KENPIさんの映画レビュー・感想・評価

KENPI

KENPI

好きなジャンルは洋画ホラー・サスペンスです。顔のジャンルはジェシー・アイゼンバーグ系です。

映画(28)
ドラマ(0)

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

4.7

今まで数多くの作品を観てきた中で、個人的に特に思い入れの強いこちらの作品を今回レビューさせて頂きます。



突然なんですが、皆さんにとって映画を観る理由って何ですか。人それぞれ思い思いの理由がある
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.8

割と唐突で申し訳ないんですけど、カルト的な人気を誇る作品ってあるじゃないですか。いや本作とかまさにそうなんですけど、個人的にそういった一部の層から絶大な支持を集めている作品って、すごく魅力的だと思うん>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.9

日々進化するSNS、時の流れとともに新たなサービスが次々と生まれている昨今。ソーシャルネットワーク業界はまさに群雄割拠の戦国時代に突入しているのではないでしょうか。本作は、世界中で10億人以上の利用者>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.2

普段はあまりこういったヒューマンドラマ系のジャンルは観ないんですが、最近ジムキャリーにハマっているのもありまして、本作を初めて鑑賞致しました。この映画、とても素敵でした。切なくて甘酸っぱい恋が堪らなく>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.6

昨年公開された作品の中で個人的に1番のお気に入りがこちら、『ドント•ブリーズ』でございます。88分という比較的短い上映時間の中で非常に良いテンポで話が展開され、ほとんど無駄なシーンが無いという印象を受>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

3.7

舞台はイギリス。ゾンビウイルスによる集団感染で一時は壊滅状態となった英国本土であったが、感染から28週後、感染者たちは食糧不足により死滅し、軍の調査で感染の危険性が無くなったと判断される。そして、英国>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.8

今回で2度目か3度目かの鑑賞になります、B級スプラッターホラー『キャビン』でございます。いやね、ここまでアホな映画もそうそうないんじゃないかって思うんですけど、それが非常に癖になるし定期的に鑑賞し直し>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.2

ここ最近の映画の中では特に話題になっている印象を受けた作品、『セッション』になります。本作は音楽をテーマとした作品で、ジャズという比較的マイナーなジャンルを扱っております。音楽好きの方なんかは特に、本>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.6

本作はハリウッドにおける超一流俳優、キアヌリーブスが主演を務めるサスペンス・スリラー。皆さん大好きサイコ野郎こと、鬼才イーライロス監督が指揮を執った作品です。


内容としてはトラウマ映画としても名高
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

はい、皆さんこんばんは。今週も人気コーナーである洋画名作レビューの時間がやって参りました。このコーナーは久しぶりになりますが、「またKENPIさんのレビューが見たいです」「オススメの作品を教えてほしい>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.8

タイムリープを題材とした作品の代表格といえば、間違いなく本作ではないでしょうか。本作を観ていなければ私自身、カオス理論やバタフライ効果(Butterfly Effect)という言葉に触れる機会もなかっ>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.5

「桜は儚いからこそ美しい」人は儚さに心を奪われるものです。やがて散りゆく花の姿に諸行無常を重ね、人々はその美しさに魅了されるのでしょう。そりゃそうです、年がら年中咲いている桜に風情もクソもありませんか>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.3

去年公開の作品では個人的に1番のお気に入りである『ヘイトフル・エイト』になります。R18ということもあり非常にバイオレンスで過激なシーンも随所にございますが、全体を通して大変出来の良い"密室ミステリー>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.8

こちらもアカデミー賞で主要5部門を受賞したことで有名な『羊たちの沈黙』です。本作に関しては洋画サスペンスというジャンルを語る上で、まず間違いなくタイトルが挙がるほどの知名度や人気を誇っており、謎に本作>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.8

舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。メキシコとの国境であるテキサスで、主人公は狩りの途中に200万ドルが入った鞄を手にする。そこには麻薬の密売によるギャング同士の銃撃戦が起こった後の、死体>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.5

カニバリズムを題材としたホラー映画と言えば『食人族』が頭に浮かぶ方が多いと思います。本作はその『食人族』をモチーフとし、かつ現代の環境問題や今なお悪しき風習と呼ばれる女子割礼を作中に絡め、昨今の国際問>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.2

普段はあまり観ることのないSFというジャンルなんですが、正体不明の怪獣に突如襲われ世界が崩壊していく、というストーリーに興味を抱き鑑賞。正体不明の怪獣という点で、世界観としては『ミスト』に近い印象を受>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.1

今回で2度目の鑑賞です。本作を初めて鑑賞したのはもう4,5年以上前になるんですが、過去に観た作品の中でも割と強く印象に残っていたので改めてレビューをさせて頂きます。ちなみに内容はほとんど覚えていなかっ>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.9

本作は以前こちらでレビューを書かせて頂いた『パージ』の続編になります。前作の『パージ』におきましては、とても魅力的な設定であるにもかかわらず演出や設定がことごとく物足りないというか、端的に一言で申しま>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.7

元祖スプラッターホラーとしてあまりに有名な『死霊のはらわた』です。2013年にリメイクされたことは記憶に新しいですが、こちらは1981年公開のオリジナル版になります。幼少時代に本作を鑑賞し、非常に過激>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

2.7

野生のビーバーが汚染廃棄物の影響によりゾンビ化、果ては人間を襲いまくるという非常に心温まるハートフルストーリーです。

本作では監督のこだわりなのか、はたまた予算の都合上なのか全く知りませんが基本的に
>>続きを読む

ファイナル・デッドブリッジ(2011年製作の映画)

3.7

ファイナルデスティネーションシリーズの5作目であり最終作、「ファイナル・デッドブリッジ」です。個人的にこのシリーズが割と好きで、遠い昔に全作鑑賞済みなんですが、懐かしさに目が留まり久しぶりに鑑賞。地味>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.3

正直なところ、鑑賞前にはそれほど期待をしていなかったんですが、いやはやこれは想像以上でした。本作はゾンビ映画としてはかなり風変わりなテイストを持っている作品であり、正統派ゾンビ映画に代表されるロメロ監>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.2

「1年に1度だけ、殺人を含む全ての犯罪が合法になる。」という非常に目新しくかつ興味深い設定に以前から興味があったので鑑賞。本作を観終わった感想としては、85分という比較的短い上映時間ということもあり、>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.2

私は20歳の頃までMr.マリックに憧れマジシャンを志し、マジシャン専門学校に通っていたのですが、当時の先輩が大好きな作品だったということをふと思い出し、懐かしい当時の日々に想いを馳せ、鑑賞いたしました>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.4

デヴィッド・フィンチャー監督の作品ということで、気になって鑑賞。
うん、後味がすごく悪いです。え、ここで終わりですか?みたいな。いや決して全体的には面白くないわけではないし、150分もあるようには感じ
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

定期的に鑑賞したくなる名作中の名作、レオンです。最近また鑑賞する機会があったのでレビューさせて頂きます。
なんていうか、愛って素敵だなと思わせてくれる作品。寡黙な殺し屋と家族を失った少女がお互いに思う
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

4.0

主演のジェシー・アイゼンバーグに顔が似ていると言われたので気になって鑑賞。えっと、なんていうか、ファンの方とかいらっしゃったら本当に申し訳ないんですけど、すごい似てて全然集中できなかった。横顔とか僕も>>続きを読む