koronさんの映画レビュー・感想・評価

koron

koron

映画(26)
ドラマ(0)
  • 26Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.5

高度成長期を異国の地で頑張る家族愛がよく表現されている。三人娘の恋愛について父親の理解ある判断は共感できる。最後家族はバラバラになるが両親の安心した顔つきが印象的。ちょっと笑えて、ちょっと泣けて、ちょ>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.0

なんとも怪しい映画。怖さはないが人の心に入り込んでその人を私物化しているよう。エルの本当の正体が気になる。もし作家だとしたら自作自演を小説にする凄腕かも。

終わった人(2018年製作の映画)

3.5

定年を迎える瞬間、慣れない無職の時間の過ごし方、再起をかけた決意、どの場面もうなずけることだらけ。自分はこうならないようにと気付かされたような作品。
冒頭「定年は生前葬だ」で心をつかまれてからは舘ひろ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

改めて人と犬との友情、忠誠心が伝わってくる作品。犬は人の感情や行動を読み取る。この映画は言葉まで話すから犬好きにはたまらない。背景が日本というのも興味をそそる。ストーリーで途切れぎみのところはアメリカ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

文句なしの完璧な作品。映像、ストーリー、バックミュージック、出演者、演出、スピルバーグ監督のなせる技ですね。今話題のVR技術をテーマに使っていろところも分かりやすく興味をそそります。後半の戦闘シーンで>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.5

母親とおばあちゃんの存在無くしてこの作品は成り立たないと言っても良いくらい見事な演出です。アメリカの貧困さがリアルに伝わり、ラップを通してそれを跳ね除けようとするパティはたくましい。最後のステージの場>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

口では平等と言っても社会の貧富、人間の身勝手さ、誘惑への妥協、問題解決の甘さ等お前はどうなんだと問われているような映画。色々なシーンで生活あるあるの真似してはいけない大人の行動を紹介しているよう。視覚>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ゲームの世界を実写化しているかような作品。現実世界ではあり得ないことが普通に起きえる。ストーリー的にはちょっと薄いところもあるが、IMAX 3Dの効果で映像は迫力満点でした。プレーヤーが自分の意識を持>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

5.0

恋人の復讐のために計画された周到なシナリオと実行力、ミステリー小説実写版の見応えのある映画でした。終盤に復讐の真実を知る事で、それまでの節目で起きたシーンが再度よみがえってきた映画は初めてです。
岩ち
>>続きを読む

ピンカートンに会いに行く(2017年製作の映画)

3.5

一見、仲の悪そうな5人組。表向きはアイドルを目指してはいるが本当はもっと素直にお互いを理解し合いたかったのだと思う。
個性が強いほど変な意地を張る、でもそれ以上にメンバーを思う気持ちを感じた。言葉使い
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

歌、ストーリー、踊り、演出、どれをとっても素晴らしくとても感動しました。
人の本当の幸せとは何か、決して富・名声ではないということを心から教えられた気がします。場面場面での歌は言葉が分からなくとも思わ
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.5

何も悪いことをしていないのに、トランスジェンダーと言うだけでこんなに扱いが変わるのか?
それでもダニエラの懸命に前に進む姿に応援したくなる。ストーリー的にはちょっと退屈さはあるが、見終わって不思議な余
>>続きを読む

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2015年製作の映画)

4.6

正直あまり期待していませんでしたが、いざ鑑賞すると映像、音響、ストーリーとどれもクオリティが高くちょっと驚きでした。万人が知っている西遊記とはかなり違うものでしたが、これもアリかなと思うくらい面白く感>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

4.5

精鋭でありながら命令や規則は二の次で目的にまっしぐらという感じ。当然上司の頭痛の種であるが成果はきちんと出す。口では説教を垂れているが実なメンバー思いを思わせる演技がなかなか見どころ。最後はこの上司で>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.5

試写会です。青春を思い出せてくれ、こうだったらいいなぁと思わせてくれるる作品です。

落ちこぼれ少年と弱視のチェロ少女との子供らしいやり取りや考え方・行動がすごく新鮮に思えました。

青春映画ですが、
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

5.0

魔物、死神、貧乏神などいい意味で日本的な文化を改めて思い出すことができる作品でした。
堺雅人の真面目でボケるキャラと高畑充希の可愛さが印象的です。
黄泉の国の風景は三丁目の夕日の世界観以上に完成度が高
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.5

出だしは淡々としたストーリー展開、脳も退屈な時間を費やす。しかし、中盤から後半にかけて盛り上がり、気がついたらいつの間にか引き込まれていることに気づかされる作品。

強盗行為を嫌味一つなくラッキーにし
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

5.0

試写会です。それぞれが主人公を張れるキャラクターが勢揃いしているので圧巻です。とにかく皆んな強く、見どころ満載。個人的にはワンダーウーマンがストーリーの設定やアクションにおいで最高でした。是非見る価値>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

5.0

試写会拝見です。ノオミ・ラパスの一人7役に驚き‼️ とても同じ人と思えないくらい別々の個性を出し切っていた。
隣の国でも一人っ子政策をとっていたので、ストーリー的にはあり得ないことではないが、その処
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.6

ボクシングを通して人生を更生していくさまが男らしく描かれていると思います。ただし、憎いものには徹底的に闘志を剝きだすところがこの作品の見所かもしれません。後篇が楽しみです。

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

4.0

いつもの激しいアクションを期待している人には物足りないかも。でも、毒には毒を持って制す的なストーリーも悪くはない。

スクランブル(2017年製作の映画)

5.0

カーチェイス最高でした‼︎ ストーリーも最後のどんでん返しには、まさかと思わされました。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

ゾンビありきの展開で、その背景が謎のまま。唯一救われたのは、子供の素直さ。

関ヶ原(2017年製作の映画)

4.5

岡田准一と有村架純カッコよかったです。戦闘シーンは迫力満点でした。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5

ほのぼのとさせられる感じ。ちょっと泣けてくるシーンがいい。BGMで何曲か流れるが、久々のサイモン&ガーファンクルにも感動!!!

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

4.0

主人公の底抜けに明るいところと、湘南の海の爽やかさがなんとも心地よかったです。
言葉の持つ力強さや大切さを改めて問いただしているように感じました。