KenzOasisさんの映画レビュー・感想・評価

KenzOasis

KenzOasis

http://tow-magazine.com

映画、音楽、写真、本作品大好き小僧。感じたことを綴ります。2017年リスタート!
評点は適当です、基本なんでも評価高め。
2.0 普通、うん、普通。
2.5 悪くない
3.0 まあまあ
3.5 良い感じ
4.0 素敵な作品、オススメ
4.5 好き、ぜひ観て!
5.0 どストライク!!!!

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.0

「友達と思いっきり遊んでみたかったんだ」

面白いですよね。コナンの中でもベスト級。それまでの映画とはかなりタイプが違う作品で、大人にも人気なのがわかる出来栄え。

ヒロキくんの運命はとてつもなく悲し
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

"Undatable"

女の子のお話ですが、男の僕でもとても共感してしまう物語でした。

突出した何かがあるわけでなく、でも何者かにはなりたい。
死に物狂いとかそういうわけでもなく、何かになろうと考
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

手紙とオレンジジュース。

ミズーリ州の片田舎。ある日突然、人通りのほとんどない場所に3枚の広告板が設置された。無残に娘を殺された母親が打ち出したセンセーショナルなそれは、母ひとりと警察、ひいては街全
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.5

「6歩目があると思った」

ルイは9歳の少年で、友達もなく、独特の感性で変なやつと呼ばれている。その実、無邪気な側面と不気味な一面がある。彼は9年の人生で、毎年死んでもおかしくない事故に遭ってきた。そ
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.0

「目は恋の第1章」

恋する男の子ヴィクトール。強がりながらもウキウキで、ひょんなことからマリーとの距離を縮めていく。
マリーは才色兼備ながら孤独を感じていて、それには秘密があった。
二人の、少しマセ
>>続きを読む

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

4.0

"世界中の女性を美しくする靴を創る人"

ドキュメンタリーらしい、静かな作品でした。
こんなにも素晴らしい人を知らなかったとは…

導かれるように表現者となり、あれよあれよと人を惹きつけ、たくさんの著
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

「勝手にふるえてろ」

松岡茉優さまのファン増殖映画です。上手すぎます。素晴らしい演技でした。
そしてまさかの黒猫チェルシーの渡辺さん、初見ですが抜群に良かった!絶妙なルックス。ナイス采配。

根暗な
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.5

「才能を活かした仕事だろ、ステキだよ」

言わずもがな、名作。久しぶりに観ると、たくさんのところに目がいきまして、この作品の良さがまた改めて感じられました。
宮崎駿さんは、やっぱりそのカメラワークの力
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前作が好きだったので公開日に早速。グロシーンはフィクションぽさがちゃんとありますが、今回は気持ち悪さがプラスされてるのでほんとに苦手な方は注意ですね。

ボスもなかなか良いキャラクターしてた。わざわざ
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

4.0

「ここからが本当の友情だな」

第二次世界大戦時、フランス領モロッコのカサブランカ。パリをドイツ軍に占領されてしまってから、アメリカへ亡命しようと多くの人が長い道のりの末にここに集まり、出国ビザの発行
>>続きを読む

母の眠り(1998年製作の映画)

4.5

「幸せになるのはとても簡単なこと」

ジャーナリストとしてニューヨークで働きづめの娘はいつも忙しく、何かに怒っている。それに対して専業主婦の母は同じく毎日が忙しいけれど底抜けに明るくパワフルで、誰にも
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.5

「どこへでも」

新年明けてしまってますが、2017年のラスト映画はこちらでした。

ディカプリオの、天才という表現に余裕でたどり着いてしまうその演技力に脱帽ですね。開始10分くらいでびっくりしました
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

4.0

「忘れるには、パリは美しすぎる」

相変わらず、ジーンケリーのダンスと歌声は見事です。
パリに暮らす、しがない絵描きの恋の物語。

君は彼女のことが好きなんだろう?そして彼女も君を好きだと感じているん
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

「人ひとりいなくなるだけで、世界は一変する」

最高に素晴らしい映画でした。自分に重ねてしまって号泣です。
人のために自分を犠牲にできてしまう心の優しい青年の人生のお話。
語る必要のない、不朽の名作で
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

「あなたは努力を続けるだけよ」

主演の二人の表情と声、視線の動きで魅せられるアンティークな物語。その美しさはもちろんですが、いいセリフが多くて脚本が特に好きでした。

キャロルを演じたケイトブランシ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

面白かったです!
ジェダイ、フォース、反乱軍、帝国軍という大枠はそのままに新たなテイストで次なるスターウォーズを描いてた感じで楽しめました。

後から考えると、あのシーンちょっと長めだったなーなんて思
>>続きを読む

Fly Me to Minami~恋するミナミ(2013年製作の映画)

3.0

「会社に育ててもらえると思ってるんですか?」

面接のシーンが一番印象的。ミナミで上映してくださってたので観てきました。
一人は仕事に悩む女性が、雑誌の取材で中国からミナミへ。
一人は恋人との遠距離不
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

