0

トレーラー観て、なる程そう来たかと。
全ての設定に納得させてくれそう。大期待の一本。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

2.9

サム・ライミがプロデュース、アレクサンドル・アジャ監督作品といったら自分的にはもう観るしかないでしょっていう本作。

ハリケーンによる自然災害にワニワニパニックもぶっ込んでくるあたりよく分かってらっし
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

2.4

神木くんが幼少の頃から応援してます。そういえばこんな作品あったなと鑑賞。

感想はつまらなくも面白くもない輪廻転生ファンタジー。だがノリは嫌いではない。
個人的には「ビルとテッドの~」シリーズを思い
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.0

この映画の影響もひとつあって一度はハーレーチョッパーのオーナーになった。
何だかんだでフォンダの駆るチョッパーが一番好みでカッコ良い。(あ、星条旗のタンクだけは別 😅)

偏見や差別は無くなることはな
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

2.9

S.キング原作の「ペットセメタリー」の再映画化。

原作もオリジナル映画も評価は高かったし自身も好きなので、これまたリメイク価値があるのかキングファンとしてと興味で鑑賞。

大胆な変更などはしていなか
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.1

このシリーズは良い。
第3作目、引き続きマトリックス組のお手並み拝見と鑑賞したが盛り下がったり、駄作へ変貌することも無くやっぱりクオリティは保証されていた。

とにかくガンフーがカッコ良すぎる。

>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

例外もあるが本当に心から好きな作品にはレビューしない事にしている。理由は特にない。

新海作品にリアルタイムで初めて触れたのは10年以上前、「秒速5センチメートル」が公開された時。
キャラ絵は稚拙だが
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.8

原作漫画未読だがずっと観たかった作品。
イジメによる復讐劇と胸くそ作品という情報のみで鑑賞。

身近なテーマなのでリアルで生々しい物語を想像していたが結構誇張が強めでしかも山田杏奈演じる主人公の春花を
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.8

原作漫画がおもしろいと言うことで購入を検討してたら先に実写化されたので鑑賞。

大まかな設定以外情報なしで観たが良作だった。
ーけれども

もし同じく殺し屋を主人公にした作品「レオン」「ジョン・ウィッ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.9

除霊エンターテインメント。
原作未読。

概要が大好きなタイプの作品だったのだが監督が相性の悪い中島哲也氏だったので劇場には足を運ばなかった。この度DVD化され自宅で鑑賞。


やればできるじゃん!
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.4

原作未読。
気になってはいたが薔薇要素がきらいで敬遠してた。けどラジオですずちゃんの体当たり演技が凄いとのことを聞き鑑賞。

序盤からジメっとしたサイコサスペンスが全盛だったころの洋画を彷彿とさせ、予
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.0

日本公開まで待ちきれなくて鑑賞。
(パート2の様にはたして公開されるのかも分からないし)
今現在あるフルCGアニメの中で1番好きなシリーズ。自分の中では1も良かったが2で更に良作に化けた期待の新作。
>>続きを読む

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

2.2

中条あやみが主演してるからノリだけでクリップ。アマプラで視聴できたので鑑賞。原作未読。

うん、あー、、えーと。
あり得ない設定が盛りだくさんで少女マンガ的ステレオタイプ爆裂のゴミ作品でした。
わりと
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.1

実は横目で見ながらポケモンはずっと通ってこなかった。
ポケモンどっぷりだった連れが観たいとのことで鑑賞。

当然ピカチュウくらいしか知らないので隣でキャラが出る度に小躍りしてる連れよりはテンションはさ
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.8

小松菜奈ちゃん目当てとわりと好物な胸クソものと聞いて鑑賞。
原作未読。

なんか思ってた感じと違う。
と思ったら中島監督作品だった。

この監督とは相性が良くないのか
いつも興味をそそる題材を扱ってる
>>続きを読む

CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-(2010年製作の映画)

4.1

約10年前、職場のアメリカ人に勧められ鑑賞した日本産戦争ものフルCGアニメ。初見のインパクトは凄かった。シビれるカッコ良さ。

当時はyoutubeで本編が期間限定で無料公開されていた。
ホビージャパ
>>続きを読む

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3(2017年製作の映画)

2.2

23年に一度、23日間の間に人間を捕食する怪物クリーパーを描くシリーズ3作目。
本シリーズパート2「ヒューマンキャッチャー」から15年ぶりのまさかの新作。いっそ23年ぶりにしたら良かったのに。

結論
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.7

原作ファンでもなんでもない連れに誘われて鑑賞。自身も原作未読。
原作を読んだこともファンでもなく、本作品が楽しめるかの参考にはなるかも。

元々邦画には若干否定的で洋画至上主義な所は正直持っている。
>>続きを読む

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

3.1

少し久しぶりなSF。

シチュエーションが凄い好みだが作品の放つ雰囲気がエンタメ系ではないのを嗅ぎとりつつも鑑賞。
でも良作の予感。

中盤までは凄く良かった。
デルにもグレースにも共感できる。お互い
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.8

