健多郎さんの映画レビュー・感想・評価

健多郎

健多郎

好きなジャンルはアメコミとアクションとバカとホラーと特撮とPOVとアニメ
好きな怪獣はバキシムとビオランテとギララ
採点は甘めで0.5点きざみ、3.0付けた作品は楽しんでます
キャラクターと演出重視で鑑賞し、観た映画はだいたい褒めます
非の打ち所がない作品だけでなく、ハートにグッときた作品にも5点を付けるよ

2015.9.7~

映画(654)
ドラマ(0)

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

4.0

警察大生が走りまくるはなし

警察大に通う体力バカと潔癖症メガネの学生ふたりが偶然誘拐現場を目撃
彼らの思い描く警察への理想と現実のギャップに悩まされながらも、誘拐された少女を助けるため奔走する!
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.0

ムカつく上司をブッ殺すはなし

ムカつくというか、法律アウトなことを平気でやってくるクソ上司というか…
とにもかくにも、感染するとブチ切れちゃうウイルスに罹った主人公が上司や社長をボコボコにするために
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

機密文書を暴くはなし

ペンタゴン・ペーパーズの存在は知ってたんですが、具体的にどういうものか詳しくは知りませんでした
まさか国防のトップに立つ人間が作らせたものだったとは…
文書を元に記事を作成した
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

初代もがんばるはなし

1行目の通りです!
前作とは違い、MCUでは既に一線を退いている初代アントマンことヘンリー・“ハンク”・ピム博士も活躍するんです!
個人的にマーベルコミックでは初代キャプテン・
>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

3.0

愛のために戦うはなし

主演のキム・ヘスがとにかくかっこいい、これに尽きる
ボロボロになりながらもたった一つのものを守るために戦う姿は素直にかっこよかった
女殺し屋+ロングコートというのも男心をくすぐ
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

2.0

廃村で襲われるはなし

アルゼンチンに実在する廃村、ヴィラ・エペクエン
村のドキュメンタリー映画を撮るために訪れた一団を地獄が襲う…

空撮のシーンを見る限り、全てとは言いませんが野外シーンを本当にエ
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.0

立証できない殺人のはなし

マインドコントロールによってプラシーボ効果で人を殺す殺し屋の設定はあんまり他になくて面白い
監視カメラの映像から微罪で引っ張ることは出来ても、砂糖水を掛けたり腕を舐めたりし
>>続きを読む

ザ・タンク(2017年製作の映画)

2.5

閉鎖空間で仲間割れするはなし

火星移住の疑似訓練として南極にある施設に集まったプロフェッショナルたち
訓練は順調に進んでいたように思えたが、少しのアクシデントから事態は最悪の方向へ…

クレジットに
>>続きを読む

アーリャマーン EPISODE I 帝国の勇者(2001年製作の映画)

3.0

インドでスターウォーズを作っちゃったはなし

お久しぶりです、しばらく映画を観る時間を全然取れませんでした!
半月以上ぶりの映画がコレっていうのは我ながらどうかと思いましたが、観たくて借りてしまったん
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.5

元・連続殺人犯が新たな連続殺人犯を追うはなし

かつて連続殺人犯だったアルツハイマー男性の娘が連れてきた男もまた、連続殺人犯だった…?
失われていく記憶のなか、娘を守るために男はどう動くのか…

主人
>>続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(2018年製作の映画)

4.0

2つの戦隊が共闘するはなし

最初に一言だけ書かせてくれ
なにコレとんでもなくおもしろい!!!

スーパー戦隊シリーズ42作目は、史上初のダブル戦隊両方がメインを張り、どちらもがタイトルになっている異
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

3.5

ラブ&ピースのはなし

毎年恒例のライダー映画、今回の内容はテレビ本編終盤のとある話と話の間にスッポリ嵌まる形ですが、こんな大それた話をやってたの!?と少々驚きました
まあせっかくの映画ですし、ミニマ
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.5

幻の利休の茶碗を作っちゃうはなし

腕はあるのに落ちぶれた古美術商と陶芸家が、共通の敵である大物悪徳古美術商を騙くらかすために大奮闘!
果たして彼らは、贋作の茶碗を売り付ける事ができるのか!?

骨董
>>続きを読む

ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録(2017年製作の映画)

2.5

アメリカ人が日本の寺を撮影するはなし

日本の文化を撮影しに来たアメリカ人3人が栃木県で古文書を見つけ、その内容に惹かれる様に古い山寺へ足を踏み入れていくが、その場所では50年ほど前に子供達が失踪する
>>続きを読む

ミステイクン(2011年製作の映画)

3.0

不穏な気配を撮影するはなし

くーちゃんこと野性爆弾・川島邦裕(現・くっきー)が本人役で主演した異色のホラーコメディPOV
全体的にくーちゃんのクセが強すぎてかなりコメディ寄りですが、怖がらせるところ
>>続きを読む

地球外生命体捕獲(2006年製作の映画)

3.0

宇宙人を捕まえて暴行するはなし

ブレア・ウィッチ・プロジェクトのエドゥアルド・サンチェス監督!
宇宙人にアブダクトされちゃった男たちが宇宙人に復讐するために捕獲して拷問…という有りそうで無かった、い
>>続きを読む

これがクリスティアーノ・ロナウドだ!地球上で最も議論されるアスリート/クリスティアーノ・ロナウド -神に選ばれし男-(2014年製作の映画)

