keisさんの映画レビュー・感想・評価

keis

keis

いつか吉田松陰と高杉晋作の想いを現代に活かした映画を作りたい‼まず、脚本からはじめなくては

映画(97)
ドラマ(0)

Vision(2017年製作の映画)

3.2

理解できないところ多々。
光とか深度とか画角とか

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

よく撮影に耐えたなぁとつくづく思うシーンが多々。5歳以下の子供撮影。
熟年のベットシーン、海で男親子のやりとりなるほどと思わせてくらる。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

メリル・ストリープ最高や!
『新聞は最初の歴史所の草稿だ』

ノーラ エフロンに捧ぐ

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

時を超えて、私たちを支え、
力を与えてくれる人々を決して忘れない

いろいろな思い積み重なってステキなラストです。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

現代の若者がよくわかる。世界を簡単に見に行くらしさとか、親として希望がもてます。

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

3.5

「人は新しいものを怖がる。朝起きたら、明日は新しいもののはずなのに」と語る、イッセー尾形
写真をとって、渡す
頭の後ろは見ること出来ないでしょうと済まして行く。

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

長澤まさみの撮り方がキレイ。

何者(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

舞台設定への転換。
検索のあるある。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

撮影がすごい。馬から、歩きからどうカメラを渡して撮影しているのかワンカットがすごい。馬に入って暖をとる。リアルすぎる

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

ラストどうなるのとすごい展開でした。赤に黒文字、ビルボード。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

ララランドのようなハンディカメラワーク
ダンスがレベルアップ。
ヒュージャックマンが幼少時代になる乗り替わりがウィンドウを使ってわかりやすかった

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

元殺人犯で括られない。とてもわかる。
狂気じみたところが急に出で来るのが良かった。怖かった。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

まさかそんな結末が雑に過ぎるってある?って思うけど。
長澤まさみはとてもいいなぁと。

複製された男(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドゥニ・ヴィルヌーヴの繊細な世界観の原点なのかな。静かすぎるこの映画に
メッセージとブレードランナー2049が繋がっていく。

SUZUKIの青いバイクが生えるトーン。緑色のカラコレ

Chaos i
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人に聞くな。
自分の心が教えてくれる。ゲバラ、とってもしびれます。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

それが聖戦なの?と突っ込みどころ満載です。
雪の中でやりきる意思が冒頭からすごかった。よくCG頑張ったなぁと敬服。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドスの効いた大阪弁参考に。痛めつけ方をもっとエグく。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メッセージといい、世界観ば抜群に良かった。赤い世界が特に。
障害者とか人種とかミックスしていた前の方が好き。
現代に合わせたのか、そういった偏見を取っ払って純粋な感情だけでやりたかったのか
なら、もっ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

役者みんなの演技がすごい。安倍サダヲが落ちていく合成はなんとか別の方法がなかったのかなぁと思った。タイトルと内容が合致しないところがとても興味を注ぐ

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

-

設定がすごい!SFだった。
能面のような演技にわけがある。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.9

面会室の福山と役所の映りがすごい
カメラマン 滝本幹也

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

名古屋の頃の恋愛を思い出す。アニメにする意図が欲しい。
ワンピースが出てきたり話の辻褄があわないほうがいい映画もあるんだと思った。

関ヶ原(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

関ヶ原のことはあまり知らないけど、司馬遼太郎の本を読んでいてよかったとつくづく。
戦いはあれだけの人数がいるとだらける。
もっと、だらけないやり方とか知りたい。

Detour(原題)(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

三輪車のスケールエラーや見え方に違いがあるといった内容をiphoneでやるところがすごい

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.4

あんないいわけはしたくないから浮気しないと言える

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

2.5

ブルース・ウィリスがたばこを吸いながら着替えを器用にする

>|