Kコさんの映画レビュー・感想・評価

Kコ

Kコ

会議と会議の合間に映画を観た記録。

映画(92)
ドラマ(0)

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.2

音に集中する究極のワンシチュエーション映画。

警察の緊急電話室?が舞台なのですが…
この手があったかー!!と一本取られる新しい感覚。音にひたすら集中して、自分のイマジネーションを働かせる…。
映画s
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

2.8

原作読んでいませんが、現代版爽やかなヤクザ映画だなと感じました。
エンドロールの歌は、渡辺大知さんだからできるいい演出。

マチルダ 禁断の恋(2017年製作の映画)

2.9

映像はとても美しい。
マチルダきれいすぎる。
でも、この映画の登場人物は誰も好きになれない。

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.4

個人的には好きな作品。
骨太に人間関係を描いていて、人は結局自分のルーツに戻るんだなぁと。

喜望峰の風に乗せて(2018年製作の映画)

2.9

家族と会社のために、ヨットレースへの賞金目当てに単独世界一周を目指した素人船乗りのお話。
実話をもとにしており、素人が素晴らしい技術(自分の会社の製品)を持って挑むというところ、これはビジネスだと、レ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

あなたは人を信じますか?
このキュレーションに胸惹かれる。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.4

そんなに期待せずに見始めたけれども、趣里さんに引き込まれていく。不思議な感覚。ジャイアン的に菅田くんを見るけれど、その気持ちは胸が締め付けられるほど、わかる。
そして、菅田くんが感情を7割方、ほとんど
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.1

ハッピーだけど善人しか出てこない映画は面白くない。そういう難しさを教えてくれた映画です。とてつもなくハッピーなことは本当に間違いない!

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.3

ハワイの映像がとてつもなくキレイ。
母親の葛藤って難しいなと。
私も昔大切な人を失ったけれども、その死を認めたくない。だから、毎年その場所に行けるだけすごいと。つんつんしてるけど、それだけ愛してたんだ
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.5

東京!東京!ってうるさいー!!!
と思ってしまった私は、東京生まれ、東京育ち、東京住まいだからでしょうか?
迎えに来てじゃなくて、飛び出していけ!そう私は奮起させられたのです。その点だけ、この映画の素
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.3

樹木さんがお亡くなりになるずっと前に試写で見たので、ノーフィルター。
「あなたはあなたらしく」をとてもゆっくりお茶の世界で伝えてる、わびさびの映画。でも私は多部未華子ちゃん寄りの人間で、性格もそっち寄
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.2

もうこれ大好きなんだよね。2回見た中、どちらも機内なんだけど、グロすぎなく痴話げんかっぽく、スリリングで。
途中の編集も超かっこいい。何度でも見たい。技をパクりたい。「今夜、ロマンス劇場で」が辛すぎて
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

-

飛行機の中でよーし!見るぞと意気込んだけど、設定が辛くて耐えられませんでした。逆にあのモノクロをどのように編集しているのかだけ、とても学びたいと思った映画でした。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

ずーっと見たかったから飛行機で見られてよかった。機内食いらないほど夢中になれた。それは男性側の演技やキャラクターが憎めないのもあったと思う。
そして、テニス映画だと思って見始めたのに、タイトルの意味に
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.4

地味にボロ泣きしてしまった。
ずるいぞ。ただ、結末は予想できそうな展開だった。しかし、泣ける。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

飛行機の中で3回トライしてやっと鑑賞しきる。
アバターの演技が多すぎなのか、機内なのか、頭になかなか入って来ず、3回目でやっと見終わったことがこの映画の価値なのかもしれない。その割には、ストーリーを忘
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

130分を感じさせない面白さ。
個人的には効果音の使い方とPANの使い方が印象的で真似したいと思った。それにしても天才の考えることはすごい

>|