坂本健さんの映画レビュー・感想・評価

坂本健

坂本健

映画(30)
ドラマ(0)

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.5

ザ・コメディ!

誰にでも思春期はある。

そんな性欲溢れた思春期の物語。

いろいろな経験あったなぁ。

思春期を思い出させてくれる作品

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

コレぞミュージカル映画!

ちゃんと感情もある歌ばかりで、終始引き込まれる。

アニーという題材の映画や舞台は見た事なくて、初めて見たけど、素敵でした。

最後に踊るシーンで、スタックスの靴をアニーが
>>続きを読む

トゥルー・ストーリー(2015年製作の映画)

3.3

実話に基づいた話。

犯罪者にも物語がある。

殺しはいけない事だが、殺してしまうほどの理由があるものだ。

報道や嘘の言葉で人は苦しめられ、真実でもない事に泳がされてしまうのも事実だ。

最後はモヤ
>>続きを読む

マーウェン(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初から「あれ?」何がどうなってるのか分からず、話しが進んでいく。

だんだんと過去の物語が見え始めるのだが、

ある事件にあい、ただの人形好きのヤバくなってしまったオジサンなのではなく、

自分自身
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.5

展開が早くて、分かりやすい。

内容としては頭使わなくても良いのだが、展開としては、頭で追わないとついていけなくなる。

ブラッドピッドがカッケェんだコレが。

何がかっこいいかって?

もうね、もう
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.8

明日から前向きになれそうな作品。

元気でハッピーでウルっとジワッとしたいならこの作品で間違いなし!

内容としてはベタなストーリーではあるが、見て後悔はない作品です。

自分を愛さないで誰を愛せる?

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

僕はこの作品を高く評価する。

パステルのピンクとムラサキだけを使った空間の中で、ありえない設定の人とは違う見た目を持った人達がストーリーとして出てくる。

人を見た目で判断しない。

ぶっ飛んだ設定
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.3

曲の使い方がオシャレ!

ドライブテクニックが凄すぎるのと、こうも気持ちよくミッションをクリアされると、まぁ気持ち良いったらありゃしない!

いくら悪い事に巻き込まれたとしても、良い人としての行いがあ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ドキドキ感とゾンビのCGがすごい!

「キャー」が見たい人は好きだと思います。

なぜか後半にはゾンビに目が慣れてしまう自分がいて、明るい中のゾンビ映画なので、よりリアルでした。

特に貰えるものはな
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

ホロっと笑になってしまう、優しい物語。

貧しい経験や、ドン底の生活や、怖い家庭環境や、苦しい経験をした人は誰よりも優しくなれる。

「類は友を呼ぶ」の言葉のように、優しさで溢れた人が、優しい心を持っ
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

5.0

笑えて、泣けて、悔しくて、泣けて、韓国映画って、なぜこんなにも泣けるのだろう。感情移入しすぎて、おかしくなってしまう。

刑務所では、有り得ない設定なんだけど、それでも許せる。

素直すぎるがあまりに
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.5

かなりの名作だと思う。

発想が素晴らしすぎる。

人は赤ちゃんのオムツで始まり、おじいちゃんのオムツで終わる。

逆であっても

おじいちゃんのオムツで始まり、赤ちゃんのオムツで終わる。

知識以外
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.9

大泉洋さんと綾戸智恵さんにグッときた。

特に大泉洋さんは、こんな事もできるのかと思うほど終始見入ってしまった。

障害者は助けがなければ、出来ることが限られる。だからといってワガママを言っちゃいけな
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.8

全部見た感想、「スッキリ!」

さすがはヨーロッパ企画!

前半は、「この映画はハズレかなぁ何見せられてんだろ…」と思った。

しかし、最後の20分くらいから…

話が動き出す。

動き出した時の、ス
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.5

どうしてあそこまでして守ったのだろうか。

守る理由なんて、深いものでは無いのかもしれない。

守りたい。
未来を託したい。
そんな純粋な想いだけだったんだろう。

人は目を見れば何となく分かる。
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

これが実話だったなんて…

障害はハンデだ。

しかし、本人からしたら、やはり悔しいし、隠したくなるものである。

気持ちは分かるけど、そこまでやるか?

