MarySueさんの映画レビュー・感想・評価

MarySue

MarySue

映画(395)
ドラマ(2)

プラトーン(1986年製作の映画)

4.0

ベトナム戦争を描いた作品。

いつも思うけど、戦争に善悪は無くてどの視点からどのように描くかで印象が変わってしまう。

チャーリー・シーンよりウィレム・デフォーの方が主役格に思えるのは、やっぱり名脇役
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.8

ストーリーはそんなにだけど、作中に出てくる「Tonight Is What It Means to Be Young」は本当に名曲。他にも「nowhere fast」も素晴らしい。

音楽に全振りした
>>続きを読む

一人っ子の国(2019年製作の映画)

-

中国で35年間行われた一人っ子政策の実情とその結果を追ったドキュメンタリー作品。

出てきた人たちが言う台詞「一人っ子政策は間違っていなかった」、「正しいものだった」

でもその価値観は自分のものなの
>>続きを読む

Papers, Please: The Short Film(原題)(2018年製作の映画)

3.7

架空の国、アルストツカの入国審査官を描いたゲーム原作の短編映画。

最近Youtubeの配信でゲームをしているのを観ていたので入り込みやすかったです。

絶妙に汚い感じや小道具、淡々と進んでいくのも原
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.9

子供の頃に地上波で放送してたものを録画してずっーと観てた記憶があります。

たぶん30回くらいは観たと思う。

いろいろオマージュが組み込まれているのも今なら分かる。

楽しくて面白い作品でした。
>>続きを読む

最凶赤ちゃん計画(2006年製作の映画)

3.8

刑務所から出所した背のちっちゃい赤ちゃんサイズの男による宝石強盗をきっかけに展開していくコメディ映画。

ちょっとコメディ要素は弱めかな…?これならまだ誰かと観れそうな気がする。どちらかというと家族と
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.6

2回目

これについて話す機会がそろそろやってくるので復習に観ました。

いやー、まさに素晴らしき哉、人生!と言った映画だと再確認しました。

一度目と同じくらいかそれ以上に感動しました。いつも映画で
>>続きを読む

Slow Torture Puke Chamber(原題)(2010年製作の映画)

-

悲劇の3部作とは…

…というわけで4作目もあったので観ました。(なんで作ったんだよ……)

3作目は今までで一番内容がつまらなく、セルビアンフィルムみたいに赤ちゃん関係の倫理観がぶっ飛び、安定の吐瀉
>>続きを読む

摩天楼を夢みて(1992年製作の映画)

4.3

不動産のセールスをしている男たち。成績のよかった者には報酬を。それ以外にはクビという条件を嫌味な上司に突きつけられて契約獲得のために奮闘する話。

ジャック・レモン、アル・パチーノ、ケヴィン・スペイシ
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.7

癌検診の結果を待つクレオ。結果が出るのは7時。今は5時。この間に起こる出来事の2時間を追っていく話。

すごく地味…というかリアルというか何の盛り上がりもなく、ただただ時が流れていく。

フランスの街
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.7

前半がちょっとダルッとしてました。女の話ばっかりで退屈に思えたけど、後半は怒涛の展開…というわけでは無いけどそこそこスピード感があったので良かったです。

ラストのシーンが一番興奮しました。スカッとす
>>続きを読む

ローマ法王の休日(2011年製作の映画)

3.5

ローマ法王が亡くなり、新たな法王を任命する話。

近くにあるレンタルDVDショップのミニシアターのコーナーにこの映画がずっと置いてあって、意識はしてなかったけど何だかずっと頭の中に残ってました。そんな
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.8

日本とアメリカの警察が協力して偽札事件に立ち向かう話。

まず全員かっこいい。これだけでも観る価値あります。まさに「男」って感じでした。

でもストーリーがいまいちだったかな。最初は「おお、なるほど」
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.5

ちゃんと考えてみるとこれが一番好きな映画だと思いました。

何度観ても初めてのような気持ちで楽しめる。

感動するストーリー…というわけでは無いけど、いつ、どの部分を観ても90点以上を常時叩き出してく
>>続きを読む

うつせみ(2004年製作の映画)

4.0

中々グッとくる作品でした。

グッとくるというのは人物描写における感動のことではなく、演出の素敵さに感動しました。

その一つ一つに意味を感じ、儚く揺れる2人の関係がいつまで続くのか。出来ることならこ
>>続きを読む

ナンシー(2018年製作の映画)

3.8

自分を偽り、他人を欺くことで日々を保っているナンシー。ある日テレビを観ていると、30年前に行方不明になった女の子の特集をしていた。そしてその女の子の30年後を表した想像CGがテレビに流れる。すると、そ>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

90歳で一度寝ると記憶を失ってしまう認知症のおじいちゃんが友人の手紙を頼りに復讐を果たす話。

途中で少しグダッとなってしまいそうな雰囲気があったものの、道中のドキドキ感やラストの急展開が見ものの作品
>>続きを読む

嬢王夜曲 姉妹キャバ嬢SEX対決(2018年製作の映画)