「バンドを組むんだ」

パンクな青春、パンクな恋。
音楽に導かれた先にいたのは奇妙な文化を持つ宇宙人たち。彼らは地球に学びに来ているらしい。
それに反発するように飛び出したザンに出会って、エンは恋に落
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

永遠の名作ミステリー。原作とは少し異なるストーリー展開と豪華なキャスト。
何がって、やっぱりミシェルファイファーですね。素晴らしかった。

ケネスブラナーのアクセントも見事でした。ポアロが有名すぎる分
>>続きを読む

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

4.0

「音楽がおれを知っている」

ジャンゴラインハルトという人物を全然知らなかったので、後になっていろいろと調べてみてから、あれはそういうことだったのかと合点が行くシーンがたくさんあって知識不足を実感しま
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

「瞬きするなら今のうちだ」

良い映画でした。ストーリーは確かに少しツッコミどころあるんですが、良いところが突出してて。
ストーリーは子供向けですが、細かい部分は完全に大人向けです。

これほんまにモ
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

4.0

ディテールがほんとに好き。こんなに刺激されると思ってなかったからびっくりした!

仕事に忙しい両親と古ぼけたアパートに越してきたコラライン。毎日つまんないなと感じている日々の中、夜な夜な起きるボタンの
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

「これはオーシャンズセブンイレブンだわ!」

アンラッキーばかりのローガン兄弟。静かな片田舎でどうしようもなくなっていた奴らが集まり、一世一代の大博打として粗雑で大胆な現金強奪計画を決行する。

はっ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

早速観てきました。DCコミックス映画にもぜひ盛り上がって欲しいと思ってる方は少なくないはず。

そのジャスティスリーグ!すっごく観やすい作品でした!ちょっとコミカルっぽさがあるあたりはマーベルに寄せて
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

「道の向こうには猫がいる」

青春の一歩先って良い表現だと思ってたけど、観た後になるほどなーと感じた。確かに青春というにはどこか投げやりで、か細い感じがする。

いつかいなくなるとわかっててもハギオと
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.0

「おじいちゃん」

ボケたおばあちゃんによる随所の名シーンのせいで、感情のアップダウンが結構ある映画になってます。
僕の場合自分の祖父が亡くなった時とか思い出して勝手に泣きそうでした。

おじいちゃん
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

やっと観れた。楽しみに待ってました!!
前作をちゃんと観てからは大正解でした。

まだ数作しか観てないけどヴィルヌーヴ監督ってわかる描写の魅力。重低音、無音、色彩、映像美もさすがだな〜
そしてこの人は
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

「思い出も消えていく。雨の中の涙のように」

大雨の夜、新作を前に再度劇場で鑑賞しました。いやあ、圧倒的マニアックな世界観…流石の一言です。汚いネオンの街、雑踏の人びと。

アンドロイドは電気羊の夢を
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

昨日観た『ポルト』という映画の製作総指揮を務めていたジム・ジャームッシュ監督作品。
ぜひマーヴィンに助演男優賞を…!!

「今日もいつも通り」と言えるくらい同じような手ごたえの毎日でも実は毎日ちゃんと
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.0

映像と音楽はめちゃ好き。ストーリーはまあまあ。
ポスターのデザインだけで観ることにした映画。笑

でこぼこの石畳道路、カモメの鳴き声、少なめの人通りと満席にはなりにくいネオンの灯ったカフェ。
ポルトの
>>続きを読む

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

3.5

ここまで酷い教師陣もなかなかに珍しい。

僕も中学の頃、原作の小説に胸を熱くさせていた少年でした。秘密基地とか、無線を使って連絡と連携をとったり、メカを駆使して大人たちに反抗する様は文章の上だけでも楽
>>続きを読む

バック・イン・タイム(2015年製作の映画)

-

これに関しては評点を必要としないかなと。
BTTFは僕のオールタイムベストムービーで、マイケルJフォックスはナンバーワンの俳優さんです。

どんなに儲かると感じても、これだけはリメイクとか続編もしない
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

「それでも闘うんだ」

最高級の名作です。何度観てもボロボロ泣いてしまう…笑

1979年のカリフォルニアで、あるゲイのカップルがダウン症の少年と送った愛おしい日々と、心にぽっかりと穴を空けた苦悩の日
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

「死んで当然なんだよ」

コロコロと供述の変わる被告人三隅と、その三隅と謎の関係性が見え隠れする被害者の娘咲江。二人の言葉が主人公の重盛と、観ている私たちを惑わせる。三隅と咲江には感情がなかった。
>>続きを読む

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

2.0

なんとなーくタイトルで決めて観てみた。

働きたくても働けない。やっとの思いで靴工場で働けると思ったら不況と近代化で全員クビになりそう……でも負けてはいけない!今こそ職人の力で、かつての名作"戦う女"
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.5

「異議あり、誘導尋問だ」

面白かったー!!浮気された男が愚痴をこぼしていたバーで出会ったプレイボーイの手ほどきを受け、男らしくなっていくお話。ところがチャラいだけの映画ではなく、原題の通りおかしくて
>>続きを読む