3.0

ロナウドの半生を解説するはなし

クリスティアーノ・ロナウドの事を深く知るためのドキュメンタリーではなく、そもそもクリスティアーノ・ロナウドの事をあまり知らない方に彼の人間性を知ってもらうためのドキュ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

行動するはなし

フランスで起こったタリス銃乱射事件をイーストウッドが映画化
しかも主演のアメリカ人3名をはじめ、複数の乗客は本人!
キャスティングの発想が凄すぎるよイーストウッド…

もうこれだけで
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

3.5

キュウレンジャーが仲間割れするはなし

内容には満足しましたが、タイトルには偽りありだと思います
vsしてるのはキュウレンジャーとスペース・スクワッドじゃなくてキュウレンジャー内だけでしたし、そもそも
>>続きを読む

映画 山田孝之3D(2017年製作の映画)

2.5

山田孝之が自分語りをするはなし

ほぼ、カメラの前で座った山田孝之が語るのみ
よくこれをカンヌに出展したなあ…と考えられる面白みはあるけど、映画としてはあまり面白くない
でも山田ファンとしては観ておく
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

4.0

ライオンもゲロを吐くはなし

1400年間に渡る歴史と財宝の謎をかけて、考古学者ジャッキーと悪のインド人軍団がバトル…!?
的なシナリオはあったんですが、まあ、お話は別にどうでもいいです
アクションも
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.0

ミシェル・ロドリゲスが女になっちゃうはなし

あれ?いや逆か?逆なのか?
ミシェル兄貴って兄貴兄貴言われてるけど実のところは姉貴だよな?
まあ冗談は置いといて、凄腕の殺し屋が女性にされちゃうっていう面
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

火山島から恐竜を救出するはなし

…だと思っていました
半分くらい違いました
こういうのはこういうので嫌いじゃないですよ、シナリオじゃなく絵面は…ですけど

毎度のごとく欲に目がくらんだ馬鹿者たちが恐
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

カメラを回し続けるはなし

なに書いてもネタバレやんな?
でも、映画が好きという自覚がある人なら絶対観るべき!
凄まじいワンカットと練られた構成!

大阪遠征でこの映画を観る時間を作れて良かった!
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

50年前に起こった一夜のはなし

こんな酷い事がたった50年前のアメリカで行われたとは
率先して暴力を振るったデトロイト市警も、暴力が振るわれると分かって見て見ぬふりをした州警察も酷すぎる
あの場を取
>>続きを読む

ミートボールマシン(1999年製作の映画)

3.0

一切の説明なく展開されるはなし

てめェ…絶対ェ喰い殺す!!!
『蠱毒 ミートボールマシン』のオリジンとなる山本淳一監督の自主制作映画
起承転結すべてに詳しい説明がなく、主人公がなぜ襲われたのか、襲撃
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.5

優しい嘘のはなし

エンディング歌詞の
「ありのまま、君のままでいいんじゃない」
が胸にしみる
はい、おっさんです
子供じゃあるまいし、ありのまま生きるのって難しいですよね
でもそれでいいんじゃない
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

少女が様々な意味で大人になるはなし

漫画家・板垣恵介は『バキSAGA』において“セックスと闘いはそっくりだッッ”と書いていたが、この映画ではまさに“セックス=闘い”であった
…というのは半分冗談みた
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

死んだはずのジョン・クレイマーが出てくるはなし

ソウシリーズ再始動!?
レビューこそしてませんが、シリーズ(特に1と2)のファンなので復活は期待半分不安半分とはいえ素直に嬉しいです

さて今作ですが
>>続きを読む

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

3.5

起業してもやっぱりヒャッハーしてるはなし

邦題で察せますが、「真夜中のパリでヒャッハー!」「世界の果てまでヒャッハー!」のスタッフとキャストが制作したコメディ
というか、ほぼ「世界の果てまでヒャッハ
>>続きを読む

絶叫のオペラ座へようこそ(2014年製作の映画)

2.5

キャンプ場でミュージカルを上演したら殺人鬼が現れたはなし

湖のほとりにあるキャンプ場で男女がイチャイチャコラコラしてたら殺人鬼出てくるに決まってますやん!!
スラッシャー映画と思って観始めたんですが
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.0

デブがロック様に進化してたはなし

そして、ロック様のケツが拝めるはなし!!
パンツ越しのケツはいつでも見られますけど生ケツは貴重、ありがたや~

高校以来ひさびさに会った旧友(いじめられっ子)がおデ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.0

超能力者が平和な学園祭を過ごそうとするはなし

僕が原作ファンだからっていうのもあるとは思うんですが、相当ひどかった
デビ○マンやガッ○ャマンみたいなそもそもやる気すら感じなかった別格実写版よりはさす
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.0

東出昌大が頑丈過ぎるはなし

地球人から概念を奪い侵略する宇宙人を描いた「散歩する侵略者」のスピンオフドラマ
本編では終わった夫婦が主役でしたが、こちらの主役はまともな夫婦でした
メインの2人が染谷・
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

祖国に凱旋するはなし

全作のラストから続くプロローグ
まさかの亡き父王の物語に2時間近くを割く!
後編での主人公の出番が30分ほどしか無いっていうのも凄いですが、パパーフバリの話もめちゃくちゃおもろ
>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

2.5

スレンダーマンに追い回されるはなし

本編では一度も「スレンダーマン」と呼ばれてませんが、瞬間移動してるし神出鬼没だしストーキングしてるし間違いなくスレンダーマンですよね
スレンダーマンという単語は著
>>続きを読む

>|