3.2

キャバクラ嬢たちの醜いバトルの話。

まず、この映画に出てくる蓮実クレアさんが好きでそのためにこの映画を観ました。

…なのに、何で途中から雑な特殊メイクで傷ついた顔でしか出てこないんだよ!!意味が分
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

4.0

分からず屋の父親から結婚を反対され、ニューヨークに逃げようとするお嬢さまと、その彼女を記事のネタにしようとする新聞記者の男の話。

素敵で笑えて楽しい作品でした。

お互いのすれ違いが少しずつ融和して
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.7

おじいちゃんの介護施設を守るために若者たちが銀行強盗をする話から展開していくゾンビコメディ。

同じイギリス発のゾンビコメディとしては私が大好きな「ショーン・オブ・ザ・デッド」があります。でもそれと比
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.7

エンタメ性が高い娯楽映画。

ぼーっと何も考えずに観れる分にはいいけど、あんまり中身が無かったかな…。

リュック・ベッソンがこの映画を作るための予算をまだ観たことはないですが、あの名作「レオン」で稼
>>続きを読む

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

3.9

脳卒中で倒れたお兄さんに会いに約500kmもの道のりをトラクターで向かうロードムービー。

前半20分を2ヶ月前くらいに観て脱落してしまったので、リベンジしました。

美しい景色と人々。くどくなく、絶
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.9

「甘くみてるとダマされちゃいますよ」

まんまとダマされちゃった。けど、甘く観ようが観まいが、向こうは騙す気で作ってるはずだから騙されるのは当たり前というか…と、変にひねくれた感想が浮かんで来ましたが
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.8

浮気調査を頼まれた私立探偵。ダム建設を巡り巻き起こる事件。複雑に絡み合う両件の果てに待ち受けるものとは。

脚本は中々に面白く、驚かされる場面もありました。でもどこか派手さに欠け、重厚感はあったものの
>>続きを読む

完璧な他人(2018年製作の映画)

3.9

引っ越し祝いにやってきた親友夫婦たちが携帯を机に置いて、携帯に来た写真、メール、電話をその場にいる全員に見せるという恐ろしいゲームをする話。

自分の携帯には洒落にならないようなものもいっぱいあるので
>>続きを読む

オカルト(2008年製作の映画)

3.8

通り魔事件をきっかけにオカルト的に展開していくモキュメンタリー作品。

はい、面白かったです。

派遣社員の実情、ネットカフェで暮らす人などの当時の社会問題を盛り込まれていました。

今回の主役である
>>続きを読む

-less [レス](2003年製作の映画)

3.8

クリスマスの夜、両親、姉、弟、姉の恋人は母方の実家へと車で向かっていた。しかし、その日に限って父親は普段なら高速道路で行くものの、森の裏道を通るというホラー映画としては定番ながらもまさかの暴挙に走って>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ2(1987年製作の映画)

3.9

ビバリーヒルズコップ3は駄作で、1は上手くまとまっていて、2はどうかな?と思っていましたが、1ほどではないと感じたものの面白かったです。

アクセルの捲し立てて相手に喋る隙を与えないのが好きです。口が
>>続きを読む

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

3.6

ピザ屋でアルバイトをしている男がひょんなことから銀行強盗の代役をやらされる話。

中身空っぽでそれっぽく見せようとしてるけど、一つ一つが薄味すぎてぐだっとしてる。

無駄に長ったらしく喋る登場人物と安
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.1

このレビューを見てくれている人がどれだけ居るかは分かりませんが、私は大学に進んで映像、主に映画について学ぶことにしました。もう大学は合格していて何か問題を起こさない限りは来年から大学生へとなります。>>続きを読む

カレンダー・ガールズ(2003年製作の映画)

3.9

婦人会の友人たちでチャリティーのヌードカレンダーを作った「ガールズ」の実話に基づく話。

婦人とガールズの時点でちょっと矛盾が起こっている気がしますがそれはそれ。

最初はみんなヌードになることを反対
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.8

新任教師で6年2組を任せられた男性教師が、1年後に食べるという約束のもとでクラス内で豚を飼う話。

最初はマジで狂った映画だなと思ってました。でも、観てみると考えさせられる作品でした。

6年生が6年
>>続きを読む

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(2017年製作の映画)

3.7

第二次大戦後の沖縄にてアメリカからの弾圧に抵抗し、沖縄の権利を得るために尽力した瀬長亀次郎の話。

味方も居なくて圧倒的な逆境のもとに頑張ったというよりかは、沖縄の人々に支えられ助けられて頑張った感じ
>>続きを読む

デッドリー・スポーン(1983年製作の映画)

3.6

うわー、面白くない…

クリーチャーのビジュアルは牙が満載で恐ろしさがあったけど、ストーリーが絶妙に面白くない。

所々に散りばめられた細かい設定を表面だけ撫でて回収し、よく分からない人物関係がこの映
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.1

男と花売りで盲目の女性との恋物語。

笑えてちょっぴり泣ける素敵な映画でした。

またいつか観たいです。

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.7

戦争孤児となった少女ポレットが農家の子供であったミシェルの家族に引き取られる話。

すごく長く感じました。

純粋であるから自分たちがしていることの重大さに気付けない二人。

そしてそれを取り巻く自己
>>続きを読む

>|