keisさんの映画レビュー・感想・評価

keis

keis

いつか吉田松陰と高杉晋作の想いを現代に活かした映画を作りたい‼まず、脚本からはじめなくては

複製された男(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドゥニ・ヴィルヌーヴの繊細な世界観の原点なのかな。静かすぎるこの映画に
メッセージとブレードランナー2049が繋がっていく。

SUZUKIの青いバイクが生えるトーン。緑色のカラコレ

Chaos i
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人に聞くな。
自分の心が教えてくれる。ゲバラ、とってもしびれます。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

それが聖戦なの?と突っ込みどころ満載です。
雪の中でやりきる意思が冒頭からすごかった。よくCG頑張ったなぁと敬服。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドスの効いた大阪弁参考に。痛めつけ方をもっとエグく。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メッセージといい、世界観ば抜群に良かった。赤い世界が特に。
障害者とか人種とかミックスしていた前の方が好き。
現代に合わせたのか、そういった偏見を取っ払って純粋な感情だけでやりたかったのか
なら、もっ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

役者みんなの演技がすごい。安倍サダヲが落ちていく合成はなんとか別の方法がなかったのかなぁと思った。タイトルと内容が合致しないところがとても興味を注ぐ

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

-

設定がすごい!SFだった。
能面のような演技にわけがある。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.9

面会室の福山と役所の映りがすごい
カメラマン 滝本幹也

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

名古屋の頃の恋愛を思い出す。アニメにする意図が欲しい。
ワンピースが出てきたり話の辻褄があわないほうがいい映画もあるんだと思った。

関ヶ原(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

関ヶ原のことはあまり知らないけど、司馬遼太郎の本を読んでいてよかったとつくづく。
戦いはあれだけの人数がいるとだらける。
もっと、だらけないやり方とか知りたい。

Detour(原題)(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

三輪車のスケールエラーや見え方に違いがあるといった内容をiphoneでやるところがすごい

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.4

あんないいわけはしたくないから浮気しないと言える

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

2.5

ブルース・ウィリスがたばこを吸いながら着替えを器用にする

ターミナル(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キャリーをたくさん集める俯瞰

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストはNYに似せたボストンで撮影した風景
ふりかえりあうタイミングがせつなさ抜群

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

最後には、もういたたまれなくなって友人に電話しました。
セクシーさを消してくれないと
多重人格に期待するところが僕とずれて自分が嫌になりました。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

伏線、回収、伏線、回収素晴らしく出来てる。
マットを敷いておく準備に感動。
冒頭のスピーチ

毛沢東
政治とは流血をともなわぬ戦争である。

あとからつけた言葉なのか、最初からこれをおいてつくったのか
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ルイス:「最後にこの言葉を贈ろう。ロビン・ウィリアムズが演じた教師の言葉だ。君たちの先輩アソシエイトも、君たちと同じく大きな夢を抱いていた。耳を澄ませば、彼らのささやきが聞こえるはずだ。“カーペ・ディ>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

守りたい理由が切なすぎる。
分かりやすい伏線で見やすかった。

夕日の合成が気になる。

オープニングの日本海の景色 荒さがいい

エンディング 篤姫のテーマソングに似ている。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

sorry, I had to see about a girl.
女を見極めに向かってエンディング。結末は想像に。

御法度(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

衆道-武士の同性愛を描いている。とても興味のある題材。
ビートたけしが最後、桜をぶったぎる心境
遊女の登場 ゆらゆらと歩く
トミーズ雅の人間味のある役柄

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

歳を悪く感じる。ラスト恍惚とするダンスから電車の中を突き抜ける延々さ

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.9

合成がすごすぎる、どこからどこまでがどうとかどうしたらこうなるとか
いろいろ謎が多すぎる。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

祈祷するカットバックがすごすぎる。トランス状態に突入する。
地名からストーリーを構築してみるのもあり

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

現実離れした豪華な別荘。
壁一面にはられた冷たいポストイット。

カンパニー・メン(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

いけてない中年の男性イメージ。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

長い時間を考えさせる間だったのか、どう展開されていくのか
興味深い役がたくさん。
動物のモノマネ、さびれた遊園地、波止場で泣く彼を走る車越しからのぞく視線。
動物を逃す狂気、オダジョーとの対面。おもし
>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

miniDV撮影 ズーム
男の被害妄想が悲劇へとたんたんと繋げていく

家族からの電話で、残虐さが際立つ。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

水をCGにする方法が参考。どこまでリフレクションをかけるのがいいのか

>|