JJ

JJ

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

3.6

TVシリーズ観てなく原作も読んでないが、とても楽しめた。ARとVR世界でそれぞれの戦いがあって、そこの違いや問題が巧みだった。4DXで鑑賞したのでバトルシーンは、揺れて大変でした。

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.3

コンテストを通して、青春・恋それぞれを取り巻く環境からマレーシアのその当時を表していると思いました。甘酸っぱい、少し画像が荒ているのが逆にリアルだった。体育館の照明が点いて始まったので終わりはそうだよ>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

モアナの負けん気強いが、女性の繊細な所が可愛い。勘違いかも知れないがエンドロールみんなでフラダンスしてる曲あったら更に和んだかもって思いました。

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.4

インサイド・ヘッドの身体版みたいな設定で、誘惑に負けない様に制御するけど、やっぱり楽しく生きないとなぁって

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

3.1

もっともっとシンプルに多少省いて大事な所を時間かけたら良かった気がしました。最後10億年の設定にほっこりしました。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.6

家族って色々あってこんがらかってでもそれでも家族だってのが痛いくらい分かる。兄は悪い事してないのに、嫌な奴でした。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.4

まあ老害って片付けたらそうかも知れないけど、面倒な近所付き合いもひょっとしたら生きてるって実感させるんでは?とぼんやり考えたりもしました。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

夢を追いかける事に疲れた人達が、それでもなお日々を懸命に暮らしいる。音楽は元より画面の色彩の美しさが四季を通して描かれまるでファンタジー映画の様に生活の辛さと相反しているようだった。終盤の演出は、特段>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.8

シリーズ一番いい作品だったかも、完結したからかもしれない。しかしアンデッドとの闘いはあまり無い。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

映像がスゴイというか画面がどうなっているかはっきり理解出来ない。マーベル新ヒーロー誕生で紹介部分が多いが、今後のアベンジャーズ、ガーデンオブギャラクシーとどう繋がるかが早くも気になる。マントがいい味を>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.7

設定と終わり方も焼き良いと思うけど、同じ事の繰り返しな気がして中だるみしてしまったかも…

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.8

人からオススメされて公開終盤で鑑賞したが、2016年最高作品。どこかクスって笑えてほっこりし、感動して泣ける。朝のしゃぶしゃぶでの女の子の台詞とそれを抱きしめる母の所で涙腺が崩壊しました。宮沢りえさん>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.5

もっと毒々しいと鑑賞前は思ってたけど、きれいなに話がまとまってた。そこが当事者たちの反発を招いたんだなぁって感じた作品です。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.8

海賊ってその界隈の海賊かって思ったけれど大手メジャーに対して挑んでいく姿が終始かっこよかった。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.6

ずっと下ネタが続くが途中急に恐ろしい展開になっていき最後なんじゃそりゃ的なのがコメディで逆に救いになっている気がしました。

ピートと秘密の友達(2016年製作の映画)

3.5

前半はゆったり話が進みすぎて少し眠たくなったが、後半は少しストーリーに変化があって昔のアメリカホームドラマを観ているようで懐かしいのが良かった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.9

期待しすぎなのもあるが、あと少しが欲しかった。でもいいブリッジストーリにはなっていたと思います。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

新たなシリーズが始まる、魔法魔法してなく、まあ魔法ふんだんに使われるのだけど、恋愛要素が多めで今後の展開も気になります。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.2

シリーズで一番ハラハラした気がします。アクション映画までにはいかないんだけど…

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.3

もう少し三つ巴の頭脳戦が見たかったけど、原作一文のみでよく話を広がっていたのは原作ファンとしても嬉しい。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.8

すずさんの戦時中なのにのんきな所から、どんどん戦況悪化しそんなすずさんも感情的に不安定になりながらも生き抜く強さが感じられました。時系列をおって過去から話が進むので、昭和20年8月に向けハラハラしてし>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.2

夢が美しく輝いている事、ジャンアントの笑顔がなぜか可愛い事、子どもの頃の純粋さがあれば、もっとドキドキ感動できるだろうなぁって感じました。

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.5

観ている方の処理速度がもう限界なのか、冒頭から何がなんだか画面いっぱいに繰り広げられる戦闘シーンに飲まれながら新たな始まりを予感させる展開でした。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.0

ビートルズのドキュメントというと解散危機やGet backのエピソードが多いなか、この作品は初期の4人が互いに尊重し合い音楽を楽しんでいる姿がみられ心地が良かったです。

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.4

台詞なしで90分弱観れるだろうかと思ったが、ユルい展開にの中に急に現実に抉られたりするファンタジーだった気がします。

亜人 第3部「衝戟」(2016年製作の映画)

3.4

佐藤さんが強すぎる!三部作最後という事もあり盛上りがあった。

怒り(2016年製作の映画)

3.5

演技派勢ぞろいで3つのストーリーそれぞれ1本の映画になるのではないかと話が深い感じを受けました。犯人のエピソードが、あまりにも痛々しい。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.3

「君の名は」鑑賞後だったためかハードルが上がって良い作品だが、時間軸変化が早すぎて各エピソード薄いって感じた。でも色々と考えさせられる名作ではあると思う。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.5

小ネタ祭りで不安だった主人公変更は気にならなかった。全くの別物な感じは否めないですが・・・レストランでの引き戸のくだりは、思わず劇場で声出して笑いました。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.6

RADWIMPSの曲に完璧マッチしている予告で、かなり期待はしていたが本編が更に上回っていた。展開早く気付いたら感動していた。

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.8

まだまだ色々と幼い主人公たちが助け理解し合う姿が良かった。今後の展開が楽しみです。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.2

ジャングルブックってこんな感じなので、ありっちゃあり。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

冒頭は台詞回しに若干の違和感を感じたが、そのうちそれが心地よくなってくる辺りサスガとしか言えない。ゴジラの巨大さと強さに圧巻。

ひな鳥の冒険(2016年製作の映画)

3.3

すごく小さな瞬間をショートムービーにしたのに、心がほっこりした。頑張れって観ている人応援してたはず・・・

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

田舎の閉塞感、古きよき時代のアメリカの輝き、少女の心の葛藤派手さはないが、物語に飲み込まれていく。ポスターのシーンはそこか。

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

4.1

これぞ、エンターテイメント。テンポ良く観れ、テゾーロが巨悪なんだけど憎めない哀愁をかもし出し、じんとくる。まさに王道でした。

>|