そこまでやるという決意に応援してしまった。
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

頑固じぃさんの最後まで頑固な物語。

考えを変えれない人って、言ってることは正しいとは思うけどイラッとしてしまう。

でも考えを変えない理由もあれば、それをやってくれない人がいると困るのも現実である。
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.8

こんな後味悪い映画は初めてだ。

悔しい。悔しい。悔しい。

感情移入しすぎて、悔しさがとまらず、
床をドンドンしまくった。

あー。マジで悔しい。

物語としては、ジュラシックパークの様な「キャー!
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

4.5

コレは見るべき。

ジャケットの写真が怖いから、観るのを避けていたが、見終わった後には、納得のいく写真になる。

見終わって、恐怖の余韻があったが、
時間がたつと、エスターに感情移入してしまう。

>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

見終わった後…ツラっ…
心…ツラっ…

マルコが可愛いすぎる❤️

子どもに親は選べない。
親も子どもを選べない。

親にも性格や人生がある。
子どもにも性格や人生がある。

「幸せは自分の心が決める
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.8

弱小チームが強チームになっていくというのは、良くある物語である。

しかし、この映画は、何のために勝利をするのか、何の為に頑張るのか、考えさせられた。自分自身を見直すきっかけにもなる言葉もあった。
>>続きを読む

チャックとラリー おかしな偽装結婚!?(2007年製作の映画)

3.5

コメディなんだけど、苦難を共にしてきた仲間の友情に泣ける。

偽ったり、隠したりするのは、普通の生活では、当たり前だけど、できればありのままで生きたい!なんて事を考えさせられた。

アダムサンドラーが
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

曲が良い。歌声が良い。
ありきたりといえば、ありきたりなストーリーなんだけど、

最後の歌で、苦しいほど泣ける。

思い出しても泣ける。

誰かの為に作った作品は、ものすごい魂を宿すのだろう。

とに
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

愛とは…
愛の持ち方はは、時に変わって行くものだと思ってた。

好きだったのが、もっと好きになって、抑え切れないくらい好きになったら、愛になるとか思ってたけど、そんな自分だけの気持ちなのではなくて、
>>続きを読む

アマチュア(2018年製作の映画)

3.5

生まれ持つ才能を持った人にしか分からない世界だから、共感が少なかった。

バスケ好きは好きだと思う!

子どもが親のために一生懸命になる思いと行動に前向きになれた。

でも、辛いんだね。でも見せないん
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

お金のため?やりがいのため?
成功するかしないかは、やってみないと分からない。

現実では難しいことかも知れない。
だからチャレンジしないで終わる人生もつまらない。

失敗だとおもうかも知れない、だけ
>>続きを読む

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.5

気持ちが分かるところも出てくるが、もっと掘り下げて欲しいところがなくて、あっけなく終わってしまった。

LGBTについては、僕は良いと思う人ではあるが、世の中はそういかないものかと、とても人間の冷たさ
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

5.0

アメリカの養子縁組の話。
僕は家族愛に弱い。
世の中には、父も母も長女も次女も長男も、誰にでもそれぞれにストーリーがある。

そんな一人一人に感情移入されて、心を揺さぶられる作品。

簡単ではないとは
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

5.0

ロードショーで何度も放送される理由が分かる。ゴスペルにハマったのもこの作品から。

人種差別も、地位の高低差も、貧乏も金持ちも、関係ない。

全世界つながる心は一緒なのかも?!
音楽って素晴らしい!
>>続きを読む

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)

4.0

インド映画に見慣れてないのか、
何で急にこのシーンなんだ?とか
思ってしまう部分もあったが、
終盤に近づくにつれ目が離せなくなった。

「なるほどー。」が欲しい人は見る価値あり‼️