Kentaさんの映画レビュー・感想・評価

Kenta

Kenta

映画は人生の教科書
見た映画を記憶に残すために感想を一言二言書いてます

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

-

逆境に立ち向かい、海外のビッグプレイヤーと戦うとは國岡さんのやってのけた事を言うんだな〜。
散々就活で使った言葉だけど、現実に落とし込めるとただならぬ努力と決断力、そして家族(社員)をまとめる力が必要
>>続きを読む

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

-

アメリカ軍の勢力すごいな。そして、非公式部隊とか上からの命令が出ないと何もできないとか、軍は軍で大変なんですね〜

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

-

1と比べると何か物足りない。
あと、日本の総理の警備しょぼすぎませんか笑

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

前作と違って父娘愛とか出てくる。
トムさんのアクションって毎回同じに見える

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

-

真面目なザックエフロンってなんか面白い
人生経験積んでる年長者はさすがです

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

-

これは泣ける。実話。
家族のつながりを改めて感じる。
インドの孤児とか養子の辛さを知りました。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

家族の争いを裁判でやる悲しさ。
フランクの姉とその子供を思いながらも、何が子供のために正解なのか葛藤する姿にうるる。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

-

金vs家庭&本当の幸せ。
芸術家の生活ってこんな感じなのかな

天空の蜂(2015年製作の映画)

-

なんだかんだこういうパニック系好きで見ちゃう。

原発賛成派と反対派、親と子の溝とか出て来て価値観の違いって怖いなーと。

こういう系ドキドキハラハラするから飽きずに見れちゃう。

個人的には政府の慌
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

国を守る男達、被害に遭われた方々、そして事件の真相がわかる作品でした。

正義って難しい

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

-

独特な世界観と
2人の甘酸っぱい青春と
豪華俳優陣のコメディーが
とてもツボなドストライクな作品でした。

ゆるーい、のほほん、でもハラハラドキドキ系

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

根拠のない自信を持つ若い少年が成長してく感じは好きだった。トムホランドのスパイディーも好きかもしれない

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

-

ずっと鑑賞しようと思っていた一本。
映画は自分の見識を広めてくれる、とはこのこと。1980年代のエイズや同性愛への偏見、HIVやエイズの辛さ、患者の薬が承認されるまでの葛藤などこの作品を見て学ぶことは
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

-

何かあったら兄弟で旅に出ようかな。それも電車の旅。
車内での時間がゆっくりあるから、そこでホイットマンさん兄弟みたいに互いを理解し合う旅とかいいな。

ブラザー・ミッション ライド・アロング2(2014年製作の映画)

-

ザ・アメリカン(ブラック)コメディー。
今作だとアイスキューブ照れてて可愛い。

わたしのハワイの歩きかた(2014年製作の映画)

-

俺にはまだ早かったかな?
男女関係ってむずすぎでしょ、ぜんぜんわかんなかった

ドッジボール(2004年製作の映画)

-

めちゃめちゃ笑えるし小学生に戻ってドッヂボールしたくなった。
ベンスティラー良い味出しすぎ笑

カーズ(2006年製作の映画)

-

子供じゃなくてもめちゃ楽しめる!むしろレースとか車についてわかる大人の方が楽しいんじゃないかな!

仲間とか師弟とか恋人とかいいですね。
それを車達で表現しちゃうディズニーさんさすがです。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

-

シナリオを人間の歴史とかミステリーに擦り合わせてくるところは好き

でもこのシリーズ毎回思うけど、映画館で見る映画ではないかな

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

-

F1というモータースポーツの頂点を決める舞台での2人の男の戦い。
最近実話ものすきだから見入ってしまった!
ライバル同士切磋琢磨するのっていいよねー

個人的にはニキが奥さんと出会うシーンがめっちゃ好
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

-

自分のプライバシーや今後のIT・情報化社会について考えさせられた。知識がないスノーデン事件について知れたのも大きかった。むずかしいことわかんなくても楽しめる一本。
この投稿も…?笑

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

-

フランスのコメディー映画。
海外っぽいおバカ系でめちゃめちゃ笑える一本。
特におじいちゃんのキャラが面白すぎ
今後起こりそうな自動運転車の暴走っていうテーマも◎

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

-

脳内会議ってアイディアは面白い
けど思った以上に女子女子してる映画

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

-

理想すぎる
そして、リンちゃん可愛すぎ。
途中流れる音楽も、風景とか色も好きです
台湾いこうかな笑

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

-

コメディー要素強めでシリアスなシーンでもチープで笑ってしまった。

>|