40年を経た1、2作目の正統続編。
パート3と以降はなかったことに。

監督はデヴィット・ゴードン・グリーン。色んなジャンルを撮ってる方の様だが監督作を観るのは本作が初めて。
評判の良かったロブ・ゾン
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

公開当時とその後の評価の高さがずっと気になっていた作品。
戦時中の日本が舞台という情報だけで鑑賞。原作未読。

観て良かった。
初め柔らかなやさしいタッチの作画に内容とのギャップをおぼえたが、すぐにこ
>>続きを読む

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年(2018年製作の映画)

2.8

設定に惹かれ鑑賞。

ほぼ思った通りの内容と方向性だった。自分の貧困な映画ボキャブラリーでは類似してる作品は1作品しか挙げられない。「ぼくのエリ 200歳の少女」と作品の雰囲気や設定も一番近いか。
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

4.5

待ち焦がれていた作品。
ようやく鑑賞。
ピージャク&フィリッパ・ボウエンの「LOTR」コンビとWETAが関わってたら映像クオリティと面白さは約束されてるようなもの。
はじめ自宅で鑑賞しはじめたがコレ劇
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.2

アニメ「有頂天家族」のファンで森見さん原作のため鑑賞。
原作未読。

相変わらず森見節炸裂のヘンテコりんな物語である。かしこすぎると凡人の考えのもうふた周りくらい先の考えになりこんなストーリーを思いつ
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.1

約6年ぶりに鑑賞。
オリジナル版のブルース・キャンベル、サム・ライミ、ロバート・タパートらがプロデュースした正統リメイク。
今回はオリジナルにあった爆笑(笑)演出を排除し、シリアスな作風で仕上げている
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

4.1

ほぼノーマークだったが
Bad Robot製作作品なのでクリップしていた。
何コレ最高。

無理やり一言でいうなら、アクションホラー版プライベートライアン!
以下はあらすじ
日本で公開されるかどうかも
>>続きを読む

テーター・シティ 爆・殺・都・市(2012年製作の映画)

3.2

観たかったやつ。
今回は南斗聖拳!

実写版北斗の拳と言っても過言ではない「アダム・チャップリン」の監督エマヌエーレ・デ・サンティの実弟ジュリオ・デ・サンティが本作品の監督。
「アダム~」では製作とゴ
>>続きを読む

ゲヘナ(2016年製作の映画)

2.3

クラウドファンディングを行っていた時から注目、やっと鑑賞。

何故気にしていたかというと、あまり表に出てこなかったハリウッドで活躍する日本人特殊メイク、造形アーティストである片桐裕司氏が初監督を務める
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.2

2011年7月22日に実際に起きたテロ事件「ノルウェー連続テロ事件」
政府庁舎爆破(犠牲者8人)、
ウトヤ島銃乱射事件(犠牲者69人)の映画化。
後者の島で労働党サマーキャンプの青年達(見たところ10
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

4.0

2019年1発目のレビューは好きな映画にしたかったので本作品をピックアップ。
生涯ベストの1本であることはまちがいない。
しかし自称特殊効果&特殊メイクアップヲタな自分、超有名な本作品が大好きだと声を
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション(1999年製作の映画)

4.7

一生付き合っていく作品の一本だがBD版を持ってなかったので、本バージョン"シグネチャーエディション"なるものが出ていたため自身へのクリスマスプレゼントに本作品とRIOBOT製「THE IRON GIA>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

ようやく鑑賞できた。

熱心なQueenファンではないがバンドメンバー名を知っていて好きな楽曲やアルバム数枚は持っている。フレディの概ねの人生も知識としてある状態での鑑賞。

元々Queenを認知して
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

アニメ鑑賞済み、原作漫画読書中。

アニメ放送当時まさしく自身が歳の差恋愛の真っ只中であったため設定が気になりなんの気無しに見たアニメにはまり、その流れで実写本作も鑑賞。
そして現在その恋愛は終了して
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.2

設定と麦ちゃん目的で鑑賞。

ひきこもりだった主人公がアルバイトを機に人同士との関わりを通してゆっくりとだが成長していく、だが実際はそんなに簡単にはいかなくて、、というストーリー。

麦ちゃん演じる主
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.4

原作既読、アニメ鑑賞済み。

実写化が発表された時からノリさんではないと思ってた。
しかし佐藤健とのバランスはとれていた様に思う。

ストーリーは原作、アニメと概ね同じでラストのみ違う。
小さくまとま
>>続きを読む

>|