Keisukeさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

Keisuke

Keisuke

映画(408)
ドラマ(19)

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.2

さいっこうだー!
こんな教えを頂戴したかったなぁー!

たしかに、riskyだけど、だからこそ尊い。この段階でロックにはまりそう。

僕等がいた 前篇(2011年製作の映画)

-

なっっつかし!
姉さんが持ってた数少ない少女漫画の一つで、こっそり読んでた自分思いだした。

まじ矢野かっこいい

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

-

マイクの好感度めちゃあがった。
恐れ知らずで努力家って最強やん

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.8

やーーっと見れた!
夏休みのうちに見れてよかった。

家族愛。ほんとに羨ましい。
愛に満ちた家族ばかりの社会になってほしい。自分も愛情に満ちた家族が欲しい。

人と人のつながりって最高だぁー
ほんっと
>>続きを読む

ジョン・カーター(2012年製作の映画)

-

サーク族がいい
ウーラはもっといい

ジョン・カーターって名前が...

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

-

うまくいかなかったことは、それはそれで、次がんばればいいじゃないか ループしすぎ わら

骸骨の踊り(1929年製作の映画)

4.0

不覚にもふいてしまったので、疲れてるのかもしれません。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

4.2

『人間失格』自体が好きなので、必然的に高評価にはなりますが、映像作品としても斬新で、圧巻でした。もっと評価が高くてもいいと...。笑


進むべき「道」だとか
「普通の」人だとか、
そんなのが無い方が
>>続きを読む

ルクソーJr.(1986年製作の映画)

-

あいつルクソーって名前なんだ。
物心ついた時には、ブラウン管のテレビがなくなって、すぐにデジタルの時代を迎えた世代。
どんな技術がすごいのかってのが、いまいち分からない。
だから、昔の映像みて、不自然
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

-

最後いいね。青春。

家族のような友達って本当に憧れる。

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

-

いい会社だ。。

モンスター・シティの街並みの絵も綺麗だった。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

-

すげえな。天才だ!
でもね、ジム・キャリーは、その笑い方だけで世界を明るくできる。大好きになった

晴れ ときどき くもり(2009年製作の映画)

-

台風でJRが朝とまるそうで、丸ノ内線やばそうだな。

雨雲くん、泣かないで〜 怒らないで〜

ダグの特別な一日(2009年製作の映画)

-

声が浮きすぎてたのと、テーマもそんなに響かなかった

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

-

最初と後半は良さげなMVで、中盤はAV。ストーリーは成り立ってないし、もはや、ちゃんと見てなかった。

ただ、護衛が雇用主の奥様にfuck fuck言ってるのは面白かった。

アス(2019年製作の映画)

4.0

最後 間延びしてんな〜とか思って、晩飯なににしようか考えてたら、突如ゾワっとしてきて、その理由が分かった時は、怖いってより、嬉しかったよね。

やっぱこの監督すげーんだな
いやもっと評価たかくていいや
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.1

思うようにいかない事の方が多くて、
悲しんで、傷つくこともあるけれど
心を失いたいとは誰も思わないよね。

少なくとも僕は、心を失いたくない。

ただ、一時的に心が失われて、「空気人気」のようになるこ
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.8

ハンスやばい くそうざい。笑

このタッチであっても、2人の強い女性は際立ってた。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

-

くそみたいな国母だったな
ストーリー途中までよー分かってなかったけど、そりゃそーだわ
スッキリ〜 アクション破茶滅茶楽しかった〜 観るの楽〜笑

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.3

シュールレアリズムと、ブルースウィルスが(ある意味)強烈でした。

とくにピアスのシーンはやばいかった、一瞬眠気が飛んだ。わら
大人が子供を守る理由もそれっぽくて良かった。わら

他にも「孤児になりた
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

ひゃー、このストーリーをこれだけリアルな映像にするんだからすごいよな。

ただ、マリオン・コティヤールは悪役にしては可愛げあるわ。笑

他にも思うとこはあったけど
アン・ハサウェイの美しさに気づけたの
>>続きを読む

花と木(1932年製作の映画)

4.2

植物たちの表情とか動きがシュール。笑
でも、これがアートなんだろうな。結構すき!

愛犬とごちそう(2014年製作の映画)

4.0

最近みた短編で一番好き
ごちそうだけじゃダメなんよな